1. 無料アクセス解析

2007年05月

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
惜しくもドバイ制覇はならなかったが現役トップクラスであることは間違いないダイワメジャーの国内初戦。
最近は海外遠征後もガタッと崩れることも少なくなった。
輸送にたいするノウハウが蓄積されてきたのだろう、パート1国に恥じない輸送技術になってきた。

昨年の天皇賞秋を制した力は衰えていないと見る、が、それより強い可能性の馬が居るかどうかだ。

日本馬を挙げるとすれば
コンゴウリキシオー
エイシンドーバー
スズカフェニックス

コンゴウリキシオーは結果が冴えないステップだが今年から阪神は実力さの出やすい馬場になっている為、傾向が変わる可能性はある。
やたらこのレースに相性のいいNorthanDancer系。
父ストラウ゛ィンスキーの父ヌレイエフからはブラックホークがこのレースを制している。
脚質的には逃げ馬が結果を残せていない、気掛かり。

エイシンドーバー
1400のGIがあれば漏らさず取っているだろうプリサイスマシーンと1400で同着優勝は見所あり。
東京マイルもGIIIながら重賞制覇の舞台。脚質からも買いの一頭。

スズカフェニックスは中距離を中心に使われてきた素質馬だが結果が出ず短距離に転向、これが功を奏し見事GIウイナーなった。
ステップはあまり良くなく高松宮記念馬には厳しい一戦。
加えて中距離適性がないと勝てないレースだけに短距離に活路を求めた同馬はお客様の可能性は高いか。
スポンサーサイト
07年ダービー(東京競馬場)

sunzepp

サンツェッペリン


laurelgere

ローレルゲレイロ


asakusakings

アサクサキングス



fusaichihouo

フサイチホウオー


vodka1

ウオッカ 馬場入場


vodka2

ウオッカ 返し馬


vodka3

ウオッカ 勝利後


vodka4

ウオッカ 表彰式



目黒記念(東京競馬場)
chakra

チャクラ 返し馬


chakra2

チャクラ レース


adomirefuji

アドマイヤフジ
サンデーサイレンスのいないダービーは64年振りの牝馬での制覇で幕を閉じた。

今年の牝馬はレベルが高い事はしられていたがまさかここまで強いとは。
3馬身突き抜けた強さは見ていて鳥肌が立つくらいだった。
父に酷似した体型、そして距離経験の無さから軽視したが、全く問題ではなかった。
時計もこの時期の牝馬にしては破格、牝馬のレベルではない。
しかし、流れ的に極端に総合力が問われる流れではなかった。
その証拠にウォッカ自身が出した上がり3F33.4のタイム、それが物語っている。
桜花賞ではダイワスカーレットにやられたが、安藤勝の頭脳プレイの結果だった。
タニノギムレットの初年度産駒だけに今後の成長力は全く分からないが一先ず、秋を期待したい。

2着は大波乱の主役アサクサキングス。
実はヴィクトリーがいなければ本命視しようかという馬だった。
無印なのは逃げられないと踏んでいたから。
見事マイペースの逃げ、ホワイトマズル産駒のもっとも得意なパターンで逃げた。あれでは止まるわけがない。
今後もマイル以上の同じパターンでは好走必至。

3着のアドマイヤオーラの乗り替わりが果たして吉と出たか凶と出たかは定かではないが思ったより走った。

4着のサンツェッペリンは正攻法でこれは立派。
京成杯馬というのが気掛かりだが先々も楽しめる。

2歳王者は5着。
スタミナを無駄に使わない小柄な馬体がいいほうに働くと見込んだ。
掲示板なら立派。

単勝1.6倍と期待されたフサイチホウオー、皐月賞馬ヴィクトリー、期待したナムラマースは雁首揃えて789着に消えていった。
ホウオーはダービーの雰囲気に呑まれイレ込み、ヴィクトリーは気性の悪さが前でなく後ろに出、ナムラマースはよくわからない内にいなかった。

して、またしても200万馬券。
稼ぎ時ですよww
一番人気が強いのでフサイチホウオーを素直に狙いましょう!と言っておきます。

しかし先述の通り、父であるジャングルポケット程の東京特性はないとみます。
東京がベストな事は確かですが、基本的に大種牡馬をの直子で父を越える馬滅多には現れません。
後継種牡馬は父の劣化型が基本。
近年の日本に於ける大種牡馬は御三家と呼ばれたSS、BT、TB。

