1. 無料アクセス解析

2006年11月

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2歳女王決定戦阪神JF。
例年荒れるイメージが纏わり付くレースだが今年は状況が一変、阪神コースが右回り最大の競馬場となり、これまで阪神JFが行われてきた枠順の有利不利、展開のゴチャつきが新設外回りコースに因って解消された。

荒れるとすれば開幕週の速い馬場で前残りパターンだがゴール前に待ち構える474㍍の直線、従来より変更されていない急坂健在でタフなコース。

力が無いと難しいコースになった。

先行できてなおしっかりした末脚の使える馬を選びたい。
アストンマーチャン、イクスキューズが人気の核になりそうだがもう一度◎ハロースピード。

初戦快勝したときは前々の競馬ったが以後2戦は追い込みで勝っている。
ただ鞍上の吉田隼人が下手をうって出遅れた訳だがそれにめげず1着ー1着ー重賞3着と堅実。
結果として吉田隼人がミスを連発したことに因って自在性があることはわかった。
しかし前走フェアリーSのレースコメントで
『テンに速い脚がないのであの位置取りに‥』
と全く反省のないコメントに相沢先生大激怒──かどうかは知らないが岩田康成に鞍上をスイッチ。
どうせならプレブルやプラード等WSJS参戦の海外のトップジョッキーでも良かったか。
ある程度先行して外から差し切る形は岩田康成には合いそうな脚質。
距離は初経験だが血統からは延長大歓迎。
気をつけるべきはワンペースのレースか。

アストンマーチャンは昨年のアルーリングボイスっぽい気がする。
アルーリングの場合は母が超早熟、父イマイチ特長がなく母系が強く出るフレンチデピュティだっただけに、アストンマーチャンのほうが血統的には勢いを維持できるだろう。
しかし
コジーン
×
ウッドマン
惨敗は考えづらいがここもあっさりクリアは疑問、いきなり底が割れることもありそうな一発大物配合か。

イクスキューズは前走アストンマーチャンに惨敗。
特に不利もなく前でレース出来ただけに完全に力負け。ここでの巻き返しは厳しい。

それより恐いのはルミナスハーバー。
半兄にはヒシアトラスがおり高いレベルで堅実そうだ。
サンデー系×アリダーの配合はダイヤモンドビコーがおり、やはりこちらも堅実そう。
双方善戦で終わってしまうことが多いので勝ち切るまではどうか。
距離はタキオン産駒だけに1800マイルがベストか。
スポンサーサイト
オッズ通りディープインパクトが応えてフランスの一悶着を払拭した。

ディープインパクト効果もあり来場者は120%増加の11万人にのぼった。
単勝1.3倍はJC史上最低配当額。ファンの期待を裏切らなかったのはたいしたものだ。


しかし少し疑問だったのが周りで騒いでいるような『快勝!』ではなかったこと。
東京の2400㍍はディープインパクトにとって最も向いているコースだったはず。
ダービーの着差を見ればわかるがジャパンカップでは3歳馬相手に僅か2馬身差。世代レベルが高い3歳世代たがこれまでの勝ち方からすると物足りないのも確か。
有馬記念では昨年と同じく脚元を掬われぬよう充分注意したいところ。


2着のドリームパスポートは勝負所での鞍上のまずさ込みで2馬身差。
最後のキレは素晴らしかった。
無冠ながら世代のトップクラスである事は確か。
フジキセキからこの馬が出たのが不思議でならない。


3着ウィジャボードはラスト半Fで脚が上がった。
世界的に見てもタフな東京コース。
僅か2週間前にBCに参戦し勝ち星を上げ24時間の輸送を経ての参戦で3着は鞍上も言っている通り『世界最強牝馬の名に傷は付かない』と感じる。


ハーツクライは4コーナーで不可解で猛烈な逆噴射、ブービー負け。
レース後の意見は真っ二つ。


鞍上のルメールは
『喉鳴りは関係ない』
橋口師は
『喉鳴りのせいだ』


と全く違う見解。
レース中一番身近に接したルメールの方が信頼できそうな意見。


しかも橋口師は
『有馬に出ずに引退するようにオーナーに申し入れる』
これは些かおかしい話。
ルメールとの意見の食い違いも無視し喉鳴りで有馬は勝てないからこのまま引退する、というのは疑問符を付けざるを得ない。
今年で引退ならば尚更有馬には出すほうがいいだろう。
喉なりの症状が出るとは限らないし勝負の前から白旗を振る馬でもない、まして昨年の勝馬。


もしかしたらJRAの意図が絡んでいるのかも知れない。
スターホースに有終の美を飾らせるプランがあるか‥しかし有馬記念は国内で唯一勝てなかったレース。
今年も虎視眈々と狙っている馬もいる、マイラーでも勝つ事ができる、それが中山2500㍍。

