1. 無料アクセス解析

2006年01月

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年は何故か妙に豪華メンバーが揃うこのレース。
例年なら京成杯に向かうはずのメンバーもジャリスコライト以外はここに照準を絞った。
サンデーサイレンス産駒が少ない世代だけに、ローテーションも変わってきたのかもしれない。
ここ日本競馬の10年はサンデーサイレンスの歴史でもある。
よって、ローテーションもサンデーサイレンス産駒中心であり、直近過去データがある程度信用の置けないものになるかもしれない。


今年は2歳王者のフサイチリシャールが参戦、過去朝日杯→共同通信杯と連勝した馬は皐月賞連対率100%。
勝つことで道が開ける。
血統背景からみると
クロフネ
×
SS
×
Mr.Prospector
×
フランシスエス
となっており、父、母から受け継いだ適性は芝砂問わずマイルがベストだろう。
底力に欠く面も見受けられ2歳王者は完成度の高さでもぎ取っている。



惜しくも前走鼻差負けを喫したアドマイヤムーン
こちらも仕上がりが早いタイプで配合は
エンドスイープ
×
SS
×
Kris
×
Nonoalco

エンドスウィープ×SSはラインクラフトが出ており結果の出せる配合。
札幌2歳Sを勝ったように力強さもある。これはKrisが良い重しになっているのだろう。
早くから使いだしただけに成長力面で不安はあるが3歳春なら問題ない。



ショウナンタキオンは新潟2歳Sで見せた末脚が自慢。
配合は
アグネスタキオン
×
トニービン
×
メジロゲッコウ
×
Neverbeet
で牝系はアサマユリに遡る日本由来の血統。
タキオン×TBは末脚の切れが増幅される。
スタミナは問題ない。
タキオン産駒は初戦の勝ち上がり率は高いが2勝目が遠い馬が多く出ている。
これは初戦からセンスと完成度が一歩抜けていると考えられる。
早めにデビューしたショウナンタキオンは他馬の完成度や競馬を理解するまでの空白で新潟2Sを制した可能性が強い。
ここでは力量不足。
今後の産駒傾向いかんに因っては2歳早期デビュー専門種牡馬に成り下がる可能性がありそうだ。

スポンサーサイト
根岸S
良化途上馬と勢いのある馬のぶつかり合いとなったが、歩があったのは後者だった。
一番人気に支持された昨年の覇者は明らかに途上。
また、上位人気だったサンライズバッカスも目標はフェブラリーS。
対するリミットレスビット、タイキエニグマはまさに飛ぶ鳥を落とす勢い、トウショウギアはここが目標だった。


この結果がフェブラリーSに直結するか否かはまた別問題か。




京都牝馬S
同型の強力馬であるオースミハルカが59㌔、もっとも条件が合ったマイネサマンサにとって願ってもないチャンスだった。
まず結果を出せたことでヴィクトリアマイル獲りに一歩前進。
もとより京都では秋華賞5着、直線半ばまであわやを演出した実績もあり、広くて坂のない馬場があっているのだろう。


二着はチアフルスマイルと、メイショウオスカルが同着。
前者は近親にタップダンスシチー(GI2勝)がおり、底力に富んでいる。
メイショウオスカルは宛にならない面はあるが重賞馬故に力量は充分だったと思われる。
引退レースだったオースミハルカは59㌔の酷量が堪えたかスタート後前に行けずずるずる下がってしまった。
馬ゴミが苦手な馬だけに仕方ないところか。


有力視されている3歳牡のローテーションが固まり始めた。
現時点では以下のような感じ。



2歳チャンプの
フサイチリシャール
共同通信杯から皐月賞へ。
皐月賞期待度()


京成杯馬
ジャリスコライト
弥生賞かスプリングSから皐月賞へ
皐月賞期待度()


ラジオたんぱ杯馬
サクラメガワンダー
弥生賞から皐月賞へ。
皐月賞期待度()


同二着
アドマイヤムーン
共同通信杯へ。
皐月賞期待度()


骨折療養中だが間に合う診断の
マルカシェンク
毎日杯へ。
皐月賞期待度()


新潟2歳S馬
ショウナンタキオン
共同通信杯へ。
皐月賞期待度()


目下三連勝中の
フサイチジャンク
若葉Sへ。
皐月賞期待度()



