1. 無料アクセス解析

ジャリスコライト

競馬とかネタとか・・・
にほんブログ村 スロットブログへにほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへにほんブログ村 競馬ブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダービー14着後戦列を離れていたジャリスコライト(牡3歳 藤澤和厩舎)が年明けのAJCCにて復帰する。
デビュー2連勝でいちょうSを制し、続く朝日杯では1番人気で3着に敗退。
翌年の京成杯で重賞初勝利を飾りクラシックを嘱望されたジャリスコライトだったが、皐月賞7着、ダービーは14着と大敗を続け休養入りしていた。


ジャリスコライトは父ファンタスティックライトの外国産馬で兄に芝ダート、海外、中央、地方を問わずGIを5勝したオールラウンダー、アグネスデジタル(父クラフティプロスペクター)を半兄にもつ。


血統構成は
ファンタスティックライト
×
チーフズクラウン
×
アレッジド
×
ワイルドリスク
×
テューダーミンストレル

牝系は3歳母のラナウェイブライドからブラッシンググルーム、サイドチャペルが出ている名門。
さらにそのラナウェイブライドの3×4クロスを有している。
スポンサーサイト
藤沢和雄厩舎悲願のクラシック制覇に向けて着々と体制を整えて来たジャリスコライト
以前の通称くちびるローテ、青葉賞→ダービーは2頭の名馬シンボリクリスエス、ゼンノロブロイが2着に負けただけにげんが悪いと踏んだか今年は皐月賞からの直行ローテを敢行。
それ以前にデビューからの使い方が藤沢厩舎の期待馬にしては詰めた使い方をして来たから、京成杯→休養→皐月賞を叩き台→ダービーと疲れを取る為の直行の可能性が高い。
(´・ω・)。o○(恐らく社台には逆らえないんだろーなー)


一週前の追い切りは一周1800㍍の美浦トラックコースを約二周してのタイム。スタミナと息遣いを整える藤沢流の調教。
ジャリスコライトも気を抜かずにしっかりとした足取りでゴールを駆け抜けた。


配合は
ファンタスティックライト
×
チーフズクラウン
×
アレッジド
×
ワイルドリスク
×
テューダーミンストレル


このダービーに関しては異色の血統な感じ。
ブラッシンググルームの母であるラナウェイブライドの牝馬クロスを持ちスタミナと底力に長ける配合。
一族に先述のワイルドリスク、半兄にGIを6勝したアグネスデジタル(父クラフティプロスペクター)がおり、母系は優秀。
配合のバランスは良いが父が何を伝えるのか?がポイントになる。初年度産駒だけに判断が着きづらいが‥ブラッシンググルームといえば体の柔らかさが特徴。
ジャリスコライトにもそれはしっかり出ている、ダンチヒ系チーフズクラウンで軽さとパワーを補っている。


朝日杯3着、京成杯勝ち、皐月賞7着とデビューでマイネルスケルツィを子供扱い、いちょうSでニシノイツマデモを問題にしなかった強さを比べると、極端なサウスポーの可能性がある。
左回りで一変、好位に付けて外から剛脚で戴冠。うん、想像に堅くない。


不安要素は成長力はあるのだが父も兄も晩成気味であったこと。
ジャリスコライトの本格化はまだ先、という可能性もある。

桜花賞は出走約半分が関東馬だったが牡馬戦線では確定場は5頭。
以前西高東低の雰囲気が漂っているがそんな空気を払拭するべく出陣するのが関東の総大将">ジャリスコライトだ。

ジャリスコライトは京成杯まで4戦3勝。
朝日杯は3着に負けたが鞍上とリズムが合わずよく3着に、といった内容。
ぶっつけだけに割引は必要だが、追い切りは長短10本以上消化。
一週前追いきりも外ワイアットアープと内ダンスインザムードの間に挟まれながらも併入。
『ゴール板を過ぎてもダンスについていけたから大丈夫だろう。』
と追い切りに騎乗した典も納得の表情。
二歳時に上がり33.3を記録したこともありまとめて負かすならこの馬。
さて、京成杯を勝ってしまったジャリスコライト
これからどのように進んでいくのだろうか?