海外からの参戦がなく、カネヒキリアジュディミツオーの不在に加えタイムパラドックスまでもが離脱しレベルが危ぶまれたが、結果としてシーキングザダイヤが2着と定位置に落ち着いた辺り、勝馬の評価が落ちるようなレースではなかった。


勝ったアロンダイトはダート6戦目にして5連勝でGI制覇、しかも5勝全てで後藤Jが手綱をとっている。

マダ3歳で伸びしろも充分あるとみる。それにしても社台傘下に入ったキャロットファームはハットトリックシーザリオアロンダイトとGI馬を量産している。


2着のシーキングザダイヤは昨年カネヒキリで2着に負かしてしまった武豊が手綱をとった。
内を掬われた形での敗戦だが力は出し切っている。
自身9回目のGI銀メダル、新記録更新な訳だが詰めが甘くここいらが限界なのか‥早くから活躍し決して晩成ではない血統だけに次のフェブラリーSが勝負の一戦になりそう。


フィールドルージュはかなり善戦しただろう。内外離れ過ぎて‥とコメントしていたが上位2頭とは差がある感じ。

ヴァーミリアンはハナがきれていれば、サンライズバッカスは一度使って良くなってはいたが‥

王座に君臨していたカネヒキリ、そしてそれに劣らぬちからの地方の雄アジュディミツオーがいない王座決定戦新しいヒーローの誕生はどんな政権を敷くのだろう。


まず格の問題。
重賞未勝利やGIで掲示板さえない馬にはきついだろう。
3歳で初重賞がこれでは荷が重い。

GIだけで2着8回の希代のシルバーコレクターシーキングザダイヤの戴冠も微妙か。
またしても‥な気がする。
堅実さはあるので複軸には最適。


ここはカネヒキリを破った実力を買ってサンライズバッカスを本命視。
休養明けの前走もいい内容。叩いて更に良化した。距離の壁はありそうだが相変わらず力強い動き。


一発があるとすれば一時期は無類の強さを見せたことのあるピットファイターが名手L・デットーリの手綱で蘇ったときだろう。


連下に三歳時に全盛期のタイムパラドックスアドマイヤドンに続いて3着となった実績を買いジンクライシス。


ダート短距離に路線を変更した後好調なメイショウバトラー
芝の中距離路線で戦っていた同馬に距離の壁があるとは思えない。近走の影響で掛からなければ。


JCが開催される時期になると、暮れの雰囲気が出てくる。

今年の外国馬は牝馬が2頭。


フリードニアはこれまでの戦績でわかるとおりどうやら軽い芝での適性が高そう。
初めての遠征競馬だった前走の内容も良く甘く見ると痛い目に合うかも知れない。
輸送日程が狂ったり長旅で疲れたりしているので馬体を良くチェックしたい。


もう一頭はお馴染み世界一の牝馬といっても過言ではないウィジャボード。鞍上は引き続きランフランコ・デットーリが務める。
昨年は5着に敗れたが今回の方が体調はいい。
雨を気にしていたが劣悪な馬場にならなければ大きな能力減はないと見る。
前走のBCからは間隔が詰まっているが輸送慣れしておりアメリカから24時間かかった長旅でも馬体重の変動すら大きくない。


これに対する日本馬は強力な布陣であることは間違いない。


凱旋門賞での汚名を返上したいディープインパクト
裁定こそ失格にはなったが世界を向こうに回しての好走は力を見せた結果。
懸念すべきは前走から力が抜けるのに時間が掛かり、先週の追い切り辺りから漸くだったこと。
また、欧州の馬場に合わせたトレーニングをした為に良くいえばパワーアップ、悪くいえば必要以上に重くなっている。
軽さが身上の馬だけにあの"飛ぶ走り"は見られない可能性がある。


昨年アルカセットと激戦を繰り広げレコードタイムで走り切ったが僅か3センチ差で涙を飲んだハーツクライ
昨年末、有馬でディープを敗ってから更に初の海外GI(ドバイシーマクラシック)を制し、"キングジョージ"であわやの3着、確実に今が旬。
懸念すべきは間隔の開いたローテーション。

穴馬の出番がなさそうに見えるが果たして・・・
当初ぱっとしなかった招待馬だがだんだんいい感じになってきた。
うまくすればいつぞやのように日本の馬がGIを席巻するかも・・・
といったメンバー構成。
ステイゴールド、エイシンプレストン、アグネスデジタルの黄金期と比べると多少落ちるかもしれないが・・・でも着たhで切るメンバーと思う。


