1. 無料アクセス解析

フェブラリーS

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年一発目のGI、今年は暖かくなるのも早い。
砂の質も多少変わってくるだろうか?
フルゲート16頭に登録23頭という盛況ぶりだが実質的に出走が叶わない馬は前週のすばるSに回った。
それでもこの路線はかなりの層の厚さがある。


しかし有力馬にもそれなりの不安を抱えているものが多そうだ。
それを加味してもしなくても悩ましいメンバー構成になった。


一番人気が濃厚な
カネヒキリ
は休み明けの57㌔。
JCDを見る限り飛び抜けた強さとは言い難い。
同舞台の武蔵野Sで出遅れ、芝のスタートがカギ。


昨年GIを3勝した
タイムパラドックス
は衰えとの勝負で距離も微妙に短い。
スタミナ、底力が充分とはいえスピードへの対応が必要。


地方馬総大将
アジュディミツオー
は中央の速いダートと距離。


上位で一番不安がないのは
シーキングザダイヤ
だろう。しかし勝ち切れないという致命的な弱点が‥


スターキングマン
まるで宛にならない気性だがキングマンボ産駒に冬の砂は条件があう。


サンライズバッカス
同舞台での武蔵野S勝ちで唯一カネヒキリに砂で先着。しかし、根岸Sでの惨敗がある。


昨年の覇者
メイショウボーラー
リズムが悪く昨年の勢いは?


ユートピア
同舞台の重賞勝ち。マイル左周りは南部杯連覇と得意だが中央GIで一歩足りないのも事実。


リミットレスビット
SS×NT。この配合自体にダートGIを取れるかが疑問。芝向き。


ヴァーミリアン
前走、伏兵に負けたのが不満。


サカラート
東海Sではスターキングマンに7馬身差の圧勝があったが軽ハンデの恩恵。リズム微妙。


タガノゲルニカ
未勝利から5連勝で平安S制覇は飛ぶ鳥を落とす勢い。底を見せていないが惨敗の可能性も。平安S組は?


タイキエニグマ
東京マイルは絶好の舞台も、出遅れ癖がある。

スポンサーサイト
この記事へのコメント
Pilsudskiがリズムとか登録する?
2006/02/17(金) 11:03 | URL | BlogPetのPilsudski #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/132-a42b1606
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。