1. 無料アクセス解析

国内重賞

競馬とかネタとか・・・
にほんブログ村 スロットブログへにほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへにほんブログ村 競馬ブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仮想GIと言えるくらいの強力メンバー。
直接JCDにつながるかどうかは別としてフェブラリーSとは同じ舞台。
フェブラリーS覇者を筆頭に猛者ぞろい。
さらに今年の3歳勢はダートでも強力な駒が多く難解な一戦となった。

本命に推すのは
◎トランンセンド
ダートで底を見せていない3歳勢の一頭。
対等な条件ではテスタマッタのほうに分があるがあちらは58キロ。
こちらは55キロ。
前走のエルムSでは4着に負けているが、これは普段と違い後ろをひきつける戦法を採った故。
流れが速めになるここでは先行力の強さがものを言う。

対抗は
○テスタマッタ
実力もさる事ながら今回は更なる鞍上強化スミヨンを迎え万全の体制。
間隔は4ヶ月開いたがW8本坂路7本と乗り込みは十分。

単穴は
▲サクセスブロッケン
今年のフェブラリーS覇者で舞台適性は十分。
前走は地方GIで0.7差2着と大きく離されたが、シンボリクリスエス産駒だけに一叩きの効果は大きい。
克服すべきは59キロの斤量だが充実度から言っても打ち破れるのではないか。

△ラヴェリータ
前走は芝のローズSで惨敗したがダートでは底を見せていない。
牝馬で54キロも馬格のある同馬だけになんら問題ないだろう。
ダートで人気の岩田がこの馬を選んだと言うことでも期待は持てる。

△ワンダーアキュート
シリウスSで古馬を一蹴。
上昇度は立派だが好成績を残している好位からの競馬でJDDを1.6sec差5着は物足りない。
スポンサーサイト
◎メイショウサライ
○ワンダースピード
この一点で勝負。
新興勢力も大していないちょっと寂しいステイヤーズS。
しかし16頭も集まるとは。

古豪に期待、近走成績からか圧倒的な人気にはならない
トウカイトリック
が本命。

対抗は牝馬の小兵
ビエンナーレ
ステイゴールドは格上がりの挑戦が得意。
GI→GII ということよりも 牝馬相手から牡馬相手というところ。

単穴は昨年の覇者
マキハタサイボーグ
条件が特殊なところは連荘性も高い。

フローテーションはあまり信用できない。
ディープスカイ以外の三歳馬はいまだ疑問。
ナイアガラも復帰後の勢いは買うがファンタスティックライト産駒にここは長い。
JCスキップでここに照準を合わせたサクラメガワンダーが本命。
スクリーンヒーロー、オースミグラスワン同様にこの馬もグラスワンダーの上級産駒で直線の長いステージは歓迎。
東京での成績が悪いのは輸送によるもの。

何でテイエムプリキュアはステイヤーズSにしなかったんだろう・・・
ステイヤー誕生。
スクリーンヒーローが初重賞制覇。
これまでの勝馬が物語るように、アルゼンチン共和国杯が行われた東京2500mという条件はステイヤーが活躍する舞台であり、流れ一つでマイラーでもやれる中山2500mとは同じ距離でも全く性質が違う。

サンデーサイレンス産駒のような、ビュッとした切れ味の馬はそもそも向いていない。今回のジャガーメイルもそうだった。
発走直後が上り坂。これが2400mとの大きな差。

勝ったスクリーンヒーローは前走ジャガーメイルに僅かな差で敗れたが、今回は3キロもらい。
お膳立てはととのっていた。

秋天でダイワスカーレットが負けた分、今回は社台系が勝つと予想し、総帥である照哉氏の馬から買ったという下衆な買い方で的中。(;^ω^)

さて、スクリーンヒーローの配合は
グラスワンダー
×
サンデーサイレンス
×
ノーザンテースト
×
Tom Fool
×
Red God

スタミナの裏付けは
Tom Fool
×
Red God
で何となくイメージとして浮かぶが、ロベルト系らしからぬ適性。
グラスワンダー産駒はサクラメガワンダー、オースミグラスワンの様な馬も出しているので上級産駒は伸び脚がいいのかもしれませんね。
春に向けて賞金を加算したい馬達の中山2000mだったわけですが、昨年の当レースでも言ったようにここを勝つと出世しない魔のレースでもあります。

過去活躍馬と言えるのは、オースミブライト、サンツェッペリンの皐月賞2着、アドマイヤジャパンの菊花賞2着だけで3歳での勝ち星を挙げた馬がいません。(過去10年)

そんなレースを今年勝ち切ったのはマイネヌーヴェルの全弟、マイネルチャールズでした。
ホープフルSを正攻法で勝ち如何にもこのレース向きの物差し馬ではないかと思います。
今年のクラシックはこの馬との対戦成績から割り出すと力関係が見えてきそうです。
アポインテッドデイと同じ扱いですね。

それを踏まえて見渡してみると、デビュー戦は別として少頭数の2戦目、葉牡丹賞で負けた馬は余程の成長がなければまず難しい。
ホープフルS、京成杯(数頭除く)でも同じ扱いでいいでしょう。
素質馬という形で取り上げられた馬を切る指標になります。

