1. 無料アクセス解析

競馬とかネタとか・・・
にほんブログ村 スロットブログへにほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへにほんブログ村 競馬ブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウオッカでしたねぇ。
安田記念はともかくとして天皇賞秋で三歳最優秀牡馬のディープスカイ、有馬記念で久々の牝馬制覇を達成したダイワスカーレットを下しているのだから納得でしょう。
来年はまだとっていないタイトルを取りに行きそうですね。ヴィクトリアマイル、宝塚記念辺りでしょうか。
ドバイ行きは確定しているようですし、引き続き頑張っていただきたい。

ウオッカが牝馬であったために憂き目をみたのが有馬記念で快挙を成し遂げたダイワスカーレットでしょう。
結局直接対決で負けていた事が大きく影響したのか最優秀古馬牝馬の座もウオッカに持って行かれました。
快挙を表する賞があるのなら或いは選出もあったかも知れません。
最優秀古馬牡馬は後半の成長力が素晴らしかったスクリーンヒーロー。
アルゼンチン共和国杯で重賞を初制覇、勢いに乗っての連勝でジャパンカップを勝ちました。
JCでこの馬の単勝を買っていた私自身印象深い馬です。
古馬牡馬の勢いが一息だった感は否めませんが、恥じることのないタイトル奪取ではないでしょうか?

最優秀三歳牡馬はディープスカイで文句なしでしょう。レベルが低いといわれたこの世代の牡馬でもこの馬だけは別格でした。天皇賞秋、ジャパンカップの健闘を見れば来年に向けての展望が開けたことは言うまでもありません。

最優秀三歳牝馬はリトルアマポーラ。
春先は具合が悪い中でGIに出ていたそうで秋に漸く立て直したと思ったらエリザベス女王杯で古馬を撃破。個人的にはブラックエンブレムと迷った所ですが、こちらはこちらで今年のドバイにて結果を出せばタイトル奪取がありそうです。

最優秀二歳牡馬はセイウンワンダー。JRA育成馬だけあって完成度の高さはピカイチでしょう。
新潟二歳Sからのブランクもなんのそので朝日杯を完勝。
父の成長力も受け継いでいれば来年も活躍できそう。
個人的にはロジユニヴァースに一票でしたが(;・ω・)

最優秀二歳牝馬はブエナビスタ。文句の付けようがありません。桜花賞までに阪神で乾杯したライバル、ダノンベルベールがどれだけ成長して来るかが肝。

最優秀短距離馬はスリープレスナイト。
春の覇者、ファイングレインは印象が薄いんですかね。スプリンターズSの三連単はうまかった(`・ω・)
スプリンター能力高い牝馬(サンアデュ、アストンマーチャン)が二頭連続で他界していますのでこの馬はそんな事が無いように祈っています。

最優秀ダートホースはカネヒキリ。
JCDでの復活劇、そして東京大賞典での連勝はヴァーミリアンが暫定王者であった事実を残酷なまでに見せ付けました。
JCDでメイショウトウコンが勝っていたら混戦だったんですかね?
脚元の爆弾は心配ですが今年は国内専念とのことなのでケアはしやすいと思います。
無事に走り切ってもらいたいものです。

最優秀障害馬はキングジョイ。
今回声にだして異論を唱えたいのはここだけですねぇ。
マルカラスカルだろぉ?
暮れのレースだって逸走してなきゃ圧勝まであったんじゃないかと。
来年のハンデ戦はキングジョイの方が重くならなければおかしいってことになりますね。

さて、昨年は例年にも増して古馬牡馬路線の勝馬が変わり目まぐるしい年でした。
今年は四歳はディープスカイが別格でオウケンブルースリが例年並み、後は疑問符ですから、このままの勢力図になりそうな気がしますね。
宝塚記念を勝ったエイシンデピュティは故障中、春天のアドマイヤジュピタはリタイヤとなれば今年の中核を担った
ウオッカ
ダイワスカーレット
スクリーンヒーロー
ディープスカイ
に加え、スクリーンヒーローと好勝負をしていたジャガーメイル
有馬記念は力を出せず仕舞いのマツリダゴッホ
この辺りが王道路線のメインメンバーでしょう。

今年も昨年後半のような歴史的なレース、勝負が見られることを期待します。

父馬の傾向。
ウォッカ、セイウンワンダー、スクリーンヒーローがロベルト系
リトルアマポーラ、ディープスカイ、ブエナビスタ、カネヒキリ、キングジョイがSS系
スリープレスナイトがND系

BMS傾向
リトルアマポーラ、ディープスカイ、ブエナビスタ、カネヒキリ、スリープレスナイト ND系
セイウンワンダー、スクリーンヒーロー SS
キングジョイ ミスプロ系
ウオッカ ネヴァーベンド系
グラスワンダーと母父SSは相性がいいようですねぇ
というかBT、マヤノトップガン、タニノギムレットとロベルト系は全般的にSSと相性がいい。
ND系は最近ひとくくりに出来なくなってきました。
ダンチヒ、ヌレイエフ、デピュティミニスター、ニジンスキー、サドラーズウェルズ おのおの特徴が違いますね。
こう見てみると、ウオッカはほんとに異例だなぁ
スポンサーサイト
朝日杯FSで一番人気に推されたが3着に負けたオースミダイドウ(牡2 スペシャルウィーク 中尾厩舎)が骨折していたことが判明した。
左前脚トウ骨遠位端骨折で全治は未定だが、場所が場所だけにさほど重傷では無いだろう。

香港ヴァーズで4着した菊花賞馬のソングオブウインド(牡3 エルコンドルパサー 浅見厩舎)は右前脚屈腱負傷に見舞われた。
そもそも菊だけ勝つ馬は成長スピードがおそめ。
ここでの海外遠征は滞在調整期間を長く取り馬場に慣らしてから使う以外は得策とは言えないだろう。
元来浅見秀一厩舎所属馬は若い内に致命的な脚元の不安に襲われる事が多く、『またか』という雰囲気。
特にダエルコンドルパサー産駒は脚元がなかなか固まらない馬が多い故、ローテーションか調教ミスと思われる。
昨年のJRA最優秀ダート馬のカネヒキリ(牡4 角居厩舎)がマイルチャンピオンシップ南部杯に向けての調教中に右前脚屈腱炎を発症。


程度や浅深などの詳細はまだわかっていないが今週末にも水野馬事センターにて復帰に向けての手術が行われる。


凱旋門賞に挑戦するディープインパクトと同じ金子真人ホールディングスがオーナーで同世代だけに砂のディープインパクトと言う呼ばれ方もしていた。
今年06年の成績は[1.1.0.1]でフェブラリーSを快勝後、ドバイWCに挑戦。
4着(5位入線繰り上がり)と健闘し、帰国初戦は帝王賞でNAR最優秀ダート馬のアジュディミツオーの2着に敗れていた。
父フジキセキ
母父デピュティミニスター


18日ノーザンファーム空港トレセンにて昨年の桜花賞、NHKマイルCを制したラインクラフトが調教中に死亡。死因は急性心不全だった。
坂路調教中に突如脚色が乱れたため、担当者が下馬したがその場で倒れ込み息を引き取った。

父エンドスウィープ
母マストビーラヴド

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。