Shot&Horse



芙蓉S 展望
 2008/10/02 14:07

札幌2歳はメンバリングが微妙。
今年も道営馬か‥の雰囲気。
こちらの芙蓉Sのほうが面白そうです。

注目は新馬の勝ち方が期待を持たせるダノンベルベール。
配合は
アグネスタキオン
×
Beling(Sea Bird系)
×
African Song(Tudor Minstrel系)
×
Soleil Levant(Teddy系)
×
ニンバス(Nealco系)
×
StarDust(ハイペリオン系)

軽快なスピードを示している割にはスタミナ系の配合。
アグネスタキオン産駒の配合セオリーであり、そこそこの大物感を感じます。
頑強なハイペリオンが入るのも高評価。イメージ的には芝のマイルから2000mでコース問わず、3歳クラシックは楽しめそうな成長力もありそうです。


外枠不利な中山マイルを15番枠から先行し計ったように勝ったモンドールにも注目。
今回も同じコースでの闘いだけに経験がある分有利か。配合は

タイキシャトル
×
SeattleSlew(Bold Ruler系)
×
Posen(Danzig系)
×
Hail to Reason
×
キングスベンチ(Fairway系)
×
His Grace(Brand Ford系)

タイキシャトル産駒は硬くなりやすくダート、短距離辺りに活路を見出だしますが,モンドールに関してはプリンスキロ×ロイヤルチャージャー(≒ナスルーラ)やボールドルーラーといった体の柔らかさを出す配合が散りばめられており、単調なスピード馬と言う印象はありません。
新馬戦も最速タイの上がりを見せており、上のクラスでもやって行けるタイプ。とはいえ小脚がうまい感じが中山に合いそう。


*Back  #Next

[1]Com:1
[2]Comment

[3]Tr:(0)
[0]Top

[8]Control [9]Again