香港マイル(HongkongMile 芝1600m)
ダンスインザムード


香港カップ(HongkongCup 芝2000m)
スウィフトカレント
ディアデラノビア
アドマイヤムーン


香港ヴァーズ(HongkongVaers 芝2400m)
アドマイヤメイン
ソングオブウインド


香港スプリント(HongkongSprint 芝1200m)
メイショウボーラー
シーイズトウショウ

中央競馬会はIRPACにARFを通じて申請していた審査に通過し、IRPAC、ICSCの推薦を受け、SITAに最高ランクであるPartⅠの承認を受けた。

これまでPart2だったが平成19年度のレース予定でISCブック記載の競走数のうち過半数以上(111競走)を国際競走とした事で条件を満たし昇格した。

これにより国際グレードレースが現在の13競走から60競走へ増加、より国際交流がさかんになると思われる。(希望的観測)

審査基準は賞金だけでなく競走数、出走頭数、主要競走数、一定レベルの水準を保った競走、そして今回の課題だった国際競走化などに於いてPartⅠからPartⅢ(JUMPはPartⅣ)に区分される。
PartⅠに区分されているのは16ヶ国で世界で最上級のレースを実施している証明にもなる。

団体略称
IRPAC:国際格付け番組企画諮問委員会
ISC:国際セリ名簿基準
ICSC国際セリ名簿基準委員会
ARF:アジア競馬連盟
SITA:国際サラブレッド競売人委員会

レーティングなんかとはまた違う団体なんですな
(・ω・;`)ムジュカシイ
圧巻、としか言いようのないダイワメジャー貫禄の勝利。
今年まで連勝したことさえなかったダイワメジャー毎日王冠天皇賞秋マイルCSと三連勝で栄冠を掴んだ。
同一年の秋天、マイルCS勝ちはニッポーテイオー以来2頭目、両レース制覇はアグネスデシタル以来の3頭目で歴史的勝利と言える。
GIは2勝と3勝の間に高く聳える壁があるがものともせず、勝ち方も正攻法の横綱相撲、名馬仲間入りと言っていいだろう。
喉鳴り克服から素晴らしい復活、GIで用無し扱いされてきた社台名牝スカーレットインク系とドラマチックな要素もある。


次はどこか。
今年GIを2勝で年度代表馬も見えてきた。マイラーでも熟す事が出来る有馬記
念に照準を合わせても面白いだろう。
どうやら来年のドバイワールドカップも視野に入っているようだ。



鞍上にL・デットーリを配したコートマスターピース陣営だったが、スタートをゆっくり出て最後方まで下げた。最後は良く伸びて来ているだけに枠順に負けたか。
『ペースが上がった時、滑るような感じになり力が出しきれなかった』とフランキーは説明。
最後の末脚はなかなかの力だっただけに次走予定している阪神Cが良馬場ならこわい。
また、今週のジャパンカップもE・ダンロップ調教師─フランキーと言うラインが形成されている。
しかも乗る馬はウィジャボードだけに期待は膨らむ。



ダンスインザムードもかなり良く頑張ってはいる。
しかし、豊が『勝ったと思った』というくらいの脚勢も後半馬身が詰められなかった。
藤沢師もアレはダイワメジャーが強いよ、と敗戦に納得の表情。
武豊、今年もマイルCS制覇ならず、いまだ未勝利。



折からの小雨、メンバー層と懸念されていたレベルの低下も上位陣の強さを見れば問題なかったのではなかろうか?

タグ : GI

イマイチぱっとせずというマイル路線。
今年は安田記念もベスト条件のアサクサデンエンが負け外国馬に持って行かれた。

昨年の覇者ハットトリックは読み切れない部分があり実質昨年と比べ、どのくらいの力があるを計りかねる。


秋も外国馬。
以前来日したラクティは欧州トップマイラーであっさり負けて帰ったが、コートマスターピースもまた欧州トップマイラー。
ラクティと同じポリッシュプレセデント産駒。
違うのは本気度、気合いの入りかただ。
日本でマイルCS→阪神Cを予定しているのもその表れだろうし、なにより鞍上には世界No.1ジョッキー、ランフランコ・デットーリを配してきた。
一昨年のJCを見ても分かる通り、日本でも変わらない最高の騎手振りを見せている。


日本馬は傾向からいうと"若い馬が強い"傾向がある。
4歳が世代別では一番の好成績なわけだが今年は2頭だけ。
マイル以上に勝ち星がないシンボリグラン、牝馬のデアリングハートだ。
このレースはスプリント能力よりも中距離適性がある馬が有利。
また、牝馬は割と相性がいい。
しかし世代レベルが疑問。