と現状ではこの様に決まっている。
実際参戦できないと言う馬も出てくるだろうが・・・
今年一発目のGI、川崎記念は各馬力を発揮し、力通りの決着だった。

東京大賞典馬は川崎記念を勝てないジンクスがあったが、過去に東京大賞典を2勝した馬がいないジンクスを破ったアジュディミツオーの逃げきり。
最後は堅実派のシーキングザダイヤに詰められたが、一杯ではなかった。
再び世界の檜舞台に立つには充分なパフォーマンスだったろう。

そのアジュディミツオーに迫ったシーキングザダイヤは昨年からGIで2着が6回目。
超一線級であることは間違いない。
詰めが甘いのかと思ったが、相手なりに力を発揮するタイプな気がする。だとすればまだ底を見せた感は無く大化けの可能性。

タイムパラドックスは明けて8歳。さすがにもう上がり目はなく現状をいつまで維持できるか。
ブライアンズタイムは高齢でも急激に衰えることは少なく、暫くは上位に留まれるか。

サカラートは自ら動いたが何となく早仕掛けでリズムもあまり良くなかった。

以下の馬に関しては正直キツイ。
カネヒキリサンライズバッカスタガノゲルニカヴァーミリアンらの活躍でダート戦線は混沌としてくる。
古豪vs若手 のトップクラスでの世代交代バトルになるだろう。
フサイチの冠名でお馴染みの関口房朗氏が04年の米・キーンランドイヤイリングセール(1歳馬セクション)で1歳馬史上のレコード価格、800万$(約8億8000万円)で購入した父Storm Cat 母Welcom Surprise の馬名が決定した。
馬名は『ミスターセキグチ』。名付け親は当馬を管理しフサイチペガサスをケンタッキーダービー勝利に導いたボブ・バファート調教師。
師はこの馬に絶大な信頼をおいており、兼ねてから『ミスターセキグチなどの名を付ける価値のある馬だ』と話していた。


ミスターセキグチは父が米のChampionサイヤーであるStorm Cat。母Welcome Surprise(父Seeking The Gold)は超良血。祖母がWeekend Surpriseで当馬の叔父はあのA.P.Indy、Honor Grades、Summer Squall。
祖母の兄弟には Wolfhound,Deerhound,Foxhoundと種牡馬だらけ。
更に近親にもGay Mecene、Fotitieng、Raja Baba、Sauce Boatとかなりの名門牝系。


本馬の配合は
StormCat
  ×
Seeking The Gold
  ×
Secretariat
  ×
Buckpasser
  ×
Sir Gaylord
  ×
My Babu
と代々アメリカを代表する血が凝縮されている。
本質的に中距離が適距離たが3歳戦では多少の距離の長短には対応できる。


デビューに時間がかかっているのはバファート流で同師は『いつでも出せるがもう少し待てばまだ良くなる』と話している。
かつて関口オーナーが『俺が出せといったらどうする?』と師に聞いたところ『オーナー命令なら聞かなければ仕方ないが、その代わりオーナーの時計を貰う』
と言っていた。
実にアメリカ人らしい言い回しなのだがその時関口オーナーはダイヤが敷き詰められた時計をしていた。
『この馬が活躍できなければ調教師として失格だ』と話していたバファート調教師、時計は”退職金”ということだ(笑)


米のクラシックは2ヵ月のあいだに3つ(ケンタッキーダービー、プリークネスS、ベルモントS)を勝たなければいけない。
3冠制覇は三連勝しなければ難しく、日本とはまた違う難しさがある。

フサイチの冠名でお馴染みの関口房朗氏が04年の米・キーンランドイヤイリングセール(1歳馬セクション)で1歳馬史上のレコード価格、800万$(約8億8000万円)で購入した父Storm Cat 母Welcom Surprise の馬名が決定した。
馬名は『ミスターセキグチ』。名付け親は当馬を管理しフサイチペガサスをケンタッキーダービー勝利に導いたボブ・バファート調教師。
師はこの馬に絶大な信頼をおいており、兼ねてから『ミスターセキグチなどの名を付ける価値のある馬だ』と話していた。


ミスターセキグチは父が米のChampionサイヤーであるStorm Cat。母Welcome Surprise(父Seeking The Gold)は超良血。祖母がWeekend Surpriseで当馬の叔父はあのA.P.Indy、Honor Grades、Summer Squall。
祖母の兄弟には Wolfhound,Deerhound,Foxhoundと種牡馬だらけ。
更に近親にもGay Mecene、Fotitieng、Raja Baba、Sauce Boatとかなりの名門牝系。


本馬の配合は
StormCat
  ×
Seeking The Gold
  ×
Secretariat
  ×
Buckpasser
  ×
Sir Gaylord
  ×
My Babu
と代々アメリカを代表する血が凝縮されている。
本質的に中距離が適距離たが3歳戦では多少の距離の長短には対応できる。