ならばその直子を狙うのがセオリーではないか?
と、言うことで皐月賞の本命だったヴィクトリーの2冠制覇に期待します。

3着はそこそこ難しいレースだと思います。
本命と対抗がほぼ反対の脚質なので普通に考えたら目茶苦茶な予想ですよね。
ヴィクトリーが逃げると仮定するとそこそこのペースで後続になし崩しに足を使わせるのでは?というスタンスであればドリームジャーニーを狙いたいところ。
小柄で非力な感じがしますがスタミナを温存できるタイプかと。

体が柔らかいナムラマースは小回りよりも広い馬場がいいでしょう。

追い込む馬ならタスカータソルテにそれっぽさがみえます。
ウオッカに関しては強さを認めても距離経験、体型などが重なって引っ掛かります。

◎ヴィクトリー
○フサイチホウオー
▲ドリームジャーニー
△ナムラマース
△タスカータソルテ
ドリームジャーニー
結構人気の盲点になっていそうですよね。
父ステイゴールドは2度海外重賞を勝っていますがいずれも2400。
小柄で無駄にスタミナを消耗しない様に見えます。
切れる足もあるはずですし、ひそかに期待しています。

ヒラボクと2頭出しの人気薄になりそうなアサクサキングス。
父ホワイトマズルは短距離馬(ビハインドザマスク)から春天馬(イングランディーレ)まで出す超万能種牡馬。
しかし、産駒にそれほどの融通性がある訳では無さそう。
2400はどうなんだろう。
皐月賞2着もフロック視されてそうなサンツェッペリン。
その後奮わないパターンが定着している京成杯馬で父テンビーとちょっと厳しいかな感はあります。
未知の魅力もあるんですけどね。

京都新聞杯勝ちのタスカータソルテ。
ジャングルポケット産駒。
鞍上がアドマイヤオーラと交代ということで武豊に交代。
テン乗り制覇ってどうなんでしょうねぇ。

そのアドマイヤオーラ
馬体や血統から言っても厳しそう。
一番合ってる筈の皐月賞があの負けかたでは力負け感が。

プリンシパルSからはゴールデンダリア。
フジキセキ産駒でプリンシパルS勝ちはよく頑張ったと思います。
祖母がアレッジド×ボールドビダー×アルサブで底力とスタミナが生きていそうです。
まずは皐月賞馬ヴィクトリー。血統的には全く問題ない。伯父にダービー馬、兄はGI2着馬の母系に大一番に強いBTが父で寧ろもっともこのステージに向いていそうだ。
気性面の心配があるが、そこそこ速いペースでハナにいっても、そう簡単には止まらないスタミナもある。
掛かったらおしまいだけど(;´・ω・)

皐月賞惜敗も強い競馬と称賛されたフイチホウオー。
恐らく一番人気でしょう。
皐月賞1枠1番、3着は父ジャングルポケットとダブるとされてましたが‥うーん、実際父よりも器用だと思います。
それだけにトニービンカラーは父より薄い訳で‥
母父SSを未だに信用できません、重賞ならありですがダービーとなるとね。
並んだら抜く勝負根性は外からビュッとこられたら危ういですね。

連続2着が目立つ青葉賞からはヒラボクロイヤル。
結構好きなタイプです、地味な感じで。
勝ち切れるような強さは感じませんが控える競馬に切り替えてからは徐々に破壊力が増してる感じ。
タニノギムレット産駒は正直まだわからないことが多いですが自身のBTからきた底力よりも、クリスタルパレスのタフさが産駒に出ている気がします。
ギム×ミスプロ×NDでよく2400走るなぁと言った印象。
ギムにあるシーバード、グロースタークと母にあるプリンスキロが反応してる?

