1. 無料アクセス解析

2009年06月

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ステイゴールド産駒で唯一のGIであるドリームジャーニーが二度目のGI制覇。
ステイゴールド産駒は先週のマーメイドSコスモプラチナに続き2週連続での重賞勝ちとなった。

通常ステイゴールド産駒は一回毎の競馬で目一杯走ってしまう為、反動がでやすく、大阪杯1着→春天3着と来たら買えない。しかし今回は見事な勝利。
以前であればガタッと来てもおかしくないだけに体質的にも強化されてきたのだろう。
GIを勝つような馬は往々にして同じ父の産駒の中で"その他大勢"にはならない傾向を持っていたりする。
ドリームジャーニーはより母父のメジロマックイーンの特長も出ている。

2着は前走金鯱賞で一気に進歩した感のあったサクラメガワンダー。
グラスワンダー自信がそうだったように産駒も小回り急坂では無下に出来ない。
上級産駒であるがゆえ直線の長い所の方があってはいるので、素直に地力アップと思った方がいいだろう。

三着は凱旋門賞挑戦が白紙になったディープスカイ。
アグネスタキオン産駒は全体的に早熟な傾向があり、3→4→5歳と歳を重ねる毎に実績も下がる。今から秋の間に負けるような事があればその後は買うに値しなくなるかもしれない。
使い詰めているときの方が力を発揮できるきらいもあり一概には言えないが、まともになローテーションでGIを戦うよりは余聞を挟んだ方が良さそうだ。

またもや善戦止まりのカンパニー。
いつもの待機策とは打って変わった先行策だったが立派に掲示板を確保。
高齢馬にしては鮮やかな変わり身と見ていいのではないだろうか。
ミラクルアドマイヤ産駒は自在性が高い面があるがそれにしたって見事。しかし、この大胆な転換で善戦止まりということはこの先の可能性を大きく損なったとも言える。

期待したスクリーンヒーローは掲示板確保がやっとだったが近走をみると善戦の部類だろう。
秋に向けて復調気配が見えてきた。
直線が短い競馬で全敗というグラスワンダー産駒の特徴と正反対を行くキャラクターだ。
スポンサーサイト
さて、夏の開催に突入。
何より季節感を煽るのは新馬戦のスタートだろう。
さて一週目の若駒をみていこう。
20日(土)
阪神芝1200
エーシンダックマン (サクラバクシンオー)
福島芝1000
リネンパズル(パラダイスクリーク)
札幌芝1000
コスモソルティス(アドマイヤマックス)
21日(日)
福島1200
チェリーソウマ
(サクラバクシンオー)
札幌1200
サンディエゴシチー
(マンハッタンカフェ)
阪神1600
ダノンパッション
(アグネスタキオン)

注目したいのは昨年イマイチだったサクラバクシンオーが6頭中2頭を占めること。
短距離血統だけにどうしても敬遠されがちだが配合によってはマイルもいける。
芝でマイル路線を戦ったあとはダートに主戦場を移すのも悪くない。
成長力もあるだけに堅実に稼いでくれる。
代々続く在来系GI馬の血を見直すいい機会かもしれない。

新種牡馬の勝ち上がりが一頭。コスモソルティスの父は現役時代距離的性がどこにあるのかイマイチ掴めなかったアドマイヤマックス。
結果的に高松宮記念馬となったが、マイル以上でも力はあった。
それ以外のGIで微妙だったのはSS×NTの足りない配合のせいか。
SS、NTの共通項は母系の強みを増幅できること。
名門ファンシミン系と言われるがこの兄弟は非常に地味。
短距離専門の気もする。
デュランダル共々他のSS種牡馬に比べ特徴が薄い。

マンハッタンカフェは洋芝や重馬場など特殊な環境に強い。
デビュー戦もそれまでと比べれば十分特殊な環境なわけで今年も注目。リーディングサイヤーは伊達じゃない。

同じくSS系トップサイヤーで同じ世代のアグネスタキオン。
早期デビュー組からクラシック狙い組まで様々な産駒を幅広く出す。
母系にスタミナ血脈を入れるのがセオリーで例え母が短距離馬でも、5代上のバステッドなど潜在的なスタミナがあれば走ってくることがある。

最後にパラダイスクリーク。
気を抜いていると途端に復活して見せたりする。テイエムプリキュアなどがいい例だ。
オペラハウスのような傾向を見せるがスケールハウス少し小さいか。過小評価はいけない種牡馬。

このなかではそれほど大物感を感じないので各馬の配合の解説はなし。
ダノンパッションは次走が試金石。
速い時計に対応するようなら芽がある。
さて、ダービーも終わりPOGドラフトの時期になりましたね。

昨年はネオユニヴァース産駒が初年度ブレイク。キングカメハメハも順調な滑り出しを見せました。今年の新種牡馬は期待できるのか?

まずは
ゼンノロブロイ。
現役時はテイエムオペラオーに続く史上2頭目の秋の古馬王道制覇。(秋天→JC→有馬記念)
海外でもアイルランドインターナショナルSでエレクトロキューショニストの2着と実績は申し分無し。
クラシック時期は青葉賞1着→ダービー2着で成長力にも問題はなさそう。母の父がマイニングなので母にMr.Prospectorが入っていると緩慢な動きの早熟馬にもなりそう。
ニジンスキーやバックパサー、ハイペリオンなどのクロスでしっかりとした体の強さを補完したほうが良さそうです。

アルカセット
現役時はイタリアを中心に世界各地でGIを勝ちました。主に欧州での活躍ですがJCを2.22.1で制覇しスピード能力の高さも顕しています。
Kingmambo×Niniskiなので基本的にエルコンドルパサーと同じようなあつかいになります。