デビューに時間がかかっているのはバファート流で同師は『いつでも出せるがもう少し待てばまだ良くなる』と話している。
かつて関口オーナーが『俺が出せといったらどうする?』と師に聞いたところ『オーナー命令なら聞かなければ仕方ないが、その代わりオーナーの時計を貰う』
と言っていた。
実にアメリカ人らしい言い回しなのだがその時関口オーナーはダイヤが敷き詰められた時計をしていた。
『この馬が活躍できなければ調教師として失格だ』と話していたバファート調教師、時計は”退職金”ということだ(笑)


米のクラシックは2ヵ月のあいだに3つ(ケンタッキーダービー、プリークネスS、ベルモントS)を勝たなければいけない。
3冠制覇は三連勝しなければ難しく、日本とはまた違う難しさがある。

ちょっと地味な感のあるAJCCが中山のメイン。
マグナーテンやアメリカンボスのような一線級になるのはマル外が大半。
昨年の霸者クラフトワークもGI戦線には顔すら出さない。
4、5歳が良い重賞だけに高齢馬よりも充実期の馬を本命に据える。
GI、GII組は着順不問で巻き返しもアリ。
GIII以下は掲示板確保が条件(連対)。

というだけでかなり絞れてしまうのが現状。
◎グラスボンバー
〇オペラシチー

SundaySilenceのラストクロップ世代、その産駒たちの現状を見てみたい。



オンファイア(母ウインドインハーヘア)
東スポ杯にて屈腱炎発症。全治6ヵ月
『先のある馬なのでじっくり休ませます。』


キャプテンベガ(母ベガ)
三戦目にしてようやくダートで勝ち上がり。
『足に負担の少ないダートのほうが現状ではあっている。』


アグネスサージャン(母アグネスフローラ)
新馬戦勝利後骨折、軽度のもので全治三ヵ月。
現在山本トレセンへ放牧中。
『これだけの馬だけにダービーには間に合わせたい。』


マルカシェンク(母シェンク)
骨折療養中も軽度のもので復帰間近か。
『クラシックには間に合うと思う。』


フサイチジャンク(母セトフローリアン)
福寿草特別を勝ち、次走若駒Sを予定。




注目度の高いSS産駒の近況でした。
さて、京成杯を勝ってしまったジャリスコライト
これからどのように進んでいくのだろうか?

過去の京成杯勝ち馬を見てみるとそれぞれに出世を阻まれたわけがある?かも知れないので京成杯を勝ってしまった期待馬にせめてものフォローをしよう。。。

00年マイネルビンテージ
3歳にしてセン騸馬だった。

01年ボーンキング
ダービー後に重度の球節炎で翌年まで休養。
復帰後奮わず引退

02年ヤマニンセラフィム
弥生賞後骨折→帰厩後骨折
復帰後奮わず引退
02年ローマンエンパイア
皐月賞後重度のハ行
復帰後大阪城S勝ち(OP)

03年スズカドリーム
ダービー後屈腱炎発症
調教中に予後不良

04年フォーカルポイント
ダービー後長期休養(1年一ヶ月)
復帰後準OP勝ち

05年アドマイヤジャパン
菊花賞2着など無事に頑張ってます。

※色つきはその後勝った馬か活躍した馬。
これを見ると不幸な結果に終わっている馬も見受けられるが年を追うごとに実は成績がよくなってきているかもしれない。
少なくとも昔言われていた”クラシックでは不要”は覆されつつある。
しかし、ダービーや皐月賞といったクラシックレースに実は落とし穴が潜んでいる場合が多いか。
リタイヤ、長期休養入りしてしまうときつい。
ダービー後秋から始動することが出来れば持ち前の成長力できっと頑張ってくれるはず。
ファンタスティックライトの初年度最高傑作、兄はオールラウンダーアグネスデジタル
父も兄も世界を舞台にGI6勝の血統はワールドクラスと見込んでいる。

頑張れジャリスコライト!
ジンクスを打ち破れ!
三月に行われるドバイワールドカップ各レースの登録馬が発表された。選出招待制レースのため、選出を待つことになる。
重複登録が可能な為、中間距離であるドバイデューティフリーの登録がすごい数に上っている(67頭)。
これはアジアマイルチャレンジにシリーズ登録した馬も含む為である。


