1. 無料アクセス解析

2008年06月

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本命はメイショウサムソンだったのですがアサクサキングスのあのよれよれ走法に巻き添えを喰らっては致しかたないですね。
数戦前同様に豊は『大きいレースなんだから、きれいに乗ってほしいよね』と苦言を呈しておりました。
最近、中堅~主力ジョッキーの騎乗の荒さが目立ちます。
藤田も模範騎手後に騎乗外で処分を喰らってからは見る影も無い。
池添は人の迷惑省みず。
四位は馬を制御しない。
安藤勝はギリギリのラインで走路をカットする。
さて、栗東のジョッキーばかりですね。ハングリーなのとガツガツ荒いのは違います。あんちゃんじゃないんだから。

話を戻すと3着のインティライミもフラフラキングスにやられました。勝ったエイシンデピュティは不利を被らない終始先頭と不良に近いような道悪がはまりました。
ウッチーのファインプレーでもあり、地方時代の内田博幸が戻ってきた感じです。

もちろん、馬自身の能力は高く、また、フレンチデピュティには珍しく晩成タイプで成長力は抜けていました。あがりの速いレースだとどうかですが今回の結果をフロック視するのは危険です。私は連下評価でインティライミは無印でした。
今後は毎日王冠から秋天を目指しますが、道悪にならない場合は左回りが苦手な馬だけに切ることもできそうです。

最後にロックドゥカンブですが左後脚繋靭帯断裂とのこと。
恐らく競走能力喪失に近いものがあるでしょう。岩田は入線まで走らせましたが、途中で左トモに違和感を感じたと言っており、なぜすぐに止めなかったのか?と疑問が湧きます。

後味の悪いレースだったのは確かな事ですが、ウッチーのバク宙で少しは救われた…でしょうか?
スポンサーサイト
統合女王の復権。
昨年のダービー以来精彩を欠くレースが続いていたウオッカが古馬を含めた牡牝の頂点に立った。
ダービー以後は秋華賞3着や世界を向こうに回してのドバイDF4着、前走のヴィクトリアマイル2着など悪すぎる成績ではなかったが、やはり世代の最強であるダービー馬としてはこれ以上の連敗は許されない状況であっただろう。
主観としては『やはりウオッカか』というのが感想だが、それは07年のダービーが"マイルのレース"であったことに裏付けされているからにほかならない。
府中でマイル+αのレースをし結果を残していたし、負てはいたが世代間の力関係で劣っている訳ではなかった。
安田記念史上最大の着差だし、言うことはない。
府中のマイル~2000が最適条件だろうし、女王統治はしばらく続きそうだ。
今年のダービー馬を除いては。

2着に粘れたアルマダも強い内容だった。
一昨年の覇者ブリッシュラック、ブービー負けを喫した世界最強マイラーグッドババに比べ格は下だったが12ヶ月休養後4戦目で走り頃だった。
これまでもGIでは堅実だが今後もタイトルを重ねることだろう。
期待値的にはMAXだったオーシャンエイプスだがやはり初重賞がGIとは行かなかった。
道中はいい感じで追走できており、4コーナーで持ったまま加速、ラスト300位でゴーサインがでるとグイッと伸びたがラスト50でパッタリ止まった。
開催が進みだいぶ荒れていた馬場も堪えたがGIの壁だろう。
9着。

キストゥヘヴンは直線狭くなったりとスムーズならもう一つやれていたと思う。
以前のような不安定さは無く、やはり桜花賞馬はマイルが似合う。
昨年の覇者ブリッシュラックが再来日。
他にもグットババ、アルマダなと香港勢はかなり強力。
年齢を考えると昨年の覇者よりもグッドババ、アルマダをしっかり押さえたい。

迎え撃つ日本勢は昨年のダービー馬ウオッカ、高松宮記念馬スズカフェニックスを筆頭に粒ぞろいの臨戦体制だ。
悲願のGI制覇を狙ったカンパニーの外傷による離脱は残念だが、上がり馬オーシャンエイプスなども面白い。