活きのいい3歳勢はロジックの前走を見ても余りぱっとしない。

これなら寧ろ5歳で日本の総大将とも言える天皇賞馬ダイワメジャーが最右翼か。
人気にはなるだろうが府中での2戦を見る限りは物凄く強い。
ダンスインザムードは対ダイワメジャー1勝6敗と分が悪いが先着したのは2年前のこの舞台だ。


若駒がぱっとしないので老兵に目を向ける。
スワンSを快勝し復活の狼煙を上げたプリサイスマシーン、高松宮杯4着などがあるが中日新聞杯連覇等があるように本来は1800㍍前後に適した馬、鞍上は引き続きアイルランド帰りの松岡。
京都は得意のニューベリー、鞍上も京都は相性がいい(外ぶん回せるからか?)。
フジキセキ産駒は非力な分平坦な直線はプラス。
3歳からはキンサシャノキセキか。
デルタブルースに関して不穏な情報が流れてきた。
当初、メルボルンカップを勝った同馬に関しては吉田照哉社台グループ代表から
『次走は香港ヴァーズに出走を予定している』
という発表があったが辞退するもよう。

メルボルンカップ香港ヴァーズ有馬記念
という一連のローテーションだった筈だが、何故急遽変更されたのか?
メンバリングにも因るがもとより能力の高い馬なので勝算は充分にあった筈だ。


どうやらそこにJRAのお達しが入ったらしい。
JRAからの通達によれば
『次走予定している香港ヴァーズへの出走を辞退しなければ有馬記念出走は認めない』
といったものだったらしい。
「(JRA内規により)有馬記念に出走しないのなら(検疫場所として)競馬場を貸さない」
という通達だという話もあるが。


果たしてJRAの思惑はなんなのであろうか?
たとえ香港ヴァーズに出たとして有馬記念にも出走する意向があったのだから問題ないようにも思えるのだが、香港後の年内休養の恐れがあるためなのか、香港ヴァーズ有馬記念を連勝した場合年度代表馬に選出せざるを得なくなる為だろうか、はたまたJCJCDへの外国馬出走が少なかったため香港に日本の一線級はやらんというひがみ根性なのだろうか・・・いずれにせよ普通は勝算のある遠征を両手放しで喜ぶのが自国の競馬レベルを高めることにもなる、と考えるのが普通だろう。
ディープインパクトの薬物問題(イプラトロピウムではない薬物の通達があったとの話があるが・・)に端を発し、カワカミプリンセスの降着という事件で評判を落としているJRAが有馬記念の売上を確保するためにデルタブルースを半ば強制的に有馬記念に出させたいのだろう。


馬券売上至上主義ではこの先の日本競馬が危うい。
韓国馬事会に協力してる暇があるならもっと海外に行く馬を支援すべきだ。

デルタブルースはオーストラリアの歴史あるレースで歴史に刻まれる活躍をし、オーストラリアの競馬を楽しんでいる国民のほとんどに賞賛を受けた、この事例だけ見ても稀有なことであり、日本限定のレースよりも海外の大舞台で活躍してくれたほうが惜しみない拍手を送ってくれたオーストラリア国民にとっても嬉しい事ではなかろうか?

折角、世界レベルまで押し上げてきた日本競馬なのだからここいらで一気に遠征を増えるのを歓迎するべきだろう。
こんなことでは日本のホースマンの目は中央競馬会を見限ってしまうかもしれない。

それこそ大手オーナーブリーダーや大手クラブがこぞって地方競馬に移籍なんていう事態だって無いとは言えない。

公共機関での金儲け至上主義、これはいただけない。


ところで年度代表馬はどの馬になるのだろう?
JC,有馬記念の結果次第であることは百も承知だが。

今のところ
ディープインパクト:天皇賞春、宝塚記念
カワカミプリンセス:オークス、秋華賞
メイショウサムソン:皐月賞、ダービー

ハーツクライ:ドバイシーマクラシック、”キングジョージ”3着
デルタブルースメルボルンカップ、コーフィールドカップ3着
コスモバルク:シンガポールインターナショナルエアラインカップ

以上の6頭にそそ権利があるのだろう。
個人的には海外GIを勝利している3頭がJC,有馬記念のどちらかを勝てば最有力候補ではないかと思う。
03年阪神JFを勝ち、牝馬重賞戦線で活躍したヤマニンシュクル(牝5 父トウカイトイオー)が右前脚浅屈腱不全断裂で競走能力喪失と診断され引退が決まった。

怪我の原因は先日のエリザベス女王杯で一位入線したカワカミプリンセス(12着降着)が斜行した際に不利を受け12位入線後に騎手が下馬していた。

ヤマニンシュクルの祖母はティファニーラス(米最優秀3歳牝馬)で繁殖としての価値も高そう。
今後は治療後に繁殖に上がる。
ジャパンカップ、ジャパンカップダート共に今年は外国馬が寂しいことになった。