タップダンスシチー
こちらは近代日本競馬に於いて異系とも言えるリボー系。
牝系に入るとかなりの底力を供給するが、ヒズマジェスティ及び、その全兄のグロースタークからも発展がないのが心配事。
牝系は伯母に牝馬ながらケンタッキーダービーを勝ったWinningColorsがいる。
チアフルスマイルなども同牝系。
種付け料も30万円と実績から考えると破格の安値。ディープインパクトの1/30~40。
良質の牝馬は少ないかもしれません。

バゴ
社台が力を入れて買い求めてきた。現役時代はJCにも出走。
その割にイマイチ地味というか産駒の出来などの情報も聞こえて来ない、期待は薄いのかも。
配合からはブラッシンググルーム、ヌレイエフ、ミスプロ、ヘイロー、ナタルマと日本の主流血脈が集まっているので面白いクロスやニックスが作れそう。SS×NT牝馬に付けるために買ってきたみたいにもみえます。

デュランダル、アドマイヤマックス
この2頭を一緒にしたのは配合がSS×NTの短距離馬という共通性があるから。
懸念材料としてはSS×NTは種牡馬としての成功例が無いところ。
前者は産駒の評判が良いのと後者はファンシミン系という良質の牝系の後押しがあるが疑ってかかるべきかも。

ロージズインメイ
今年のマイネル軍団はこの馬が主力です。
しかしながらムタファーウェクでの前科があるので信用するのは難しい(;^ω^)。
父がヘイロー系Devil Has Dueで母父がPrincequilloの直仔Princejhonの仔SpeakJhon。
牝系は不明なところも多く祖母父はヒムヤー系とかなりマイナーで地味な血統。
マイネヌーウ゛ェルなどのマイネル期待の牝系の産駒がどこまでやれるかが勝負。それ以外は見送りでよさそう。

スパイキュール
意外にも産駒がわりといます。
SS×ミスプロで牝系はカンパニーやエウ゛リウィスパーがいる良質。
SSを持たないNT牝馬には面白い。
マイネルセレクト
急激に勢力を拡大したフォーティナイナー系。
近年はエンドスウィープを主軸とする芝に対応出来る駒も多数登場。世界のチームゴドルフィンも買いあさった経緯がある。
BMSはニジンスキー、祖母は名牝イットー。
芝を熟す余地もあり、入れておいて損はなさそう。

ボーンキング
半弟アンライバルドが皐月賞を勝ち勢いに乗る血統が魅力です。
SS×SWで重厚な底力も秘めています。
スピードタイプの牝馬との配合、ブラッシンググルーム、ヌレイエフを持つ牝馬に期待出来そうです。

アドマイヤドン
GI7勝馬も種牡馬となれば話は別。
ティンバーカントリー産駒というのが嫌われて産駒数は伸び悩み。
基本的には半兄のアドマイヤベガと同じようにハイペリオンのクロスがある牝馬を狙うと良いでしょう。しかしウッドマン経由なので予想以上に緩慢なタイプが出そう。ダンチヒやリボーもあるとベスト。
現地観戦して来ました(`・ω・)
当日は朝からの雨模様でしたが力が素直に反映され堅い馬券が続きました。
一変したのは昼時の豪雨。
あれをきっかけに一気に荒れた馬券の連発となりました。

元々、重を苦にしないネオユニヴァース産駒ではありますが、アンライバルドが惨敗。大外枠を引いた時点でかなり苦しかったんでしょう。
重適性は両極端なのかもしれません。
ロジユニヴァースは内伸びの馬場で最内枠と絶好の枠。加えてポジション取りもしやすい脚質。皐月賞の惨敗は馬体減とみて度外視するのが正解でした。
何度も言うようにネオユニヴァース産駒の配合の肝はスピード血脈を入れること。
DanzigやMr.prospectorなどは今回のような馬場にも適性が有り結果としては頷けるものでした。
タイム的にはかなり遅いですがこれを理由に以後古馬戦線などで人気が下がるようであれば買いたい一頭になります。
しかし、成長力には疑問も有ります。

リーチザクラウンはNHKマイルCのジョーカプチーノがした競馬をそのままトレースしたような感じでした。
ラチに寄ってしまうせいで勝負所で空けたラチ沿いかわロジユニヴァースに差されましたが、力は出し切っています。豊-臼田でしかもスペシャルウィーク産駒とお膳立ては揃っていましたが、ダンスの呪い(笑)か橋口調教師がスパイスになっていたようです(;・ω・)

アントニオバローズは相当な良血馬ですが経験が少なく敬遠され気味の8番人気。
こういったイレギュラーに近い馬場で結果が出せたことはこの先の良い経験になります。鞍上の角田は8年ぶりのダービー騎乗でしたがやはり大舞台に強いジョッキー。乗鞍さえ確保できればリーディングも争えると思うのですが‥やはり先生に寵愛されすぎたのが響いてるんですかね?

我が裏の本命ナカヤマフェスタは残念ながら小差で馬券に絡めず。左回りでは右回りと別の馬のようになりますね。
皐月賞はトライアルを回避した影響もあり着順的には惨敗でしたが先行総崩れの中頑張りました。ダービーでは一転して後方から進めこれまた追い込み不発の中、伸びない外を回ってメンバー最速タイの上がり(39.0)を発揮。
適性から考えると菊へは向かわず毎日王冠から秋天というローテーションになるんでしょうかね?
もしそうなら内枠を引いた場合、是非頭で買いたいと思います。
(セントライト記念から菊花賞濃厚‥)

皐月賞上位とダービー上位はそのまま入れ代わったような結果。これで向いている流れ、そうでない流れの判別が出来そうですね。

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。