現時点での狙いは体調の調ったウオッカ、詰めの甘さが解消された桜花賞馬キストゥヘヴンに食指が動く。
共にベストはマイルと見て取れる。
スズカ、スーパーホーネットは府中のマイルでは些か長いのではないか?との判断。
トップガン産駒希代の名馬となりそうなオーシャンエイプスは力試しの一戦だが期待したい。
05世代で皐月賞、ダービーの2冠をとり、SSの最優良後継馬としての地位を確立したアグネスタキオン。

配合パターンとしてはこれまでも言われている通り、母系に"スタミナを入れる"が基本になります。
緩慢で非力な産駒が出やすいのでスタミナ種牡馬との相性がいいようです。
またある程度硬さを増すダマスカス、底力補強にリボーも◎

そして実はこれが一番効果があるかも知れないのが、ボールドルーラーのクロス。
4×3、5・5×5(都合4×5)辺りで結果が出ているのであまり遠すぎないほうがいいかも知れません。

ダイワスカーレットに関してはあまりこの傾向が当て嵌まらないんですけどね。
POGの指名季節です。
各言う私も選別に頭を悩ませているわけですが…

昨年の新種牡馬で活躍したのはダービーにも産駒を出したシンボリクリスエスでしょう。
母系が貧弱なだけに種牡馬としての大成はどうかと思いましたし、前半戦ではダートを走る馬がチョロチョロといった感じでした。しかし後半戦になるとメキメキと頭角を現してきました。
馬インフルエンザの影響があったとは言え、自身がそうだったように本格化は遅目でしょう。順調ならダ皐月賞に間に合うかどうかだと思います。

配合としてはダートで走る産駒が出ているように体が硬目。これを緩和してやる必要があるようです。
体を柔らかくする上で手っ取り早いのはミスプロですが基本的にミスプロは父内包ミスプロとクロスで反応させて柔らかくするのが基本です。よりダート指向が強くなる可能性もありオススメ出来ません。
晩成型種牡馬なので仕上がりを早くする意味ではミスプロもいいんですけどね。
面倒ですが確実なのはやはりナスルーラ(=ロイヤルチャージャー)×プリンスキロでしょう。

実はシンボリクリスエス自身も(ロイヤルチャージャー×プリンスキロ)×ナスルーラと言う配合を持っています。
しかし父にあるこのニックスはなかなか産駒に伝わりにくいようで、母系から更に補ってやる必要があります。
プリンスキロが近い世代にあるので母系はプリンスキロに対しては多少遠め(都合6くらい)でもいいかと。
ナスルーラに関しても都合5まで達すれば問題なさそうです。

逆にダートを狙いたい場合は、サクセスブロッケン、カイゼリン辺りを参考にすればよさそうです。
一瞬小牧が大波乱の主役になるかと思った。主役になれずとも今年は小牧の年か。
四位は史上二人目の連覇でダービー職人になった。

勝った◎ディープスカイは荒れ気味の最内枠だったがいつもよりいいスタートが切れた。
道中は下げて中団、思うようなポジションがすんなり取れ、追走。
4コーナーで詰まったが、無理をせず外に回せた。大外ブン回しはいつもの四位の乗り方だが、いつもよりもスムース。
豊がやる『いつの間にか外へ』が出来た。
外に持ち出されると鞍上の気迫に応えて34.2の上がりをつかい勝利をもぎ取った。
前走も稍重で速い上がり、今回もメンバー中最速の上がり、2番目のブラックシェルよりコンマ5秒も速い。
前走後は中間一本の追い切りで臨戦過程は絶対的な物ではなかっただけに能力の高さが浮き彫りになった。
オーナーの深見氏はディープサマーに続く3頭目の所有馬でダービー馬オーナーになった。馬運に優れたオーナー、今年も目が離せない。
配合は割愛。快速T.V.Lark、底力ボールドルーラー、底力リボー、快速ダンチヒとスピードと底力を常に重ねてきたタイプ。
タキオンは単体では非力な印象でスタミナも微妙。その部分を補ってある程度硬め、スタミナ重視の牝馬を付けるのがセオリーか。

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。