1. 無料アクセス解析

トップガン∞

競馬とかネタとか・・・
にほんブログ村 スロットブログへにほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへにほんブログ村 競馬ブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
有馬記念アサクサキングスが前に行くと宣言していたらしいが、スタートしてみればテンの速さの違いでダスカが先頭に。それに続きカワカミが気負い気味に2番手に、以外だったのがその後にサムソンが3前手につけるという展開。アサクサは宣言とは違い4番手に。
千メートル通過が59秒台と、決して緩くないペース。2周目は終始サムソンにマークされる形で、武は前の日に負かされたロジユニの横典がしたような騎乗。もちろん他馬もダスカを意識しており、ダスカにとってはかなり厳しい展開になった…ように見えた。しかし、やはりというべきか、そこはダスカ。

4コーナー手前でサムソン、ヒーローを筆頭に、他馬に飲み込まれ……ない(笑)
それどころか、直線を向いたらアッサリと他馬を突き放すという離れワザ。
逆に潰しにかかっていた馬達は総崩れ。後方で脚を溜めれたアドマイヤモナークとドリームジャーニーが2、4着に来ているように、普通なら一番前に行ってるダスカが沈んでおかしくない展開でこの勝ち方をするのだから、もう笑うしかないという感じ。本当に凄い。もう他の馬の回顧をする気がなくなる位(笑)
牝馬の有馬記念制覇は、トウメイ以来37年振り、4頭目。まさに歴史的名牝だろう。いや、歴史的サラブレッドと言うべきか。

2着のアドマイヤモナークはさっきも書いた通り、展開がハマった典型だろう。
3着のエアシェイディは距離が微妙な気がしなくもなかったが、得意なコースで上位に。天皇賞でも好走したように、自分の力を出し切れればこの位は走れる馬。
4着のドリームジャーニーもモナーク同様展開が向いた。
本命にした5着のスクリーンヒーローは4コーナーで早めにダスカを捕まえに行っての着順だから、悲観しなくてもいいだろう。JCは決してフロックではない。
マツリダゴッホはスタートしてすぐ後方の位置取り、この時点で勝負圏外に飛ぶ気がしてならなかった。更に終始ずっと外を回って中山巧者の強みを出す事は出来なかった。が、それにしても負けすぎな感がある。やはり年齢的な衰えも出てしまったか。
メイショウサムソンは全盛期ならこのペースで中山ならダスカと直線で競り合ってもおかしくないが、今のサムソンにそこまで求めるのは酷だったという事だろう。個人的には、今まで武に求めてい騎乗が引退レースで見れて、最後にいい夢を見れた。
アルナスラインはプラスの馬体重増が響いたか、追ってからの伸びがイマイチ。
フローテーションはここは家賃が高かったか。



今年はウオッカ、スリープレスナイトが牡馬牝馬混合GⅠを勝った様に、【牝馬の年】。
牡馬がだらしないという感じがしなくもないが、今年はそれ以上に牝馬達を誉めるべきだろう。それを象徴するかのようなダスカの有馬記念制覇だった。
スポンサーサイト

ツルマルジャパン、ゲットフルマークス、ミッキーパンプキンなど前に行く馬が多く、スタートしての速い流れはある程度予想通り。

勝ったセイウンワンダーは順調さを欠き3ヵ月半の休み明け、前走の新潟2歳のような大外一気の競馬では複勝圏内で終わりそうと思い、△評価だったが…お見事。状態が万全ならクラシックも面白い存在になるのでは。
そして新潟2歳からは一転して道中、直線と内を突いた岩田の見事な騎乗も功を奏した。グラスワンダー産駒、父子制覇。
ロベルト系は種牡馬になっても一気に駆け上がるか(苦笑)

フィフスペトルは道中の位置取りも悪くなく、ルメールは上手く乗ったと思うが、直線でブレイクランアウトに寄られたのと、内外の差で負けてしまった感じ。現状での力は充分に示せたと思う。

ブレイクランアウトは馬以上に鞍上がこのレースのみの騎乗で復帰というのに不安を感じて無印にしたが、道中の位置取りが後方…その分後半前へ取り付くのに脚を使ったのか、最後の伸び脚が鈍かった。個人的には元々1番人気になる程の馬ではないと思っていたので、こんなもんだろう、と。

本当は本命にしたかったが、外枠になってしまい▲に評価を下げたホッコータキオン。前の流れ次第で潰れる可能性もあると思ったが、しぶとく4着に。一番強さを見せたのはこの馬だと思う。これからも重賞戦線で上位に来そう。

