1. 無料アクセス解析

海外レース

競馬とかネタとか・・・
にほんブログ村 スロットブログへにほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへにほんブログ村 競馬ブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベルモントSに挑戦するために渡米しているカジノドライヴ(牡3 美浦・藤澤和雄厩舎)の本戦で鞍上をつとめるのは6000勝騎手、エドガー・プラード(40歳)。

ベルモントSには過去8回騎乗しており、02年Sarava、04年BirdStoneと2勝。
勝率25%は心強い。
さらにその2回ともが02年はウォーウンブレム、04年はSmartyJohnsと2冠馬が三冠を狙ったレースでありそれも心強い。
一昨年の06年にはケンタッキーダービーを初制覇。
二年おきに米三冠のうち一冠を獲っている。
今年はケンタッキーダービー、プロークネスステークスともにK・デザーモがBigbrownで獲っている、恰好の標的とできるか?

少なくとも日本人ジョッキーが騎乗するよりは地の利の面でも有利であり、本気でタイトルを取りに行く姿勢が見られる。

スポンサーサイト
兄姉に続く同一母馬によるベルモントS三年連続制覇を目指し渡米、前哨戦であるピーター・パンSを5 3/4馬身差で圧勝(鞍上K・デザーモ)したカジノドライヴ(牡3 美浦:藤澤和雄厩舎)に姉のRugs to Richsを所有していたOwnerGroupから$15,000,000(15億円ちょっと)で買収のオファーがあったが拒否。

現地時間17日に行われる米三冠第二戦のプリークネスSに4戦全勝のBigBrownの結果いかんではベルモントSに出走するカジノドライヴの鞍上が引き続きK・デザーモになる可能性がある。
現在は武豊が予定されている。
BigBrownは前走鞍上K・デザーモでケンタッキーダービーを勝っている。
BigBrown[4.0.0.0]フロリダダービー(GI)、ケンタッキーダービー(GI)


※2冠目を落としたら下ろされるってことですかね?
若しくはBigBrownが3冠目に行かないか。

良血馬カジノドライヴが史上初の3兄姉弟3年連続ベルモントS制覇に向け素晴らしいパフォーマンスを披露。
兄Jazil(父Seeking the Gold)06年のウッドメモリアルS2着、ケンタッキーダービー4着、ベルモントS1着
姉Rags to Riches(父A.P.Indy)はラスヴァージネスS1着、サンタアニタオークス1着、ケンタッキーオークス1着、ベルモントS1着、ガゼルH2着。

11日に行われた米G2、ピーター・パンSで僚馬スパークキャンドルと共に出走、鞍上はアメリカの名手ケント・デザーモ。3番手追走から4コーナーで仕掛けるとあっさり先頭。そのまま5.3/4馬身差で快勝。
手綱を取ったデザーモも『素晴らしい馬だ、今後も競馬ファンを楽しませて行くはず』との評価。控えめな表現になったのは自身が本番で手綱をとる4戦無敗のビッグブラウン陣営に気を使ったか、同馬と比べたのか。

本番では武豊が騎乗予定。見事制覇すれば日本人ジョッキーでは初の快挙。
日本人オーナーのベルモントS制覇も初。
血統構成は
Mineshaft
×
Deputy Minister
×
Blushing Groom
×
Traffic Judge
で父のMineshaftはA.P.Indy産駒で母父Mr.Prospector。
姉の父がA.P.Indy、兄の父がMr.Prospector。系のSeeking The Goldなのでこの父は一定の裏づけがある配合でしょう。

レースの動画

当初10頭が選出されたドバイ・ナド・アルシバ競馬場で行われる国際GIレース。
結局、辞退+追加選出など紆余曲折があり、現在の時点で出走を表明している馬は4頭。

UAEダービー(GII ダ1800)イイデケンシン

ドバイゴールデンシャヒーン(GI ダ1200)
アグネスジェダイ

ドバイデューティフリー(GI 芝1777)
ウオッカ

ドバイワールドカップ(GI ダ2000)
ヴァーミリアン

今年は過去に日本馬が優勝しているドバイシーマクラシック(芝2400/ハーツクライ)、ゴドルフィンマイル(ダ1600/ユートピア)には出走馬がない。
UAEダービーはシルクビッグタイムも選出されたが辞退。
個人的にはカジノドライウ゛にUAEダービーに出走してほしかった。

当初シーマクラシックに選出されていたウオッカはデューティフリーに再投票し選出された。
個人的にはダービー馬とはいえ2400よりこちらのほうが向いていそうに思う。

マイルもワイルドワンダーが辞退したのが残念。

アグネスジェダイは3年連続の挑戦。前2年(6、10着)を上回りたい。

メインであるワールドカップは昨年(4着)よりも格段にパワーアップしたヴァーミリアンに期待。
昨年は勝ったInvasorが強すぎた。
今年はエクリプス賞馬カーリンが難敵だ。
まず昨年の馬インフルエンザについて、今回の遠征で通常より条件の厳しい検疫が敷かれる。