京成杯での例外馬は3頭。
まず、牝馬のリトルアマポーラ。牡馬クラシックには出てこないでしょうから。

次にステルスソニック。
直線はヨレ続けまともに走っていません。

そのステルスソニックの幼さにとばっちりを受けたアイティトップ。4コーナーで内に潜り込んできたチャールズに弾かれ、弾かれた先でステルスソニックが前でヨレ、ブレーキをかけざるを得なかった故、完全に追い出しが遅れました。

また、これまでチャールズに敗戦した素質馬は
サトノプログレス
ブラックエンブレム
エアキリヤン
スパークキャンドル
リアルヴィクトリー
ブラックシェル
ドットコム
ベンチャーナイン
ゴールドストレイン
ランチボックス
ショウナンアクロス
実績馬が調整過程で狂い、夏の上がり馬がフレンチデピュティ産駒。
この時点で大荒れを予想するべきだった。

勝ったチョウサンはまず、出てきただけ、の馬に見えた―いや、例年ならばそうだったはず。
今回のような平均して早いラップを刻む上級条件は、各馬の潜在能力が引き出されやすく、差が付きづらい。
チョウサンにとってはここがポイントで今回、引き出された能力を毎回見せることが出来るか?が鍵となる。次走は反動でやられそうだ。

2着馬アグネスアークは今回に限っては一番不安要素が少なく、買える馬だった。
今夏からの充実ぶりは見事だが流石にお釣りがない。
前走、今回と勝っていれば話は違うのだが。

3着馬ダイワメジャーはさすが、GI4勝の額面通りだったと思う。
馬インフルエンザの影響で足止めされ、尚且つ秋天を見込んでの仕上げ。下手をすると7分仕上がり程度かもしれない。
内容も悪くなく秋も力を見せられるだろう。

見せ場がなかったコンゴウリキシオーだが一週前までの体つきを見れば一目瞭然、馬インフルエンザの影響で急仕上げ、と言うより仕上がってなかったか。

この調子だと秋天はダイワメジャーとアドマイヤムーンに京都大賞典組のインティライミ。
圧巻。
戦前から頭一つ抜けていると見たメイショウトウコン。

トップハンデ58㌔、一番人気のロングプライドは54㌔、3番人気マコトスパルビエロは53㌔。
加えて鞍上は怪我をした主戦の幸四郎のから池添にチェンジ。
ロングは武豊、マコトは安藤勝‥
不安要素は少ないわけではなかった。

しかし、蓋を開けてみれば3コーナーから捲くる競馬で圧勝。
上がりの3Fは34.8、ホントに58㌔のハンデを背負っていたのかと疑いたくなる位ほかの馬が止まって見えた。

芝で全く芽がでなかったが、ダートに転向して8戦6勝。
現役ダート馬では間違い無くトップクラスに昇ってきた。手綱を選ばず、確実に追い込んでくる末脚は今後も大きな武器になる。
今年のフェブラリーSでは惨敗したが、今回『追走が楽だった』とのコメントがあっただけに比較的上がりの出やすい東京コースでもJCDでは二の舞にはならないだろう。

トップガン産駒初のGI馬誕生となるかが見所だ。

配合は
マヤノトップガン
×
ジェイドロバリー
×
リアルシャダイ
×
ノーザンテースト
×
マリーノ

力強い足裁きとバネの両立はロベルト3×4のクロスのおかげか。
他にもブラッシンググルームとニジンスキーのニックス、重厚な欧州のスタミナ等が入っており、血統的な見所がある。
07年ダービー(東京競馬場)

sunzepp

サンツェッペリン


laurelgere

ローレルゲレイロ


asakusakings

アサクサキングス



fusaichihouo

フサイチホウオー


vodka1

ウオッカ 馬場入場


vodka2

ウオッカ 返し馬


vodka3

ウオッカ 勝利後


vodka4

ウオッカ 表彰式



目黒記念(東京競馬場)
chakra

チャクラ 返し馬


chakra2

チャクラ レース


adomirefuji

アドマイヤフジ
東西の重賞で勇退する調教師を送るように高齢8歳馬が制した。

伝統の中山記念ではローエングリンが復活。
師匠伊藤雄調教師と後藤騎手のコンビで見事逃げ切りの一人旅。

勝利インタビューでもいつものオチャラケ後藤の姿はなく、涙で喉を詰まらせながらのインタビューだった。
『誰よりもローエングリンの事を考えていただけに、すごく嬉しい』
とらしさを潜めたコメントだったが、これまでの伊藤雄調教師との経緯を考えれば後藤らしいとも言えるか。

今後は馬の状態を見て安田記念か宝塚記念に向かう。
是非、もう一花咲かせてもらいたい。

阪急杯では8歳のプリサイスマシーンと勇退する湯浅調教師のエイシンドーバーが1着同着。
完全に抜け出すと見られたプリサイスマシーンにを真ん中に内に粘り強く差し返しかけたエイシンドーバー、外にスズカフェニックスが急追、3頭横一戦でゴール、スズカフェニックスは鼻差だけ2頭に遅れを取った。

この路線からのステップは多そうで、高松宮記念に向けて依然混戦模様が予想される。
1400メートルと1200メートルは必ずしも結果が一致しないからだ。
昨年秋のような海外遠征馬強力な状態だと、黄色信号が燈る。

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. |  Next

まとめ / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。