1. 無料アクセス解析

国内GI

競馬とかネタとか・・・
にほんブログ村 スロットブログへにほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへにほんブログ村 競馬ブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スピルバーグが、重賞未勝利ながら初戴冠。
山本オーナー、藤沢せんせー、北村で5人気とかヒモ以外に買える要素がないです。
もちろん毎日王冠最先着馬なので馬的にはアリでしたが。
むしろディサイファが単穴でしたわ。
イスラーディサイファから流しつつ。
菊はドンピシャだったので絞りすぎたのが敗因。

まあしかし、お母さんは山本オーナー、島川オーナーにG1馬をプレゼントというなかなかの名繁殖ですね。
スポンサーサイト
さて、今年最後の大一番の予想です。

実力で考えるとドリームジャーニーで断然と見ていいのですが、いかんせんこの馬、出遅れ癖がついてます。
阪神の2200」mならまだしも、中山2500mでの出遅れはまず致命的。
窮屈なレースで惨敗もありえます。

ブエナビスタに関しては自然と出遅れのような位置取りになると見てこちらも圏外でしょう。

今回のねらい目は外枠。
内有利でさらにその傾向に拍車がかかっている現時点での馬場ですが、これまでの走りを見る限りこのメンバーでなら勝機があると見えるのは
◎セイウンワンダー
です。
グラスワンダー産駒は基本的に父と同じく中山や阪神といった急坂のあるコースが得意。
朝日杯の中山マイルから京都の3000mまでこなす融通性も魅力。
先行策、中団待機策と脚質にも自在性があります。
また、鞍上は藤田に乗り替りですがこれも前目に付けるという意味ではいい選択ではないかと思います。
距離短縮で小回りになり先行馬が揃った今回の状況であれば菊のときに見られた折り合い難も出ずに力を出せそうです。

対抗は
○ミヤビランベリ
前走は気分よく走れる条件がそろい本命で狙い撃ちだったわけなのですが、今回は本格化の勢いに期待します。
オペラハウス産駒の走りごろ、という意味ではセオリー外ですが、充実度は高く地力も身についてきています。

単穴は
▲アンライバルド
思ったより後ろでレースしているわけではないんですね。
先行しての結果が出ていないのが最内だけに気になりますが、そこは名手デムーロ。
皐月賞と有馬記念はスタート地点が後方にずれるだけなので最初の坂さえ気をつければ、内から鋭く抜け出す姿も見られるでしょう。


さて、サイン馬券ですが・・・
マイケルジャクソン馬券で
マイケル≒マイネル
ネヴァーランド=ネヴァ ブション
ジャクソン5の5 5番コスモバルク、5枠ドリームジャーニー、スリーロールス
4-15-5.9.10
ですかね。

まさかまさかの末脚はブエナビスタじゃなくてアンライバルドかな?
いや、もしかして逃げ馬がまさかの末脚。。。何てこともw
さて、早くも年末総決算。
有馬記念の季節です。

ユウサク、マックイーンの俳優馬券のようなカテゴリー馬券を買うもよし、マンハッタン、アメリカンの9.11馬券のような世相を反映した馬券を買うもよしです。
今年の話題といえば
・政権交代
・芸能界麻薬汚染
・Michael Jackson死去ポゥ!
・内田は廃馬生産機
・ノリ、ダービーをとる
・シェイク・モハメドに馬主資格
って感じですね。
個人的にはマイケルですね~、何でマイケルバローズいないんだろ( ;ω;)

まあ、それはさておき、秋天上位馬、JC上位馬がほとんどでません。
ダービー馬も出ません。
私も変な汁しか出ません。
な、状況。
春天馬、春グランプリ馬は出るんですがね、もの足りません。
しかし、年末の大一番は馬にたいして結構な負担なんじゃないかなってのと、コースが特殊すぎて実力通り決まらない。
スタミナのもたなそうな馬もコーナーが多いため息を入れながら余裕で走れたりします。東京マイルを前でこなす馬なら走覇圏内。
あとは内枠が圧倒的に有利、先行馬が入ったら買い。
軽い馬場より重い馬場を得意とする馬が強い。母系はアメリカンより芯に欧州がある馬が良さそう。
父はサンデーとかBTの馬も走ってるから問題なし。いないけど、父ジェネラスとかはだめよ。
あ、でもエリシオくらいなら買えます、オペラハウスとかも。
テイエムプリキュアが主導権を握るかマツリダゴッホが握るかでだいぶ流れが変わりますが、プリキュアは昔でいうテレビ馬。
有馬記念の波乱は大逃げによって生まれるのです。

いやまあしかし、マツリダゴッホ、テイエムプリキュア、リーチザクラウン、ミヤビランベリと先行馬が揃いました。
極端なペースになると追い込みが台頭しますが、順当に先団もしくはその直後で4コーナーまくり気味に進出という力の出し方が合いそうです。

