1. 無料アクセス解析

Shot&Horse

競馬とかネタとか・・・
にほんブログ村 スロットブログへにほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへにほんブログ村 競馬ブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スピルバーグが、重賞未勝利ながら初戴冠。
山本オーナー、藤沢せんせー、北村で5人気とかヒモ以外に買える要素がないです。
もちろん毎日王冠最先着馬なので馬的にはアリでしたが。
むしろディサイファが単穴でしたわ。
イスラーディサイファから流しつつ。
菊はドンピシャだったので絞りすぎたのが敗因。

まあしかし、お母さんは山本オーナー、島川オーナーにG1馬をプレゼントというなかなかの名繁殖ですね。
スポンサーサイト
やはりというか案の定というか、オルフェーブルは強かった。
皐月賞程の着差(3馬身)ではなかったがぬかるんだ緩い馬場を抜けてきた瞬発力はかなりのもの。
馬体もそう大きくないので、三冠達成率は60%はあるだろう。

期待したデットーリは見せ場がなかった。しかし、8Rのって6R絡むとはさすが。デットーリ転がしは午前の部最後と午後の部はメインで止まりました‥

ウインバリアシオンは道悪を苦にしなかったのが良かった。
アンカツの劣化ぶりに閉口していたので馬券は取れず。
劇的に強い訳ではないが安定して善戦していきそうだ。

今年はオルフェーブルの強さを再認識するレースでした。
同コース2000mと並び日本競馬界最高峰の舞台。
枠順の優劣はなく、イコールコンディション。
スタンド前からの発走のため、舞台慣れしていない馬は大歓声にパニックに陥ることがある。(岡部が苦言を呈していたなあ)
ホームストレッチ坂上からのスタートで1コーナーまでの距離がある。その為、隊列がほぼ決まった状態でのコーナー進入になるので先手争いはさほど激化しない。
そのまま3コーナー過ぎまで大人しく流れ、瞬発力勝負になるのが普通だが、たまに大欅向こう側からレースが動くことがある。
通常の流れであれば瞬発力の勝負になるが、後者だと馬場によってはスタミナが必要になって来る。
また、1F~2Fのキレよりも4F程度長く良い脚が使える方が向いている。持続力のあるキレ味がポイント。
また、なだらかな上り坂が直線にあるため渋ると一気にパワー勝負になる。

どの脚質、枠順でも勝負になるのがのがこのコースの特徴だろう。
ダービー展望
特殊な状況がつづき、例年とは趣を異にしそうな気配もあるダービー。
先週のNHKマイルCを見てもわかるが、朝日杯上位組のレベルが高いこと。
グランプリボスが勝っているレースは流れが早く底力勝負になっている。
過去NHKマイルからダービーで成功した馬もおり、近年は関連性が強いといえる。
リアルインパクト、コティリオンは十分戦えるだろう。
皐月賞は府中2000で開催された事もあり、これもまた例年よりもつながりやすいか。
しかし秋天からJCを連勝する馬が少ないため、ある程度は適性が違うことも頭に入れる。
ちぎったオルフェーブルは別としても、距離伸びて良さそうなデボネア辺りに食指が動く。サダムパテック、ダノンバラードにはあまり魅力を感じない、ナカヤマナイトは勝負感が戻れば。

青葉賞は凡戦だった。
プリンシパルSのほうがメンバーも揃っていたが勝馬はお釣りがない状態。

京都新聞杯はクレスコランド、ユニバーサルバンク共に血統背景は申し分ない。
このレースからの勝馬といえばアグネスフライトしか思い浮かばん‥

今のところ
オルフェーブル
リアルインパクト
デボネア
ナカヤマナイト
コティリオン
外国馬の参戦がなく少し寂しいJCD。
阪神開催になって盛り下がっている感じがしますね。
距離も日本で唯一ダート2000mが取れるコースにもかかわらずなぜか1800m。根幹距離で力を発揮する王道血統はダート馬にはなっていない故、と言われればそれまでですが、ものたりませんねぇ。
東京2100は芝スタートとかの問題も有りますけどね。
過去、東京開催も含め外国馬はティズナウなど強豪も参戦してきましたが、実績を残したのはフリートストリートダンサーのみ。まあ、GII馬だったんですがプレザントリーパーフェクトに迫った実績馬だった訳です。