シェーンヴァルトは消極的なレースだった感もあるが、中山は合ってない気がする。

エイシンタイガーは距離が長かったか。ブレイクランアウトと4コーナーを一緒に上がって行ったが、直線で余力が無かった。

ミッキーパンプキンはまだこれからの馬か。


タイム自体は、前半が速い流れになった割には最終的には平凡なタイム…時計のかかる馬場ではあったのだろう。

上位の数頭は来年も活躍出来るだろうが、ラジオNIKKEIの方がレベルが高かった…というのは充分にありそう。あの馬もいるし(苦笑)
阪神ジュベナイルフィリーズ

デビューして数ヶ月と、キャリアがまだそれほど多くない馬同士の争いで、個人的には今日と来週は、毎年いつも頭を悩ませるレース。馬券的中率も悪く、毎年あまり良い思い出がない時期(苦笑)
まぁ弱音ばかり言ってられないので…


一昨年に阪神コースが改修されてからの2年間はダービー馬とオークス馬を排出しているこのレース。本命馬は将来性の高い馬を抽出するべきか。

ブエナビスタは、あのリーチザクラウン、アンライバルドがいた新馬戦を猛烈に追い上げて3着、続く未勝利を余力充分に勝ち上がり。牝馬相手では力が違うかもしれない。血統もリーチと同じスペ産駒で将来性は充分。人気でもこの馬が本命。

対抗はワンカラット。
牡馬との対戦経験も豊富で、牝馬同士ならこの経験がモノを言うのでは。父ファルブラヴは去年のレーヴダムールと同じ。
ファンタジーS組は勝てないが、対抗なら。


ここからはなかなか印が決まらないが、ダノンベルベール、ジェルミナル、ショウナンカッサイ、メイショウボナールまで。


◎ブエナビスタ
○ワンカラット
▲ダノンベルベール
△ジェルミナル
△ショウナンカッサイ
☆メイショウボナール



将来も期待出来る傾向になりつつあるこのレース。来年の牝馬クラシック候補はこの中にいる可能性も高い。
メンバー的にはなかなか面白い構図になったように思える今回のレース。かなり悩むなぁ。


まず軸馬となるのはスーパーホーネットで間違いは無いと思うが、トライアルに滅法強いイメージがあり、鞍上も含めてどうしてもGⅠとなるとワンパンチが効かない事が多い。
が、その中でも去年はダイワメジャーの2着。GⅠで狙うとしたらマイルCSが妥当だろう。対抗に。

本命はカンパニー。前走がレース自体がハイレベルな内容で、その反動が出る危険性はあるが、マイル実績も充分、脚質に幅の出来た今なら…後は横典の乗り方次第。そこに期待もあり不安もある訳だが(苦笑)

今年に入ってから復調した雰囲気があるキストゥヘヴンを穴に。
更に牝馬でもう1頭ブルーメンブラットを。マイルCSは牝馬が馬券に絡む事が結構多い。この2頭共に馬券に絡んでも何ら不思議は無いと思う。

あとは先行逃げ粘りも考えられるローレルゲレイロ、先週のインパクトで鞍上に不安が無いわけではないが(苦笑)残り100mから詰めてきそうなスズカフェニックスまで。

◎カンパニー
○スーパーホーネット
▲キストゥヘヴン
△ブルーメンブラット
△ローレルゲレイロ
☆スズカフェニックス
今年のエリザベス女王杯は最強牝馬の2と頭が天皇賞に回ったため、やや盛り上がりに欠ける所はある。更に言えば、去年のエリザベス出走馬が1頭もいない(ハズ)。


カワカミは順調なら抜けていてもおかしく無いが、3歳以降は順調さを欠いているだけに、実際に見て状態が良ければ…という感じ。


個人的な注目は3歳と古馬との世代レベル。混迷を極めた今年の3歳牝馬、その混迷具合が高い所でだったのか否か、今回で世代レベルはハッキリするだろうし、まぁそこでの予想に悩んでる状態(苦笑)
ただ、過去を振り返っても3歳で勝った馬は去年のダスカ、3歳時点では桁外れの強さだったファインモーション、3冠牝馬に競り勝ち、翌年連覇したアドマイヤグルーヴなどで、名牝と言えるクラスでないと勝ちきるのは難しいのではないかと思う。
そしてポルトフィーノはGⅠでは飛ぶ存在になるのではという気がしてならない(笑)
更に外国馬はハッキリ言って分かりません(苦笑)


◎カワカミプリンセス
○ムードインディゴ
▲アスクデピュティ
△リトルアマポーラ
△ベッラレイア
☆エフティマイア

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。