エアシェイディ、ネヴァブション、マツリダゴッホと中山巧者も例年より濃いですねぇ。
中山2200、2500の勝馬は注意ですねぇ。

消耗の激しい馬はきつい。
余裕を持ったローテーションで望むことが大事な感じです。
夏使い詰めとか、秋に3戦してるとかはちょっときつい。
イコピコ、フォゲッタブル、スリーロールス、リーチザクラウンが該当しそうです。
スリーロールスは菊花賞以来になるので神経質になるほどではないかも。

レース相性は菊花賞が面白いですね。
過去、マンハッタンカフェ、マヤノトップガンがこのパターンで勝ってますね。リンカーンが菊花賞2着→有馬記念2着。
今年はスリーロールス、フォゲッタブル、セイウンワンダーの菊花賞1,2,3着馬が出走。
若干レベルが疑問視されている今年の菊花賞ですが、さて。

春のクラシックは皐月賞馬に桜花賞、オークス馬が出走。
アンライバルドは明らかに中山向きですねぇ、しかし近走の調子の悪さと皐月賞が後方からが気になります。
ブエナビスタはダイワスカーレットやファインモーションより一枚落ちるのと、アンライバルドとともに後方待機馬の内枠。これはきついか。

こうして条件を並べてみるとある程度見えてきますねぇ。
まぁ、消去法でもなければPICKUPでもないので加減しながらもう少し吟味したいと思います。
阪神1800mに変更されて2年目。
ただでさえ傾向が掴みきれない上に、世代間の力量が測りにくい、更に砂厚が9cmと深くなった。

予想されるのは強力な先行メンバーが揃い、先行激化。
砂厚変更によりパワー重視、上がりのかかる競馬になりそう。
後方待機にバイアスが傾く。

◎メイショウトウコン
昨年のこのレースで阪神1800は初経験にもかかわらずカネヒキリに迫る2着。
札幌ダートで鬼脚を使っていただけに捲り一発に賭ける。

○ラヴェリータ
元来先行馬だったが、前走の武蔵野Sでは出遅れて36.2の上がり。
ダートは[5.0.1.1]で負けた時も敗因がはっきりしている。

▲ヴァーミリアン
今年に入って競馬がわかってきた、と石坂先生の談。
ゲートもずいぶんうまくなった。
先行脚質の分、分は悪いが豊次第でどうにでもしてくる可能性がある。

△シルクメビウス
高速決着にも対応可能な時計的万能差し馬。
小粒とはいえ前走のOP戦で0.8秒のぶっちぎり。
田中博は決め打ちしやすい馬で良績が光る。

△ワンダーアキュート
△ワンダースピード
この兄弟はここのところ馬体が減りつづけているので増えている方を買う。
★ダイショウジェット
好走しても人気にならないちょっと不幸な馬。


オマケ ターコイズS
◎ホクトグレイン
○ヤマニンメルベイユ
▲シャランジュ
よくよくメンバーを見渡してみれば未知数の外国馬、そして天皇賞秋を快勝したカンパニー以外はGIとは思えぬ顔ぶれ。
ならば素直に狙うとする。

◎カンパニー
決め手となったのは今秋に於ける体調変動の少なさ。
毎日王冠→中2週→天皇賞→中2週→マイルCS
最終追い切りを強めでもしっかり弾け好タイム、調教後の馬体重も+10キロ。
さらにこの馬としては競馬のしやすい4番枠と言う絶好枠を引いた
この充実度は疑いようがない、あえて不安要素を探すならオーバーワークの懸念。


対抗は来日後も絶好調、欧州でも硬い馬場を好む
○サプレザ
最終追い切りでも力強く迫力のある走り。
キャリアは少ないがタイガーテイルを連れて来た事のあるコレ調教師、力を出せる仕上がりにはなった。


単穴は前走ふがいない負け方も距離が合わなかったと考える
▲スマイルジャック
この馬の潜在的なスタミナに賭けた天皇賞だったが、やはり現状ではマイルが適正か。

△サンダルフォン
△ヒカルオオゾラ
△サンカルロ
まで押さえる。
カンパニー
基本的に連勝できない馬ですが毎日王冠→天皇賞秋と連勝。
高齢になり、一戦毎の体調変動が少なくなったのと今年は夏をうまくすごせたことがこの好調に繋がっているようです。
この中間は同じ中2週でも本数を一本増やし、速い時計も出して調教後の馬体重が+10キロと絶好調の様相を呈しています。
天皇賞秋からの転戦馬は好成績を残しており、有終の美を飾る可能性はありそう。