そんな穴をみつけるのが楽しみなんですが‥今回は日本馬だけ。

実績ならヴァーミリアンですね。
カネヒキリが離脱後にバカバカ勝ったので空き巣、暫定王者なんて言われましたが9つのGI勝ちは立派です。しかし年齢も年齢、立ち回りのうまさだけでは衰えは隠せなくなって来たんではないでしょうか。

取って代わるのが果たして弟であるキングスエンブレムなんでしょうか。
この母系らしく晩成傾向で急激に力を付けてきましたね。しかし未だ半信半疑、絶対的な強さと言われると疑問符。

昨年、三歳ながら2着を確保したシルクメビウス。
良化の度合いによりますが末脚が活きそうなメンバリングだけに期待したいなと。

レパードS、みやこSを勝ち、新設重賞ハンターの異名をとるトランセンド。
自分の形で競馬ができれば強いタイプ。
以前、主に三歳時は圧倒的な強さを持っていた様に思うのですが、最近はムラがある印象。
なんとなくエイシンブーンの世代を思い出させます。
牝馬ながら結構強いラヴェリータ。
2歳時にはアグネスソニックになるんじゃないかと期待していたのですが、獲ったのは関東オークスでした。
父アンブライドルズソングなのでスピードを活かせる中央のダートが合うと思うのです。
地方をポコポコ勝っているのはメンバーの差でしょう。

アリゼオは正直どうなんでしょうか。
ダートを走らせてみたいという要望で重賞に来ると大体ダメですよね。

久々に重賞を勝ったグロリアスノアに期待しようと思います。
ドバイでもコバシンを背に一定の成績を残した訳で、決して弱い馬ではないと思います。

バーディバーディ
成長力が案外なんて思われている節が有りますが、ブライアンズタイム産駒だけにどこで復活して来るかが分からない恐さが有ります。
一度勝ってしまえば連勝するのもまたブライアンズタイム。

意外なところでオーロマイスターなんかも嵌まれば力を発揮するタイプ。
見くびると一番怖い感じの馬ですね。

クリールパッションも少し推したいところですが、如何せん深いダート、狭いコースがお好みのようです。
トランセンドと同じワイルドラッシュなんですがこの父の産駒は適性が母譲りになるんですかね。

そんなわけで現段階では
◎グロリアスノア
○シルクメビウス
▲トランセンド
△ラヴェリータ
★オーロマイスター
今年の2歳馬の目玉といえるディープインパクト産駒。
中でも同じサンデー系の出世馬を兄姉にもつ、ビワハイジ08が人気。
さて、私はこの馬をPOGで指名していません。
まあ、期待にかなわないだろうと思っている訳です。

その理由を挙げ連ねましょうかね。
1.デカイ
既に500kg超の馬体らしいです。
サンデー系の勝負は『どれだけ父に似るか?』の部分があります。
ウインドインハーヘア産駒はそもそも大きくなりやすい。大きくなる遺伝子を持っていると言えます。
しかしそんな兄弟の中、一際小さく出たディープインパクトだけがGIを取れた。
優秀な血統には違いないが、馬体の大きさが出世を阻んだ(脚を壊した)可能性が高いと見ます。
馬体がでかくてもいいなら、オンファイアの産駒でもとりやがれです、このバカチンがぁ!と思います。

2.次にビワハイジに配合された種牡馬です。
アドマイヤジャパンを境に一気に出世馬を輩出しはじめた訳ですが、サンデー、タキオン、スペシャルウイークとなっています。
サンデーは配合を問わない別として、タキオン、スペシャルウイークはサンデー×在来牝系。
この在来牝馬に鍵があるのではないか?と思います。
もしそうだとしたらディープインパクトは英王室牝系で典型的欧州牝系なので、合わないのではないか?と踏んでいます。
ディープインパクトと牝系が合わないのではなく、ビワハイジにディープインパクトが合わないのではないかと思います。

