1. 無料アクセス解析

有馬記念。ディープを崩すのはタップ。

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、JRA総決算の有馬記念。


今年の目玉はなんと言っても三冠馬ディープインパクトの出走だ。
その話題のど真ん中ディープインパクトは至極順調な調教を消化。
追いきり内容は長めから楽なラップで走り、直線でのびるかと思いきやディープ自身が足をためるかの様にセーブして鞍上の判断を待つ、合図が入ると素晴らしい伸びを見せ11.5でフィニッシュ。
馬のほうは文句なし。
しかし人間のほうのばたつきがどうにも納得いかない。
一週前は時間を変えて雪を免れたが、今週は豊のスケジュールにより水曜→木曜→水曜と二転三転。
こういった些細なリズムの狂いから付け入る隙が生まれるものと昔から勝負事の相場は決まっている。



この有馬記念で引退を迎える馬が三頭いる。
先輩であるシンボリクリスエスでさえ成し得なかった秋の古馬GI三冠ロードを制覇したゼンノロブロイ
JCで史上最大着差の制覇を飾り、史上二頭目になる同一重賞三連覇を達成、そして何より記憶に残る高速逃走劇を演じ続けたタップダンスシチー
素材の良さ素質の高さから将来を嘱望され、GI級といわれながらも足元と何度となく闘い続けたサンライズペガサス。
三頭がともに順調な調教を消化しラストランに備えている。



今年の古馬GIは牝馬の台頭する年でもあった。
札幌記念勝ち→天皇賞秋制覇とエアグルーヴと同じ道を歩んだヘヴンリーロマンス
ゆったりめの調教かと思ったがラストは追い出されると足の回転を上げ充分な内容の調教で順調さをアピール。
エリザベス女王杯2年連続2着のオースミハルカも二週続けての猛時計を叩き出している。



忘れてはいけないのが菊花賞場にこの舞台はおあつらえ向きだということ。
もっとも怖い存在と目しているのはデルタブルースである。
復帰三戦目の照準を此処に合わせ、ステイヤーズステークスを良化途上で制し完全復調を印象付けた。
復帰当初にあったズブさも消え反応は段違い。
このレースを熟知し結果を残しているO・ペリエが鞍上だけに必勝体制。
後はこの騎手がどの馬をマークするかである。





個人的な予想でいくと
タップダンスシチー
デルタブルース
ディープインパクト
ゼンノロブロイ

なお、全レース終了後にタップダンスシチーの引退式が行われる。
ラストランを勝利で飾り、有終の美を迎えてもらいたいものである。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/106-5b48da5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。