アブソリュート
今年に入り漸く力をつけてきた5歳馬。
プライムステージの仔でデビュー当初から期待はされていた。
薗部=宗像=勝春のおなじみチームバラオゲ。
東京で良積を残しており直線の長いコースでは持続力のある末脚を武器に追い込む・
しかし、3F勝負となるとそこまで速い上がりは使えず、特殊な高低差のある京都では難しいか。
富士Sも前哨戦になってから機能しておらず、厳しいところ。

キャプテントゥーレ
この秋復活した皐月賞馬。
距離はさほど問題ないとは思うが根本的に小回りがあっている。
天皇賞秋ではマイラーでも走れる流れだったにもかかわらず12着に大敗。
連勝できないタイプではあるので前走の大敗でガス抜きができていれば。
上げりだけの勝負には向かない。

ザレマ
富士Sでは3番人気5着と期待を下回る着順。
二回続けて同じ距離を走ると着順を落とすというパターンが見受けられる。
今回はマイル連続3戦目。
以前マイルを3戦連続で走ったことがあるが2→5→2着。
3戦目に2着と着順を上げているが2戦目との間隔が約2ヶ月、鞍上変更、さらに差しの競馬から先行へと完全にスタイルを変えてきた。
ダンスインザダーク産駒は同じレースを繰り返し走るのが苦手で距離の変更なり何か新鮮な要因がほしい。
雨が降って馬場が渋れば一変もある。

マルカシェンク
ザレマの兄。
こちらは富士S11番人気2着と穴の片棒を担いだ。
4歳以降マイル~2000mでしか使われていないちょっと変わったタイプ。
いかにもマイラーな感じはしますが。
好走後に成績を上げることができないタイプで集中力で走るタイプでしょう。
一度の出す力が大きいので疲労が残りやすく今回はちょっときつい。

ヒカルオオゾラ
調子がよければ本命にまで上がれるタイプ。
好調期間には連勝、連続連対も余裕ですが一度崩れると難しい。
崩れた場合間隔を十分あけたほうがよさそうに見えます。
今回は2→9→5着と一線級を相手にするには好調度にかげりが見えます。
馬場が悪くなったときのマンハッタンカフェ産駒は怖いので雨が降れば押さえる。
天皇賞馬カンパニーの参戦で俄然盛り上がってきたマイルCS
エリザベス女王杯に参戦し4着と検討したシャラナヤ同様、マイルCSに参戦してくる2頭の4歳牝外国馬にも注意が必要だ。

まずはフランス R・コレ厩舎のサプレザ。
血統を見ると
Sahm(ミスプロ系)
×
Pleasant Tap(Ribot系)
×
Jolie Jo(Princequillo系)
×
Olden Times(Man o'War系)
×
Toulouse Lautrec(Nearco系)
欧州向きというよりもアメリカンなスピード配合
母父のRibotが底力を支え、硬くなりがちなMan o'War系スピードにRound Table5*4が柔らかさを補完。
硬い馬場にも適性は高い。
父のsahmに関してもミスプロ×サッドラーズウェルズで大きく見るとエルコンドルパサーと同じ。サドラーズウェルズ、と聞いて重いイメージだけを受けるのは損な事です。

これまでの成績は[4.2.1.2]
前走のサンチャリオットSでは今年のコロネーションC勝ち馬ガナーティに1.1/2馬身差をつけ快勝。
今最も勢いがある欧州のマイラーではないだろうか。
また、R・コレ調教師の父R(ロベール)・コレでJCを優勝した経験もある。
当然親子だけにその辺りのアドバイス等はされているはずであり、日本競馬に対する攻め方は理解していそう。
そのためか鞍上も日本競馬をよく知るオリビエ・ペリエを配してきた。


もう一頭がM・シャノン厩舎から参戦のエヴァズリクエスト。
配合は
Soviet Star(Nureyev)
×
Taufan(Hail to Reason系)
×
ファルコン(My Babu系)
×
Gratitude(Bend Or系)
×
Tenerani(St. Simon系)

日本ではダート主牡馬という感じのあるソヴィエトスターが父。
現在はアイルランドで種牡馬生活を送っています。
多少古臭い配合が目に付きますが、距離にも融通性がありタフな馬といえます。
欧州が主戦場なので持ちタイムはあまり速くありません。1.36.7が最高。

これまで本拠地であるイギリス、をはじめアイルランド、フランス、トルコ、ドバイ、イタリアと遠征しドバイとフランス以外で勝ち星を挙げています。
輸送などの環境変化に強く精神力の強い馬といえるでしょう。
鞍上はここ2戦でトルコ、イタリア遠征時のA・ムンロ。
イタリアでは09年ドイツオークス馬ナイトマジックをやぶっています。
当日、稍重辺りまで馬場が緩めば十分に出番はあります。
秋の女王決定戦エリザベス女王杯です。
今年は3歳からイキのイイブエナビスタやブロードストリートが、そして本国仏で既に秋の女王となっているシャラナヤが参戦。
迎え撃つ古馬は一昨年の覇者カワカミプリンセスと昨年の覇者リトルアマポーラ。そして府中牝馬で怪気炎をあげたムードインディゴ。