JCDに関しては外国馬は0。
かつて、リドパレストータルインパクト、そしてラヴァマン等も参戦し国際競走としてはかなりの株に上がってきた状態だっただけに今年の外国馬参戦0というのは残念でならない。


ジャパンカップも以前のように錚々たるメンバーとは行かないようだ。
今年はハリケーンランプライドらの参戦も囁かれたが、ハリケーンランは凱旋門賞に続きBCでも大敗。完全に調子を崩したのだろう。
プライドディープインパクトからイプラトロピウムが検出され、その実力に興味はない、という捕らえ方をされた可能性もある。(外国メディアには)
まぁ、単に遠征がどうか?といった話だろうとは思う。
※余談:イプラトロピウムについて[臭化イプラトロピウム]
凱旋門賞後の検尿でディープインパクトの体内から検出された薬物であるイプラトロピウムは、実際競走能力に対してどれほどの補助効果があるか、という話を小耳に挟んだ。
結論から言えば『ほとんど効果はない』のだそうだ。
呼吸器の治療のため器官拡張させる際に使用されるのがこのイプラトロピウムであるのだが、健康な呼吸器官を有している場合には効果があることは殆ど無く、ディープインパクトは大きな呼吸器疾患を持っていなかったことから何ら効果は無かったという可能性が高い。
実際、ネゴシエーターのような重度の呼吸器疾患を持っている馬には必需品であり、これの使用が認められているアメリカ競馬に移籍した例もある。通常はダイワメジャーのように[手術]という選択肢が一般的なようだ。
馬に使用されるよりも人間に使用されることのほうが多いだろう。
人間の場合、喘息、慢性気管支炎や肺気腫など慢性閉塞性肺疾患(COPD)の治療に投与される。



実際に参戦してくるのは
ウィジャボード、そしてフリードニア
ウィジャボード(Ouijaboard)はもう説明不要の世界的女傑。
04英オークス、04愛オークス、04BCメアターフ、05香港ヴァーズ、06プリンスオブウェールズS、06ナッソーS、06BCメアターフとGIを7勝。通算成績21戦10勝。[10.3.4.4]
掲示板をはずしたことは05年のプリンスオブウェールズSで7着に敗れたときだけ。
非常にタフで粘り強く勝負根性、そして瞬発力も超一流というに相応しい。
由緒あるダービー卿の持ち馬であり英国淑女といった感じか。


もう一頭の来日馬フリードニア(Freedonia)
コチラも英国産の牝馬(調教は仏国)
7戦3勝で重賞タイトルはG2を1勝しただけだが甘く見ないほうがいいかもしれない。
通算成績は[3.2.1.1]とまだ底は見せていない。
GIに2回挑戦し、メルヴェイユ賞はマンデシャの4着だったが、アメリカベルモントパーク競馬場で行われたジョーヒルシュターフクラシック招待S(G1)ではBCターフで3着だったEnglish Channel(イングリッシュチャネル)の2着。
実は軽い馬場に適性が高いのかも知れない。



Ouijaboardの血統
Cape Cross
×
Welsh Pageant(Tudor Minstrel系)
×
Silly Season(Tom Fool)
×
Alycidon

英国産馬の割りに重さを感じず、軽快な足取りでといったイメージ。
欧州を出てアメリカの馬場でも好走できるのはこの辺りのお陰だろう。
底力も備えており今の活躍も頷ける。


Freedoniaの血統
Selkirk(Sharpen Up)
×
Caerleon
×
バイアモン(Blushing Groom)
×
Northern Dancer

コチラも重さとはかけ離れた感じ。
日本の馬場へ対する適性はもしかしたらOuijaboardより高いかもしれない。
セルカークは今年、日本で新馬戦を高評価で勝ち上がったゼットカークが居る。
父さえ日本の馬場に合えばかなりの確率で上位に食い込んできそうだ。
先日新馬戦で3着に敗れた4億9千万円の馬、ザサンデーフサイチ(父ダンスインザダーク、母エアグルーヴ、牡馬2歳)が11日の調教後、右後脚第三足根骨板状骨折で戦線を離脱。


通常の骨折と違いこの骨折は手術ではなく自然治癒を待つしかない。
故に怪我が完治するのには9ヶ月が見込まれている。
春のクラシックは絶望。


完治に関しては時間がかかるものの可能。競走能力への影響も少ないと見られ管理する池江寿調教師は
『能力が高いのは分かっているので古馬になってからGIを獲りに行きたい』
とコメント。
実際、活躍した姉、アドマイヤグルーヴも5歳まで頑張り、その歳も勝ち星があった。
サンデーサイレンスより晩成傾向が強いダンスインザダーク産駒であるザサンデーフサイチには結果的にデビューが早かったようにも見受けられる。