1.出国5日以内に馬インフルエンザのチェックを行い陰性であること。

2.出国までの21日間、馬インフルエンザに感染している馬がいない施設に滞在する。

3.アラブ首長国連邦が指定する方法で馬インフエンザワクチンが投与されていること。

以上の3つが通常の検疫条件に付加される。
ちなみに1が満たされなかった場合、同じ検疫馬房にいる馬も出国出来なくなります。


さて、それを前提として選出された馬を。

◆ドバイWC
ウ゛ァーミリアン(牡5 石坂正)
ダイワスカーレット(牝4 松田国)

◆ドバイDF
ダイワスカーレット(牝4 松田国)
※ウオッカ(牝4 角居)

◆ドバイシーマクラシックマツリダゴッホ(牡5 国枝栄)
メイショウサムソン(牡4 高橋成)

UAEダービー
イイデケンシン(牡3)
※シルクビッグタイム(牡3)
いつもは選出馬が多いデューティフリーがメジャーの雪辱を果たしたいスカーレット1頭(ウオッカは登録をシーマクラシックからDFに変更)、ゴドルフィンマイル、ゴールデンシャヒーンがナシとちょっと淋しいですが。
GSは日本のスプリンターの質が下がっているので仕方ないことかと。豪州のTakeOverTarget(テイクオーバーターゲット)やSilentWitness(サイレントウィットネス)の様な国民的人気スプリンターが望まれます。

WCは昨年のリベンジをウ゛ァーミリアンが果たせるか?
ですが昨年のダート頂点にいたInvasor(インヴァーソール)がいなくなっているので、勝ち目はあるかも?
昨年の米年度代表馬カーリンはココが始動戦で目が離せません( ^ω^)

シーマクラシックはまず一昨年のダービー馬メイショウサムソンの参戦が日本競馬レベルを示す指標となるので注目です。
UAEダービーはよくわかりませんがイイデケンシンはダートでは無敗、ダートの質にさえ戸惑わなければ、サンダーガルチ×シアトリカル×アリダーと米国血統で本質的には土質の向いている血統です。
オーストラリア競馬の06/07シーズンで昨年のメルボルンCをアジア調教馬としては初勝利を飾ったデルタブルース(牡6 栗東 角居厩舎)が最優秀ステイヤーとして表彰を受けた。

オーストラリアで日本馬が表彰されるのは初めてのこと。

デルタブルースの配合
タンスインザダーク
×
デキシーランドバンド
×
アレッジド
×
サーアイヴァー
×
ベターセルフ
12月9日に行われる香港GIデーに登録していた日本馬が続々と回避。

ボイコット…ではなく、馬インフルエンザが流行したことへの香港側の提示した条件として、一ヶ月間の輸出検疫があった。

12月9日のレースに出るには10月28日から検疫に入る必要がある。
その間のレースには出られない。
秋天、マイルCS、エリ女、JCに出られないとなれば短~長距離の有力馬は軒並み辞退でしょう。

賞金上、日本のGIに出走困難な馬はいいかもしれんね。

まあ、そういう馬が勝ったら勝ったで面白いけどね(`・ω・)b
英ヨーク競馬場で行われたGI英インターナショナルS(10F88y 3歳上)は、今年のクラシック戦線でランフランコ・デットーリに"ザ・ダービー"ジョッキーの栄冠をもたらした一番人気Authorized(オーソライズド 牡3 英 P・チャプルハイアム厩舎)が、二番人気Dylan Thomas(ディラントーマス 牡4 英 A・Britain厩舎)を一馬身退け優勝。
古馬初対決となった前走エクリプスSは惜しくも2着だったが今回は勝ち切った。

※オーソライズド、強いですネェ。
欧州競馬は日本のそれより3歳馬の斤量が優遇されています。古馬がより重く3歳馬がより軽い。
よりエキサイティングな競馬を提供するためでしょう。無理に重い斤量を背負わせて、将来性を削ぐよりもよっぽどいいと思います。
ダービー馬が宝塚に挑戦しやすくするためにも斤量差は大切ですよね。
5月20日、シンガポール、クランジ競馬場で行われたSingapore AirLines International Cup(星GI、芝2000㍍)は、日本から参戦のシャドウゲイトが優勝、2着には連覇を狙った五十嵐冬樹騎乗のコスモバルクが入り日本馬がワンツーフィニッシュを飾った。
5月20日シンガポールのクランジ競馬場で行われるSingapore International AirLine Cup(星GI 芝2000㍍)に新たにスウィフトカレント(牡5)が選出され、招待を受諾した。

先に招待を受諾していると合わせて3頭の日本馬が出走する。

招待を受諾しているのは連覇を目指すコスモバルクなど、下記3頭。
コスモバルク(牡6)
シャドウゲイト(牡4)
スウィフトカレント(牡5)

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. |  Next

まとめ / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。