43年ぶりの快挙に向けて挑む牝馬のウオッカ。
父にそっくりな体形で牡馬並の体をしてます。
しかし、ダービーを目標におくなら牝馬クラシック路線は捨てるべきかと。
距離経験も厳しいですしね。
牝馬の優位性もこの時期にはかなり小さいものですし。
さて、POGも決算期となるダービーですよ!
もうね、ダービーに持ち馬がでねぇですよ、今更あがいても仕方ないので当てるほうで頑張ろうと思います。

データ的な絞りかたは最近失敗してるんですがこれもSS効果でしょうかね。

なので極端に『どうなのよ?』的な馬でなければ狙えるのかな?と。

そしてフサイチホウオーはやっぱり強いの?と。
久々のクラシックBTヴィクトリーに頑張ってほしいでんな。

この2頭と青葉賞馬ヒラボクロイヤル、タスカータソルテ、ゴールデンダリア辺りに人気が集まるのかな?と思います。

人気の盲点的には毎日杯馬ナムラマースもそうですが、実は距離延びても問題ないドリームジャーニーがおいしいかもです。
5月20日、シンガポール、クランジ競馬場で行われたSingapore AirLines International Cup(星GI、芝2000㍍)は、日本から参戦のシャドウゲイトが優勝、2着には連覇を狙った五十嵐冬樹騎乗のコスモバルクが入り日本馬がワンツーフィニッシュを飾った。
5号機トップクラスの破壊力を持つリングに賭けろ。
最近こればっかり打ってます(;´・ω・)
勝率でいうと8割くらいだけど収支はショボイです‥

ホール着19:00、6台中5台埋まりで空きの1台に座る。
座ってデータ見る→BB5回1/690→REG4回→ただ今ボーナス間1000ハマリ→こんなもん打てるか!ヾ(`Д´)ノ→状況のデータをみると600ハマリ→3連→700ハマリ→4連→800ハマリ→現在、ちょいと気になる出方。
それでも高設定はないとみてGTO見て、メゾン見て、ライダー見て、溜息ついてさっきのリン賭にw

熱い演出もなくあっさり11kいかれますた、ナムー
5号機で初期投資が嵩むと凹むわー(・ω・`)
んで12k目。

第三停止暗転→石松Battleヾ(・∀・)ノ♪→一発目にテリオスであっさり勝利。
白揃い。

ボーナス中のクイズなんですが半分過ぎても一問も無しw
まあ、合計5問は出ましたが志那虎の身長なんてシラネーヨ!(173㎝だそうです。)

RT97G目黒チェ河合Battle→白揃い
RT後10G3停止剣崎特訓(回想無し)→ギャラクティカマグナム赤揃い
RT後300スイカ→暗転シナトラ特訓→扇風機高速→ローリンサンダーΣ(゜ロ゜ノ)ノ赤化け
RT20Gチャーンス高速点滅→白白赤
RT90ゴング黒チェ→ここできめるっちゃ!→復活赤々白
RT消化後10G貴子ネーサン→河合→負け‥(´゜Д゜)入れよ!
たいてい入ってますが河合対決は外れを2回体験してます‥
攻略サイトは100%って(´;ω;)

15G緑新聞から黒チェ→赤々白
RT後100ヤメ

まーそんなこんなで流して1900枚。
3時間で26k程プラスでした(`・ω・)b
それにしてもプレミアでねーなw
まあ、高速扇風機→ローリングサンダー完成もある意味プレミアっぽい気もしますがね。

Winning The Rainbow!
20070517190247
さーて樫の女王決定戦、優駿牝馬ですよー
オークスってレースはダービー卿が惚れちゃった女性のために創設したんですな。
その女性が樫の森に住んでいたからなんですって。
いやー、やりますな、ダービー卿。

このレース、スタミナ型を取るか完成度の高い馬を取るかが運命の分かれ道。
スローの瞬発力勝負ならベッラレイアみたいな切れるマイラーに育つ馬が有力。

逆にスタミナ勝負ならいい脚を長く使える馬が有利。

1強とも言われるダイワスカーレットは両方とも中途半端?

