1. 無料アクセス解析

帝王賞

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
王者アドマイヤドンアジュディミツオー不在で一気に混戦模様になった今年。
全盛期のドンを相手にあわやのシーンを演じたナイキアディライトが一番人気。
続く人気には東京大賞典をもぎ取ったスターキングマン、昨年、王者をねじふせ勲章を得たタイムパラドックス。
今のダート界は層が厚い。

しかし蓋を空けてみれば豊の手綱捌きが冴えた。
前走の東海Sは橋本美純が手綱をとり3着だったタイムパラドックスが鮮やかに差し切りGI3勝目をあげた。

松田博師はドンに続いての連覇、武豊は覆いを苦手としていた時期のあった武豊は初勝利となった。

しかしBT産駒の底力には驚かされる。
今年に入りタイムパラドックスがGI2勝、ビッグゴールドが春天2着などで産駒が息を吹き返して来た様相。
こと、ロベルト系に関しては種牡馬としても、またその産駒も『死んだふり』をするという特徴がある。

御三家で残ったのはBTだけ。有力な新種牡馬も出て来ているが、この底力を凌駕する種牡馬がそう簡単に出てくるとは思えない。
サンデー亡き後の混沌としたサイアー争いに断を下すことが出来るか、刮目せざるを得ないだろう。


スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/10-24d8260a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。