天皇賞秋当日にあわせたがオーナーの意向だったのかな?と。
どうしても注目株は大きいレースのある日にデビューさせたいようなので仕方はないのだろうが。


POGの持ち馬としている方には申し訳ないがここで骨折したことで将来性が殺がれずに済んだような気持ちもある。
このタイプの馬はじっくり構えて馬の成長度合いによってレースを選ぶべきであり、人間の考えているローテーションでは負担をかけることもありそう。来年の8月に完治、そこから力をつけ来年いっぱいで順OPまで上がればいいのではないかと思う。


但し、再三思うのだが、この一族は牝馬に期待したほうがいい。
JCDと同じくジャパンカップの選出馬も招待の状況が発表された。
来日を楽しみにしていたハリケーンラン、プライドの両馬が共に辞退。
マラーヘル、イングリッシュチャネル等も軒並み辞退した。

追加選出馬を含めて受諾は4頭。

世界的な名牝になっているウィジャボード(Ouijaboard 牝馬6歳 英ダンロップ厩舎)が昨年5着の雪辱を果たしに参戦。

今年の仏ダービー2着があるベストネーム(Best Name) 。
追加招待で受諾が2頭 ここ数年超一流の馬が参戦し始め、日本競馬の関心が高まっていた時期に薬物問題はイメージダウンだったようだ。

今後JRAは薬物への規制、現在想定されていないものに関しても規制を設けるべきだろう。

選出馬は続きから。

UtopiaがJCDを辞退。
今年のゴドルフィンマイルを勝ち、チームゴドルフィンにトレードされたUtopia(牡7 英B・スルール厩舎)は移籍初戦としてジャパンカップダートに登録していたが正式に辞退。
他、選出されていた強豪馬Lavaman、Invasor等も辞退。
選出馬は登録していた馬の中では取り立てて実績のない英国馬Kandidateのみとなった。
力を付けたラヴァマンの再来日、BC馬インヴァソウル、そしてユートピア、相次ぐ辞退。
毎年の事でもあるが今年は最もひどかったのではないだろうか。

タグ : 遠征

秋の女王決定戦、エリザベス女王杯。
データ的には3歳馬不利だが今年はファインモーション以来2頭目の無敗のGI馬、カワカミプリンセスがいる。
また、今年の3歳牝馬は夏に早くも重賞で古馬を破ったソリッドプラチナムなどもおり粒ぞろい。世代レベルはなかなかのものだ。
カワカミプリンセスの真骨頂は勝負根性にある。
調教でもその勝ち気さを出すのでセーブしながらも好時計を連発。
無敗で牝馬変則三冠に王手。期待していい。

対する古馬勢はスイープトウショウだろう。
宝塚記念勝ちは決してフロック等ではないだろうし、前走の天皇賞秋も苦手な遠征競馬ながらも掲示板に載りかっこうは付けた。

しかしながら気難しさがあり今回もレースに臨む精神状態が鍵。
前走の負けかたを引きずらなければ〇。牡馬相手だった故にショックは少ないだろうし、2走ボケの可能性もある。陣営からしても敗因が掴めないのは確か。

実質この2頭の一騎打ち。
馬場が酷い不良になればアサヒライジングの先行力が侮れない。
多田信尊氏が代表を勤めるグローブエクイワンマネジメントがキーンランドノヴェンバーセールで05ミラノ大賞典、05年インターナショナルS、06年ドバイワールドカップを制覇し、心臓発作で9月に急逝したエレクトロキューショニストの半弟(父Montjeu 牡0歳)を落札した。
落札価格は北米当歳馬史上最高価格の270万ドル(約3億1725万円)


血統は
Montjue
×
アラジ
×
エラマナムー
×
Levmoss(トウルビヨン系)


父がレッドランサムだったエレクトロキューショニストとはずいぶん違うタイプにでそうだ。
ロベルト系からサドラーズウェルズ系へスイッチ。
より芝の長距離にむく血統となったが重い芝で結果を出すタイプになりそう。
日本よりも欧州のほうが適性が高いと感じる。
函館ではものすごく走りそうだ。
母の父であるアラジの血が強く出れば広い競馬場向き+軽い馬場でもそこそこやれそう。


00,01年のエミレーツワールドレーシングシリーズ覇者で2001年に欧州年度代表馬他のタイトルを手にし、世界最強といわれたファンタスティックライト(牡馬10歳)が日本で繁養されることになった。