過去の京成杯勝ち馬を見てみるとそれぞれに出世を阻まれたわけがある?かも知れないので京成杯を勝ってしまった期待馬にせめてものフォローをしよう。。。

00年マイネルビンテージ
3歳にしてセン騸馬だった。

01年ボーンキング
ダービー後に重度の球節炎で翌年まで休養。
復帰後奮わず引退

02年ヤマニンセラフィム
弥生賞後骨折→帰厩後骨折
復帰後奮わず引退
02年ローマンエンパイア
皐月賞後重度のハ行
復帰後大阪城S勝ち(OP)

03年スズカドリーム
ダービー後屈腱炎発症
調教中に予後不良

04年フォーカルポイント
ダービー後長期休養(1年一ヶ月)
復帰後準OP勝ち

05年アドマイヤジャパン
菊花賞2着など無事に頑張ってます。

※色つきはその後勝った馬か活躍した馬。
これを見ると不幸な結果に終わっている馬も見受けられるが年を追うごとに実は成績がよくなってきているかもしれない。
少なくとも昔言われていた”クラシックでは不要”は覆されつつある。
しかし、ダービーや皐月賞といったクラシックレースに実は落とし穴が潜んでいる場合が多いか。
リタイヤ、長期休養入りしてしまうときつい。
ダービー後秋から始動することが出来れば持ち前の成長力できっと頑張ってくれるはず。
ファンタスティックライトの初年度最高傑作、兄はオールラウンダーアグネスデジタル
父も兄も世界を舞台にGI6勝の血統はワールドクラスと見込んでいる。

頑張れジャリスコライト!
ジンクスを打ち破れ!
今年の期待馬、ジャリスコライトが京成杯に出走を決めた。
前走は発馬直後に他馬に擦られ闘志に火が点き終始力みっぱなし、直線ではK・デザーモが鞭を落とすアクシデントもあいまってフサイチリシャールスーパーホーネットに先着を許した。
決して力負けではない。



一戦毎に気性も成長し、『おっとりした馬だから距離があったほうがいい』という元来の性格から2000㍍以上で本領発揮と見る。



今回は皐月賞と同じ舞台だが歓迎できるレースではない。
脚質も合わせて考えると現時点では中山のコース自体が向いていないように思う。



早いうちに結果を残してほしいオーナー(吉田和美氏)、クラシックが獲りたい藤沢和雄師だろうが、もう一度見直してほしい。
前回の敗戦=不運が重なったのはオーナー、陣営、そして当馬のリズムが崩れているからだろう。
本来であれば今はじっと我慢のとき。



さて、この参戦が吉と出るか‥。
ジャリスコライトのこの先が興味深い。
前走の朝日杯で3着だったジャリスコライトは鞍上を北村に戻し京成杯(中山芝2000㍍)に向かう予定。



って馬本位主義のはずの藤沢調教師が何を考えているのだろう?
この血統は早くから活躍するが決して早熟な血統でなく成長力も備えている。
この時期に焦って使って成長を阻害する結果になりそうな気がする。
ましてや悪名高き京成杯。
朝日杯と言い京成杯と言い馬の成長に悪影響がありそうなレースばかり使っている。
恐らくはオーナーの意向なのだろうが・・・



馬のことを思えばオーナーさえも突っぱねるんじゃなかったのか?
流され主義になったのかな。
だから市川オーナーのフェラーリシリーズも惨敗するんだわな。
腑抜けている藤沢厩舎などイラナイ。
やはりデジタルと同じ白井さんのところに預けるのが良かったのではないか?




絶対視していたジャリスコライトがまさかの敗戦。
レース直後はショックだったが、新たな事実が…。
それは後談するとして取り敢えず回顧。



勝ちタイムはフサイチリシャールが1.33.7を掲示。これは例年並みの水準通りでそれなりの結果。
レースの上がりは34.0、自身の上がりは34.4。



二着したスーパーホーネットが34.0、このロドリゴデトリアーノ産駒は明らかに鞍上の手腕であり大井内田が乗らないのであれば産駒傾向通り小回り平坦右回りのローカルどさ回りになる。



リシャールは前走ほど強いと感じなかったがこれは厳しい流れにならなかったからだろう。
NHKマイルCでのニシノイツマデモとの対決が楽しみだ。



さて、問題のジャリスコライトの不可解な敗戦。切れる末脚が自慢で33秒台を連発した馬が上がりが34.4。
当初は中山の急坂が合わない可能性や、初戦~二戦目の北村のマズイ騎乗があった残り150~100㍍で伸びが鈍り、変な癖が付いたかと思ったが…そうではなかった。



改めて見直してみる……


Σ(゚ロ゚ノ)ノ


( ゚д゚)ポカーン


チョップ━(゚д゚;三゚∀゚)━!!