選出されそうな馬を見てみよう。
ディープインパクトが早くも海外に挑戦、ほぼ確実に選出対象だろう。シーマクラシック、デューティフリーにも登録があるが本命はWCか。



暮れの香港で2400で2着したシックスセンスはシーマクラシック、デューティフリーへ。


日米オークスを制覇したシーザリオはデューティフリー。


最優秀ダートグレード馬に選ばれたJCD馬カネヒキリはカップ。


昨年GI2着を5回という馬版横山典シーキングザダイヤはカップ、デューティフリーゴドルフィンマイルへ。


ディープインパクトに古馬の壁をしらしめ有馬記念を制したハーツクライはシーマクラシック、カップに登録。


昨年ダートGI3勝のタイムパラドックスはカップへ。


ダート界の新星、メイショウボーラーはゴールデンシャヒーンへ。



有力馬のカップへの登録が多く、また地方年度代表馬アジュディミツオーが再度挑戦の意向を示しており、シェイク・モハメド率いるチームゴドルフィンの馬シーチャリオットもいるため事実上の激戦区になっている。


UAEダービーにはストームキャット産駒のフサイチギガダイヤ、ダートで圧勝劇を演じたフラムドパシオンが登録。
選出されてもまず馬の状態ありきだからどうなるかわからないが、一先ず健闘を祈りたい。

登録全馬は続きからどうぞ。

毎年このレースはヒモ荒れに気をつけなければいけない。
一昨年8番人気、昨年7番人気で2着のマーブルチーフは今年も出走。
当然押さえなければいけないだろう。

4歳⇒5歳⇒6歳と連対数が下がる。
本命は4歳馬からと言いたいが各馬不安を抱える。

4歳馬
前走古都Sを格の違いで制したアドマイヤフジが有力だが京都コースの下り坂が苦手という弱点がある。
京都成績[1.0.0.0]で前前走福島記念2着のトウカイトリック。コチラは鳴尾記念の結果が物足りない。
そして京都で重賞勝ちがあるダービー2着馬インティライミ。叩き良化型だけにブランクが心配。

5歳馬
本質的に?のつくエンシェントヒル。
ダービー4着で1年上の休養後3.6.3着と調子を上げている、キョウワスプレンダ。ここ6走の成績は2.13.4.休.3.6.3で完璧な交互質。
安定した成績を残すスウィフトカレントは準OPでさえ2.2.4着。
連勝中のストラタジェムは休み明けから1000万↓を勝ち上がるのに4戦を要しており前走も1000万下。

高齢馬では牝馬7歳だが昨年のステイヤーズSを2着したエルノヴァ。障害帰りでパワーアップしていればタニノエタニティもねらい目か?

各馬難点を抱えるが本命はトウカイトリック
昨年の福島記念は例年と違い昨年のレース後、もう一戦し活躍した馬が多いのが特徴。
レースレベルもそこそこ高かったのではないだろうか?
準OP勝ちが当該舞台でありその点でアドマイヤフジより若干有利な印象。

対抗がアドマイヤフジ
クラシックを前線戦い抜き、なおかつ掲示板を外したのは菊花賞だけ(6着)という堅実派。
成長して実が入った姿になり、体のコントロールもできるようになってきた。

単アナはマーブルチーフ
やはりこの条件でこの馬を外すわけにはいかないだろう。

以下エルノヴァ、インティライミ
キョウワスプレンダ
今年の期待馬、ジャリスコライトが京成杯に出走を決めた。
前走は発馬直後に他馬に擦られ闘志に火が点き終始力みっぱなし、直線ではK・デザーモが鞭を落とすアクシデントもあいまってフサイチリシャールスーパーホーネットに先着を許した。
決して力負けではない。



一戦毎に気性も成長し、『おっとりした馬だから距離があったほうがいい』という元来の性格から2000㍍以上で本領発揮と見る。



今回は皐月賞と同じ舞台だが歓迎できるレースではない。
脚質も合わせて考えると現時点では中山のコース自体が向いていないように思う。



早いうちに結果を残してほしいオーナー(吉田和美氏)、クラシックが獲りたい藤沢和雄師だろうが、もう一度見直してほしい。
前回の敗戦=不運が重なったのはオーナー、陣営、そして当馬のリズムが崩れているからだろう。
本来であれば今はじっと我慢のとき。



さて、この参戦が吉と出るか‥。
ジャリスコライトのこの先が興味深い。
期待されながらも結果が残せず初戦から二連敗、一息入って目先をダート1800㍍に変えて来たキャプテンベガが勝ち上がった。