現役時のオーナーと同じくゴドルフィングループで種牡馬生活を送っているファンタスティックライトが同グループ内である北海度日高町にあるダーレージャパン・スタリオンコンプレックスに移動する。

本馬は現役時代ブリーダーズカップターフ(G1)、アイリッシュチャンピオンS(G1)、タタソールズGC(G1)、香港国際カップ(G1)、プリンスオブウェールズS(G1)、マンノウォーS(G1) の勝利を挙げワールドレーシングシリーズを00年、01年と連覇。
日本ではジャパンカップに来日し当時全盛期だったテイエムオペラオーとタイム差なしの3着。
日本の馬場にも適性を示した。
通算成績[12.5.3.5]


現在、日本で○外として活躍しているのが現3歳世代のジャリスコライト(京成杯)、ナイアガラ(すみれS)と3勝している産駒を出している。

ファンタスティックライトの血統は
ラーイ(ブラッシンググルーム)
×
ニジンスキー
×
キートゥザミント
×
クアドラングル(ブランドフォード系)
×
ニアークティック
FNo.[14-c]


牝系は
従兄弟Cape Town(フロリダダービー)
Golden Attraction(フリゼットS)
祖母Kamar(カナダオークス、年度代表繁殖牝馬)
叔母Seaside Attraction(ケンタッキーオークス)
Gorgeous(アシュランドS)
叔父Key to the Moon(加国年度代表馬)
近親にスウェイン(英ダービー)
と超一流の血統。
改装工事中だった阪神競馬場がついに改修工事が完了しお披露目となる試走会が6日に行われた。
「大きいなぁというのが第一印象。カーブも緩やかで走りやすいコースですね」と武豊も絶賛。


今回の改修工事で最大のポイントは3コーナー奥の土地を買収したことで外回りコースが実現された。
外回りコースは1周2089メートル、直線474メートルとJRAの右回り競馬場では唯一の1周2000メートルを超えるコースとなった。

気になる直線の長さは従来の352メートルから122メートル延長の474メートルとなった。
この外回りコースについては武豊ジョッキーが
「3角を回るところに5ハロン標があるんですが、“まだ1000メートルもあるの?”って感じです。頭の中にある阪神のイメージを変えなくてはなりませんね」
とコメント、3コーナーの半径が大きく拡大されたことで走りやすくなっているようだ。

桜花賞はこの新設された外回り1600メートル戦になり、従来の1コーナーシュートのスタートから、向正面スタートとなる。
マイルコースに敏感な福永ジョッキーは
「マイルは乗りやすくなりますね。まぎれも減って、力のある馬が力をそのまま出せるんじゃないですか」
とコメント。


他、新設されるコース、距離は芝外廻り1600m、1800m、2400m、2600m。
それに加えダートの2000メートルが設置される。
ダートコースは直線を3m延長した以外は変更がないが芝コースの直線入り口にポケットがあり、芝コースを78メートル横切りダートコースに入る。
ダート2000メートルというのはJRAでは約18年ぶりの復活。
BCクラシックでInvasor(インヴァソウル)の2着に敗れたBernardini(バーナディニ 牡馬4歳 米)がこのレースを最後に引退することが発表された。
生涯戦績[6.1.0.1]
06年1月にガルフストリームパークのメイドン(ダ6F)でデビューし4着に敗れる。
2戦目は同じくガルフストリームパークのメイドン(ダ1マイル)で迎え見事勝利。
以後、アケダクト競馬場のウィザースS(ダ1マイル G3)
米三冠レースの2戦目ピムリコ競馬場のプリークネスS(ダ9.5F G1)
サラトガのジムダンディS(ダ9F G2)
同じくサラトガの”真夏のダービー”トラヴァーズS(ダ10F GI)
ベルモントパークのジョッキークラブGCS(ダ10F GI)
まで約7ヶ月間でGI 3勝を含む6連勝を飾った。


来年からは米・ケンタッキー州レキシントンのジョナベルファームにて繁養される。
この牧場は馬主であるダーレーグループの牧場。
初年度の種付け料は約1200万円(10万ドル)になる見通し。


バーナーディニの血統は
A.P.Indy
×
Quiet American(ファピアノ)
×
Spectacular Bid(ボールドルーラー系)
×
Northern Dancer
11月7日 豪州フレミントン競馬場で行われたメルボルンカップは日本から参戦した菊花賞馬
デルタブルースが優勝。
二着にはデルタブルースと共に渡豪していた同厩舎の目黒記念馬ポップロックが入り見事日本馬がワンツーフニッシュを決めた。(出走頭数23頭)
デルタブルースの道中三番手からそのまま押し切る横綱相撲。
それに追い込んで短頭差まで食い下がったポップロック
3着のMaybe Better(メイビーベター)はその4.1/2差と圧倒的な差でのワンツーだった。