まあ、頑なにベッラレイアマイラー説を唱えてますがw

ミンティエアーのほうがよほど魅力はありますが、いかんせんタキオン産駒。
2400消しかもよ。
ダンスの牝馬もGIは辛そうだし。

父ならスペシャルウイーク、マンハッタンカフェ、オース、トウカイテイオー、して我らがマヤノトップガン。
母系ならチャクラの半妹ザリーンでしょう。重厚なドイツ血脈です。

人気馬に手を触れられなくなりそうですが、春のGI大波乱の流れは簡単には止まらない気がします。
春の古馬牝馬マイラー決定戦は大波乱の幕切れとなった。
東京マイルに実績のあったコイウタが勝ち、鞍上はデビュー5年目にして松岡が初の戴冠。

えーっと‥難しいって!
三連単220万馬券なら逆に筋道が見えてくるはずなんだが全く見えなかった。

東京マイルGIはSS系切る!っていうセオリーはこのレースには通じないんすね(´・ω・)
SS系以外の5頭を買ってたよ‥
コイウタはちらっと、ホントにちらっと『アリジャネ?』と思った。デアリング、ライジングは好きな馬です・゜・(ノД`)・゜・

まあ、難しいわ。
あ、上位入線した馬は次走きついかも‥
マイル戦を1'32"前半で乗り切った馬は次走9割がた凡走しますんで、ヨロシク。
牡馬にしっかりしたマイラーがいない今、安田記念もあれそうです。
安田記念はSS系全部切ります!
アドマイヤマックスくらいしかいないっしょ?
春の古馬牝馬最強決定戦ヴィクトリアマイル。
今年はサラっと見ただけで堅そうな感じがする。

新しいパートナー、幸四郎を鞍上に迎え順調な無傷馬カワカミプリンセス。
ぶっつけだが仕上がりよく問題なさそう。
既に秋の時点で古馬にも敵無しだった。

そのエリ女あたりから調子を崩し始めていたスイープトウショウ。
今期始動戦を飾ることは出来なかったが2着で無難にまとめた。

この2頭が抜けているだろう。
死角はあるが地力が違う。

今年は気温が上がるのが早かっただけに夏向きの馬が快走する感もある。
3着はスプリングドリューを推しときます。
NHKマイルCが頭から離れない人は結構いると踏んで本命サイドでもソコソコ配当が‥の予感。
終わってみれば戦前の下馬評がいかに意味のないものだったか。
ブービー人気のピンクカメオが勝ち、一番人気ローロルゲレイロが定位置2着、3着には殿人気のムラマサノヨートー。

戦前のレベルの面では高い、低い両方の評価があった。
しかし実際は雨の降り方もありごった煮状態。
適性勝負だった感もある。

ピンクカメオはフレンチデピュティ産駒でこういった馬場はいかにも得意。
半兄が安田記念を勝ったブラックホークで底力、東京適性はお墨付きのファミリーなんだろう。
母父は決して東京向きとは言えないSilverHawk
成績を見ると交互質にも見えてくるが‥
内田博幸は初の中央GI制覇。
次走はオークス。

ローレルゲレイロはよくも悪くも相手なりで勝ち切れなさという持ち味を最大限に生かしたか。
5度目の重賞2着。
3着馬と共に父キングヘイロー。
母父テンビー

ムラマサノヨートーは外からグイグイ伸びた。
気分を損ねない様に乗った結果。
最高峰の大外枠からこれだけやれるのだから時計がかかる馬場では今後に期待。
父キングヘイロー
母父ヘクタープロテクター

配合を見てみると3頭ともに父ND系。
母父はロベルト、カーリアン、ミスプロ
他条件では席巻しているSS系は父、母父とも一切見受けられない。
元より東京マイル戦ではSS系は不利、と覚えておこう。
さてさてNHKマイルC。

以前はマル外ダービーなんて呼ばれ方もしてましたが決して外国馬が強いって訳ではなく強いけど規定でクラシックに出られなかった馬たちが獲りに来たタイトルでマル外ダービー。
結構大きな違いがあると思います。

シンボリインディ、イーグルカフェ、シーキングザパール、エルコンドルパサーと勝ったマル外はエリートばかりです。

マル外が席巻していた時代もクラシック開放と共に終わり。ウインクリューガーとかマル父でも勝ってるわけです。
あの年は2着がエイシンツルギザンで荒れました。

今年のメンバーを見るともう大混戦。

勝ち切れないローブデコルテ、骨折明けナリタオースミダイドウ、抽選が待ってるスズカコーズウェイ、せめて桜花賞勝ち負けしたら来なさいよイクスキューズ、グレードレースでは逃げられないと脆いんじゃない?アサクサキングスなどなど不安がある馬が人気しそうです。

じっくり検証してサクッと高配当と行きたいところです。

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。