1. 無料アクセス解析

繁殖牝馬

競馬とかネタとか・・・
にほんブログ村 スロットブログへにほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへにほんブログ村 競馬ブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
16日、93年の牝馬クラシック春2冠を達成したベガが放牧先のノーザンファームで死亡。死因は蜘蛛膜化出血。

夜間放牧中に何らかの原因により転倒、それに起因する蜘蛛膜化出血だった。

自身の競走成績だけでなく繁殖牝馬としても優秀で、初仔から日本ダービーを制すアドマイヤベガを出し、その後、セントライト記念勝ちアドマイヤボス、GIを7勝したアドマイヤドンをだした。
これまで牝駒に恵まれなかったが、昨年ファルブラヴの牝馬を産んだ。
牝系としても残していけるのは大きい。

父トニービン
母アンティックヴァリュー
スポンサーサイト
マイラーズカップ
ダイワメジャー FNo.[4-d]
ダンスインザムード FNo.[7]
ディアデラノビア FNo.[2-u]


皐月賞
メイショウサムソン FNo.[3-l]
ドリームパスポート FNo.[1-t]
フサイチジャンク FNo.[4-m]

今週の重賞馬は非常に優秀な母系が多かった。
ダンスインザムードはFNo.[7]で本流。
ダイワメジャーもFNo.[4-d] でかなり本流に近い。
8日、両前脚蹄葉炎のため繁用先でアグネスフローラ(牝18歳、父ロイヤルスキー)が死亡した。


競走馬としても桜花賞を勝ち、続くオークスで骨折しながらも勝ち馬のエイシンサニーとレコードの死闘を演じた。
競走馬としても輝かしい成績を残したが、本領発揮はやはり繁殖入りしてからだろう。
97年に出したアグネスフライトがダービーを勝ち、翌年に出したアグネスタキオンは無敗で皐月賞を制しターフを後にした。
そのタキオンは初年度から種牡馬としての能力を発揮し好成績を収めている。


また、牝系もフライトの上にあたるアグネスセレーネー(牝9歳 父トニービン)がおり、更にセレーネーは牝馬を出した。
牝系も残していける。
今年のPOGで指名していたアグネストレジャー(父SS)はデビュー戦を勝ち上がっている。


母を失ったアグネスサージャン(牡2歳 父SS)が今年度~来年度のPOGで活躍してくれることを切に願う。
SSの遺児たちは今年もレベルが高い上にダービー馬を出している母たちの戦いともっている。
前出のアグネスサージャン、ウインドインハーヘアの仔オンファイア、そしてベガの仔キャプテンベガ
この三頭の動向は常に気になるところ。



私が某雑誌POGで指名したのはこの三頭のうちもちろんアグネスサージャンでした。
ここ数年はリヴァプールニシノドコマデモなども活躍しているとおりイコマエイカン系の血が勢いを得ているように感じてますので。
ま、ディープがいるからそっちの牝系だって(ryの声は無視しますw

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。