メルボルンカップは今回で第146回を迎えた歴史のある競争であり南半球では最大のレース。
非常に国になじんでいる競走でメルボルンカップ当日は祭日になり国の大半が注目する。
過去に外国馬の優勝は93年と02年にアイルランド調教馬が優勝したのみで、日本の馬にしてみても南半球での勝利は初となった。

今回はエイダン・オブライエン厩舎のYeats(イェーツ)が外国の強豪場として捉えられていたが7着に敗れた。


デルタブルースポップロック共に前走は既報の通り同豪州のコーフィールドカップに出走し3,7着だった。


この大目標に向け馬にも人にも準備期間を用意し、試走し、試行錯誤しながらの歴史的勝利。
強いだけで海外に通用すると思っている陣営に是非見習っていただきたい。


デルタブルースの血統は
ダンスインザダーク
×
Dixieland Band
×
Alleged
×
Sir Ivor(サーゲイロード系)
×
Better Self(ドミノ系)

スタミナと底力に長ける血統。
父の父SSと母の父ディキシーランドバンドが日本の馬場に対応できる軽さを補っている。


ポップロック
エリシオ
×
サンデーサイレンス
×
Secretariat
×
Icecapade (ニアークティック)
×
T.V. Lark(ナスルーラ系)

基本的にアメリカンパワフルな配合だがセクレタリアト、サンデーサイレンスでバランスの取れたスピードとスタミナ、そこにエリシオがマッチしたか。
BCクラシックが行われた11/5のGI着順を遅ればせながら。
アストンマーチャンはさすが豊、といえる騎乗、父の産駒は大躍進の感がある。

二着のイクスキューズも藤沢厩舎らしい走りだった。こちらはボストンハーバーだけに早熟さもありそう。

3着のハロースピードまで好評価を受けていた馬。

ここからはレース全体というよりハロースピードの回顧。
今回は余りに下手乗りすぎる吉田隼人。

コメントでは『テンに行ける速さがないので最後はその分』
と言っていたが前走不利を受けながらの末脚一気で勝った為に何も考えずに乗りすぎた。
あれだけ速い馬場であの位置取りでは‥

いくらなんでも4コーナーで後方馬群、届く訳がない。そんな位置からの3着確保は馬の地力以外の何物でもない。掴まっているだけなら猿でも出来る。馬に過度の負担をかけたレースと言える。
馬を壊しまくっていた時期の蛯名のような乗りかた。

阪神JFでは取り敢えず乗り替わりを希望したい。幸い当日はWSJS当日である為、海外のビッグネームが乗る可能性もある。

吉田隼人は目の覚めるような好騎乗も出来るのだから気負い過ぎずもう一度振り返って馬優先の乗りかたをして欲しい。
そうでないとゆくゆく自分の首を締めることになる。

馬自体はソコソコ成長も見られた。
トップガンの特長と言える自在性も魅力。
距離を延ばしてどうかだが、体の柔らかさと大きなフォームからは何等問題ない。後は使い方次第か。

ハロースピードの血統は
マヤノトップガン
×
セクレタリアト
×
ベイルジャンパー
×
ブリアンジー
×
ボスウェット

母のアメリカンな配合がマヤノトップガンが有するブラッシンググルームとマッチングしたかたち。
通常、相殺されがちな柔らかさとパワーが両立された例。
一見すると馴染みのない血統が並んでいるが、祖母の父はダマスカス系、ヒ祖母の父はブランドフォード系と言えば想像も付きやすいだろう。
ファンタジーS
ここをステップに一気に有力候補として押し上げるのが常。
今年も素質馬が揃った。


新馬→特別と連勝したハロースピードが有力。
マヤノトップガン産駒ながら短距離戦で連勝。
必ずしも適性があると言い難い距離で連勝している辺り大器の片鱗を覗かせている。
中間は放牧に出し、馬体も精神的にも成長、早くも春のクラシックの呼び声高いだけに期待したい。


データ的に歩が悪い1800からの転戦馬イクスキューズよりも、魅力を感じるのはマンハッタンカフェ産駒のスマートカスタム。
抽選の壁はあるが初戦は函館2歳S勝馬のニシノチャーミーに3/4差負け、二戦目は高い能力を示しているナムラマースをコンマ1秒退け勝ち上がった
マンハッタンカフェは新種牡馬だが一年目からマンハッタンバー、ヴェルトマイスター、エイシンイチモンジ等を出し勢いがすごい。
SS系の後継種牡馬としてはかなり有力だ。

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。