芝が向かないわけではないだろうが、今は手薄なダートでということか。
勿論、脚元との相談もあるだろう。
元来ベガの遺伝子は脚元に問題がある。
アドマイヤベガアドマイヤボス、そしてアドマイヤドンに共通するのが前脚が内向している事。
当然真っ直ぐな脚を持つのが普通でこれは脚部の故障との闘いにもなりうるハンディ。
ドンが長く活躍できたのは早いうちに負担がかからないダートへの転向が功を奏した形だろう。
この最大の特徴がキャプテンベガには聞かれず、良かれ悪しかれ母系の遺伝が弱い事が言える。




キャプテンベガもダート路線を歩む可能性がある。
ドンの父であるティンバーカントリーは芝馬も出している。
これはベガの配合(TB×NT)が父次第で芝砂どちらにも対応でき、尚且つ高いレベルに位置することが可能な証明。
サンデーサイレンスは元々母系を生かす種牡馬だったが、晩年産駒は自身の持っていたダート適性が表面に出ることも多い様だ。



はっきりした路線はまだまだわからないがトゥザヴィクトリーのような活躍が出来れば、と思う。

今年は故障馬が相次ぎ、クラシック戦線が混沌としてきた。



皐月賞こそマイル範囲の馬が闘えるとはいえ、ダービーともなればそうは行かない。
今年のクラシックが最後の世代であるサンデーサイレンス産駒に不運が重なっている。



マルカシェンクの骨折による離脱に始まりキャプテンベガの不調、オンファイアが屈腱炎、アグネスサージャンまでもが骨折してしまった。
デビュー前、世代三強といわれた馬が壊滅状態だ。



まともにダービーを闘える馬はエリカ賞、ラジオたんぱ2歳Sを勝ったサクラメガワンダー、東スポ杯、朝日杯を勝ったフサイチリシャール、非出世レースを使おうとしているジャリスコライトとこのあたりだけ。


しかし、不安点が各馬にある。


サクラメガワンダーはロベルト系のパワータイプ。このタイプは中山、阪神などで力強い走りを見せる半面で意外に追って味がなく東京の直線で伸びあぐねる事が多い。
勿論、同馬がその限りであるとは言えないが可能性は多々ある。



フサイチリシャールはミニクロフネの印象。父のクロフネはダービーで4着と健闘したがフレンチデピュティーに頑強なアルゼンチン血統。
リシャールは母系にマイラー色が強く、母父も牡馬クラシックディスタンスには向かないSS。
逃走劇であっと言わせる姿は想像できなくもないが、やはりイマイチ距離がもたない。



ジャリスコライトは血統的に申し分はない。
父は世界を制し、極東にて世紀末覇王テイエムオペラオー、メイショウドトウを相手に三着、母系はブラッシンググルームが出ている名門、半兄はGI6勝アグネスデジタル。
しかし使い方が悪い。朝日杯でムチを落とすアクシデントで3着敗退。しかも向かう先は非出世レース京成杯。
前にも述べたが京成杯馬に輝ける未来はない。



意外なところではニシノイツマデモ。イチョウSではジャリスコライトの2着に負けたが東京適性は目を見張るものがある。
東スポ杯での5着敗退は上位の馬が時期的に完成度が高かった。
父のパラダイスクリークはSSと輸入時期が重なっただけに良質馬が集まらず不運だったが、本来であればもっと繁栄する父だろう。実際、ロジータとのあいだに出来たカネツフルーヴはGIを勝っている。
母系の良さを生かす父だろう。叔父にセイウンスカイがいる牝系もまずまずでじっくり成長するタイプでもう少し成長に時間がかかりそうに気もするが・・・。



例年にないほど『まだ間に合う』感が漂うクラシック戦線だが果たして。
2頭のクラシック馬の弟として期待されているアグネスサージャンが骨折していることが判明した。



右トウ骨遠位端骨折で全治三ヵ月の診断。
春のクラシック参戦自体が微妙になった。



同馬は12/17 阪神新馬(芝2000㍍)でデビュー。
若さを出したが能力の違いで快勝した。
全兄である2頭、フライトダービータキオン皐月賞。やはりサージャンを狙うことになるかもしれない。
兄弟三冠制覇に期待するのが良さそうだ。


しかし、藤岡健師は「レース中に骨折していたようです。程度としてはかなり軽いもの。5日に山元トレセンに放牧に出します。これだけの血統ですからね。ダービーには何とか出したいです」と話している。

アグネスフローラ、サンデーサイレンス、ともに急逝してしまっただけに頑張ってもらいたい。

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。