1. 無料アクセス解析

2011年05月

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
同コース2000mと並び日本競馬界最高峰の舞台。
枠順の優劣はなく、イコールコンディション。
スタンド前からの発走のため、舞台慣れしていない馬は大歓声にパニックに陥ることがある。(岡部が苦言を呈していたなあ)
ホームストレッチ坂上からのスタートで1コーナーまでの距離がある。その為、隊列がほぼ決まった状態でのコーナー進入になるので先手争いはさほど激化しない。
そのまま3コーナー過ぎまで大人しく流れ、瞬発力勝負になるのが普通だが、たまに大欅向こう側からレースが動くことがある。
通常の流れであれば瞬発力の勝負になるが、後者だと馬場によってはスタミナが必要になって来る。
また、1F~2Fのキレよりも4F程度長く良い脚が使える方が向いている。持続力のあるキレ味がポイント。
また、なだらかな上り坂が直線にあるため渋ると一気にパワー勝負になる。

どの脚質、枠順でも勝負になるのがのがこのコースの特徴だろう。
スポンサーサイト
ダービー展望
特殊な状況がつづき、例年とは趣を異にしそうな気配もあるダービー。
先週のNHKマイルCを見てもわかるが、朝日杯上位組のレベルが高いこと。
グランプリボスが勝っているレースは流れが早く底力勝負になっている。
過去NHKマイルからダービーで成功した馬もおり、近年は関連性が強いといえる。
リアルインパクト、コティリオンは十分戦えるだろう。
皐月賞は府中2000で開催された事もあり、これもまた例年よりもつながりやすいか。
しかし秋天からJCを連勝する馬が少ないため、ある程度は適性が違うことも頭に入れる。
ちぎったオルフェーブルは別としても、距離伸びて良さそうなデボネア辺りに食指が動く。サダムパテック、ダノンバラードにはあまり魅力を感じない、ナカヤマナイトは勝負感が戻れば。

青葉賞は凡戦だった。
プリンシパルSのほうがメンバーも揃っていたが勝馬はお釣りがない状態。

京都新聞杯はクレスコランド、ユニバーサルバンク共に血統背景は申し分ない。
このレースからの勝馬といえばアグネスフライトしか思い浮かばん‥

今のところ
オルフェーブル
リアルインパクト
デボネア
ナカヤマナイト
コティリオン

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。