以上二つから指名しなかった訳です。
決して死神が指名しているからではかありませんw
エイシンアポロンに勝った馬
ヴィクトワールピサ
ローズキングダム
リディル
リルダヴァル
コスモファントム
タイセイワイルド

未対戦の有力馬
ヒルノダムール
ペルーサ
ルーラシップ
アリゼオ
ハンソデバンド
ダノンシャンティ


終わり良ければ全て良し。ドリームジャーニーが見事に春秋のグランプリ制覇を飾った。


スタートで出遅れたものの、元々後方から競馬をする馬なので特に問題なし。道中、故障したスリーロールスに接触する不利はあったが、被害を最小限に食い止めた。ここが一番のヤマ場だったと思う。
勝負所から抜群のコーナーワークで進出を開始し、4コーナーでは先団グループを射程圏に。坂で先に抜け出したブエナビスタを差し切った。
池添にとっては会心の騎乗だったのだろう。何度もガッツポーズを繰り返し、引き上げて来た時は大号泣。基本的に池添の大はしゃぎは好きではないが、今回に限れば生暖かく見守った(笑)出遅れ以外は完璧だった。


結果論になるが、ブエナビスタは正攻法の競馬が裏目に出てしまい、またしても負けて強しの結果に。淀みない流れになるとは思っていたが、まさかあれほど速くなるとは思わなかった。
とはいえ、これまでとは違った好位からの競馬でも全く問題なかった。これは、この馬のこれからの競走生活を占うという観点からは、非常に意義がある一戦だったと思う。来年の更なる飛躍を期待。


エアシェイディは昨年と同じく後方から追い込む競馬で3着。ペースが向いたのも味方したが、やはり中山では崩れない。
一番の収穫(?)は好調のバロメーターである小便をしなくても好走出来た事か(笑)今後も中距離の重賞では要注意な存在。


フォゲッタブルは大外が災いして好位を取れなかったのが痛かった。勝負所からマツリダゴッホの後を追う形でスパートしたが、ドリジャとブエナ相手に勝ち切れるだけの切れ味と持続力が足りなかった。
ただ、ルメールが強気に乗り過ぎたきらいはあるが、ステイヤーとしての能力の高さは示せた。順調なら来年の天皇賞は主役を張れる。


マイネルキッツは直線に入ってからフォームがグダグダになったが、これまでのGⅠでの体たらく騎乗を考えれば、三浦にしてはうまく乗った部類。
とはいえ、三浦でなく松岡だったら3着争いまで加われただろう。出来は良かっただけに残念。


セイウンワンダーは内を突いて勝ちに行く競馬をしたが、坂で力尽きた。こういう藤田の攻撃的騎乗は見てて気持ち良いが、今回はそれが災いしたかも。
あと、やっぱりこの馬との馬券的相性の悪さを再確認。本当、切ったら来るし買えば来ない(苦笑)


マツリダゴッホは勝負所からひと捲りして場内を沸かせたが、見せ場はそこまで。プラス体重が示していたように、馬体の張りが全盛期のそれになかった。


穴で期待したミヤビランベリだったが、前半の流れが余りにも速過ぎた。平均ペースから徐々にラップをつり上げる、この馬得意の形に持ち込めなかったのが全て。


リーチザクラウンは馬体重こそかろうじてプラスだったが、レースに行って燃え過ぎる気性が改善されないと長丁場では厳しい。来年はマイル路線で活路を見いだしたい。


アンライバルドは1周の3コーナーで派手に頭を上げて終了。折り合いの難しさと、内に入ると揉まれ弱い弱点を暴露しただけの一戦だった。


スリーロールスは最終追いのヌルさから、ここは厳しいと思っていたが、向こう正面で故障発生。一命は取り留めたようだが、再起不能らしい。
有馬は買わなかったが、来年以降は浜中とのコンビで飛躍を期待してた馬だけに実に残念。
さて、今年最後の大一番の予想です。

実力で考えるとドリームジャーニーで断然と見ていいのですが、いかんせんこの馬、出遅れ癖がついてます。
阪神の2200」mならまだしも、中山2500mでの出遅れはまず致命的。
窮屈なレースで惨敗もありえます。