まず圧倒的一番人気に推されたブエナビスタですがこの秋復帰してから0勝。
札幌記念での始動は荷が重かったのでは。そして激戦だった秋華賞、おまけに降着というアヤ付き。
最終追い切りでも一杯におわれるもタイムが縮まらず松博厩舎としては買いづらい内容。疲れが来ているものと考え無印にしたいとおもいます。

本命に推すのは
◎シャラナヤ
三歳で初遠征、フランスから出るのが初めてという部分では多少頼りなくはあるが、血統からいうと硬い馬場にも対応できるタイプで日本の馬場にも問題はないだろう。
レイティングでも119という高数値をたたき出しており欧州寄りの評価を差し引いてもここでは十分やれる。

対抗は昨年の覇者
○リトルアマポーラ
前走の府中牝馬Sは後ろの馬に有利な展開も前に行ったなかでは最先着。
雨残りの馬場もプラスに働きそう。
急坂の阪神や中山コースよりも東京や京都のほうが向いている。

単穴は
▲ジェルミナル
春のクラシックでは2冠ともに3着、秋華賞では掲示板を外したが良化途上だったことを考えれば十分の成績。
サンデー系が目立つレースに加え、Be my guest,Rainbow Questが配合されており粘り強い。

○と同じく府中牝馬で善戦したカワカミプリンセス、ニシノブルームーン辺りをヒモに。
最大の焦点はやはりウオッカの連覇だろう。
専門誌などを見ると昨年よりも楽に逃げたが最後さされた、昨年よりは出来が・・・
という活字を目にしたが当方の見解は、流れが厳しいレースでこそウオッカが力を発揮する舞台、と考える。
また、東京の2000メートルは多頭数になれば必然的に流れが速くなる。
本命にするかはおいておいて、対抗以下へは下げられまい。


本命に推すのは
◎スクリーンヒーロー
2番枠を引いたのは幸運。
ルメールが怪我のために間に合わないという誤算はあったが最近は安定感のある北村宏。
本質的な距離は短いかもしれないが今回はブリンカー装着で気合も入る。

対抗は先述のように○ウオッカ
前走の負けは予想通りだが確かにピークが過ぎているかもしれない。
しかしメンバー的にはすでに勝負付けが済んでいる馬も多く大崩はないだろう。

単穴は目下絶好調といえる
▲シンゲン
東京コースは8戦6勝、負けた二戦は故障と東京の鬼。
6歳のという馬齢だけが引っかかるが5歳末までに11戦しかしていない。
まだまだ馬は若いだろう。
前走も2キロ差といえど格上の実績馬ドリームジャーニー相手に同タイムの決着。
今回は同斤量となるが補って余りある状態のよさ、コース適性から見て問題あるまい。

紐には
△スマイルジャックを推す。
春クラシック時期に活躍した馬のほうが良積を残しやすい。
この馬も東京コースは0223と決して苦手ではない。
また流れが速くなればマイラーとしての気性を持つ本馬には願ってもない。
先日も記述したとおり潜在的なスタミナとしては中距離馬のもの、折り合えば走りきる。

ローレルゲレイロが01年トロットスターに続く史上3頭目の同一年春秋スプリントGI制覇。
前走は放牧ガレで力を発揮できずに沈んだが今回更に馬体減とはいえ中身が違う見事な立て直し。
昆調教師の手腕が光った(頭も光った)
次走は暮れの香港。
キングヘイロー産駒はGI4勝目。

期待したグランプリエンゼルは好スタートを切りいいポジションにつけそうだったが、一瞬折り合いを欠いたか鞍上と喧嘩、一気に先団後ろまで後退。急流のスプリントGIは一瞬のミスが命取り、結局内につけるも前が開かず、それ以前に末が鈍り着外。
もとより小柄な牝馬、大型馬が活躍するスプリンターズSは鬼門?
状態の良さ故に『デビューから初めて一杯に追い切った』というのも折り合いをかいた原因となるか。

対抗に押したシーニックブラストは4コーナー入口で躓き脱落。
カメラワークでキンサシャノキセキに突っ掛かった様にも見えたが‥
最終のコーナリングでは大きく外に膨れ、初の右周りへの不安も的中。
状態は抜群だった様に見えたが残念。この後は香港だろう。


湿っぽい馬場でも折からの高速馬場で時計も上々、近年に劣るものではないが1~3着が5歳。
短距離戦線はなかなか世代交代が起きていない。
4歳馬が弱いのが‥。
ここで好走できる若駒がいれば、また違ったんだろう。

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. |  Next

まとめ / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。