デザーモがムチを落として手鞭(チョップ)で追ってる!?
落とした地点はいつもなら伸びてくる辺り。いきなり伸びなくなったのはそれか!
五十嵐冬樹のコスモバルクを思い出した。
デザーモと言えばJCのコタシャーンでゴールを間違え、圧勝が2着になった戦犯者であった。
そして、彼の歴史にまた1ページ…
えーと、GIネタ職人認定です!



しかし、スタートで掛かった様に終始、馬がイライラしており力んで走っていたことから、今日の結果は仕方ないところだろう。
広い馬場でのびのび走ったほうがいい。



ジャリスコライトに2歳チャンプは似合わない。
クラシック戦線で花を咲かせてほしい。
ここからのローテはどう取るのかが肝になってきそうだ。成長を促す放牧でゆっくり育ててほしい。




最後に『じじぃ、おめでと~♪』
ジャリスコライト
父ファンタスティックライト
母チャンシースクォー
母父チーフズクラウン
半兄にGIを6勝したアグネスデジタル。(父クラフティプロスペクター)
毎日杯2着のシェルゲーム(父スウェイン)



デビューから2戦の内容が圧巻。
両戦ともに残り1Fで致命的な不利。
それでも外にだしてから差し切り2馬身差をつける完勝。
デビュー戦で上がりを33.8にまとめ二歳馬離れした瞬発力をみせると、いちょうSでは更に詰めて33.3
1F10秒台のラップを踏んでいる可能性が高い。



血統は兄も父も早いうちから活躍でき、更に伸びるタイプ。
父は芝砂兼用の世界最強馬。兄も芝砂兼用のオールラウンダー。
どんな舞台でもやれそうだ。



成長力も申し分なく、高い競馬センスも持ち合わせている。
スケール感が大きく、日本の舞台は狭いかもしれない。
距離適性は1600~2400㍍と見る。



近親にブラッシンググルーム。更にその母、名牝ラナウェイブライドの牝馬クロスがある。
半兄シェルゲームと近い血統構成だが父が重厚なスウェインから軽目のスピードがあるファンタスティックライトに変わったことで母系がとの相性が良くなった。



初戦、いちょうSともにスローの展開。中山マイルの速い流れに戸惑う可能性はある。



概ね、ジャリスコライトの活躍は約束されている感があるが、紛れのある中山マイルだけに慎重に行きたい。



先週の土曜日、ディープインパクトが無敗で三冠を達成する前日、先述のジャリスコライトが無敗の道を歩き出した。
当初はデジカメでとる予定だったんだけども、彼女がデジカメのメモリーカードを忘れて(ナンデヤネンwΣ(゚Д゚ノ)ノ)仕方なく携帯撮影。
で、コレ

jaliscolight


しかしまぁ最近の携帯はよく撮れるねぇ。
機種はSH901icですわ。
しかぁし!この日富士ステークスで稼いだお陰で見事デジカメをゲット。
眼レフには手が届かなかったのでコンパクトですが。。。。

OLYMPUSのSP-500UZ、結構最近の機種ですわ。
光学10倍、デジタル5倍の望遠が効くのが最大の魅力でした。
コレで写真がアップしやすくなります♪
早くも2戦目のジャリスコライト
藤沢和雄師にしてはデビュー⇒中一週という使い方は珍しい。
セオリーはデビュー⇒放牧2ヶ月⇒帰厩。
余程調子が良いのかシェルゲームでこの血のなにかを掴んだか。



既にGI級と評判のジャリスコライトに挑戦状をたたき付けるのが新馬で豪快な勝ち方+味のあるレースで将来有望視されるニシノイツマデモ
実際この先の活躍の場は芝なら短距離~マイルでジャリスコラトとの対戦は滅多になくなる予感。
違うカテゴリーに進む物同士の闘いは必見。



ここは注目の一騎打ちと見る。

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. |  Next

まとめ / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。