ブエナビスタに関しては自然と出遅れのような位置取りになると見てこちらも圏外でしょう。

今回のねらい目は外枠。
内有利でさらにその傾向に拍車がかかっている現時点での馬場ですが、これまでの走りを見る限りこのメンバーでなら勝機があると見えるのは
◎セイウンワンダー
です。
グラスワンダー産駒は基本的に父と同じく中山や阪神といった急坂のあるコースが得意。
朝日杯の中山マイルから京都の3000mまでこなす融通性も魅力。
先行策、中団待機策と脚質にも自在性があります。
また、鞍上は藤田に乗り替りですがこれも前目に付けるという意味ではいい選択ではないかと思います。
距離短縮で小回りになり先行馬が揃った今回の状況であれば菊のときに見られた折り合い難も出ずに力を出せそうです。

対抗は
○ミヤビランベリ
前走は気分よく走れる条件がそろい本命で狙い撃ちだったわけなのですが、今回は本格化の勢いに期待します。
オペラハウス産駒の走りごろ、という意味ではセオリー外ですが、充実度は高く地力も身についてきています。

単穴は
▲アンライバルド
思ったより後ろでレースしているわけではないんですね。
先行しての結果が出ていないのが最内だけに気になりますが、そこは名手デムーロ。
皐月賞と有馬記念はスタート地点が後方にずれるだけなので最初の坂さえ気をつければ、内から鋭く抜け出す姿も見られるでしょう。


さて、サイン馬券ですが・・・
マイケルジャクソン馬券で
マイケル≒マイネル
ネヴァーランド=ネヴァ ブション
ジャクソン5の5 5番コスモバルク、5枠ドリームジャーニー、スリーロールス
4-15-5.9.10
ですかね。

まさかまさかの末脚はブエナビスタじゃなくてアンライバルドかな?
いや、もしかして逃げ馬がまさかの末脚。。。何てこともw

◎ドリームジャーニー
○ミヤビランベリ
▲エアシェイディ
△フォゲッタブル
△ブエナビスタ
△セイウンワンダー
△マツリダゴッホ


ドリームジャーニーは唸るような迫力だった宝塚記念時には及ばないが、秋競馬では最も良い出来。
大穴候補として狙った昨年に較べたら、脚質・距離適性で幅が出て来たように地力強化が著しい。先行馬が揃った事で淀みない流れになれば、この馬の末脚が炸裂しても不思議ではない。


その先行勢で残りそうなのはミヤビランベリか。アルゼンチン共和国杯は徐々にラップをつり上げながら逃げ切るという強い勝ち方。勢いに乗ったオペラハウス産駒は怖い。
エアシェイディはドリジャと同様に昨年は大穴で狙った馬だが、今回も狙える存在。JCは内で詰まる場面がありながら5着。調教の動きも高いレベルで安定している。


フォゲッタブルは何故か有馬とは相性イマイチなダンスインザダーク産駒だが、地力強化が著しい勢いを買う。ステイヤーズSはダメージの少ない勝ち方で、余力は十分残ってる。
ブエナビスタは秋華賞同様に小回りの内枠と嫌な条件になったが、後方一気しか出来なかったアンカツからノリに替わって新味が出る事を期待。春に比べてトーンダウンはしてるが、連下に来れる力は維持している。
セイウンワンダーは馬券の相性最悪なだけに今回は来ないかもしれないが、ハードに追われてる調教が親父が勝った時に似ている。なんだかんだ3歳勢では一番安定してる。
マツリダゴッホは全盛期の力は無い感じだが、歴代屈指の中山巧者だけに無視は出来ない。先行出来れば力は出せる。



アンライバルドはデムーロと中山2戦2勝の実績が怖いが、本質的に2500mは長い。最内では揉まれて終わりの可能性が高い。
リーチザクラウンは溜め逃げが出来る馬ではないし、同型馬が多い。あと、やはり馬体の維持が出来るか課題。
スリーロールスは一週前に実質追いをやってるとはいえ、最終追いがヌルすぎる。イコピコはJC除外から歯車が狂ったのがマイナス。


マイネルキッツは叩き3戦で走り頃だし、追い切りも好調。枠も絶好で狙い目十分なんだが…鞍上三浦というだけで消せる。

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. |  Next

まとめ / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。