1. 無料アクセス解析

フェブラリーS予想

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豪華なメンバーが揃ったフェブラリーS。
見渡せばGI馬だらけである。
前年の最優秀ダート馬、NAR年度代表場も揃い見ごたえのある一戦となりそうだ。

本命は昨年GI2着6回のシーキングザダイヤ。
馬場、距離を選ばずのGI2着6回は実力がなければ出来ない芸当。
勝ちきれなさはあるが連軸には最適か。
ストームキャット×シーキングザゴールド。
米国を代表するサイヤーの組み合わせに文句はナイ。

対抗は一気に頭角を現したヴァーミリアン。
同レースに出走してくる半兄サカラートよりも素質は高い。
前走はタガノゲルニカにやられたが差はわずかの上20キロ増。
明らかに太め残りに加え落鉄。
2着で言うのもおかしいが度外視できるだろう。

単穴にはJCDでシーキングザダイヤと接戦を演じたスターキングマン。
キングマンボ×ブラッシンググルームであり、スタミナ底力ともに抜群。
東京マイルも条件が合う。


ここから手広く抑える形で。
忘れてはいけないのが芝実績のある馬が連対すると言うこと。
芝の重賞で連対している馬は以下。
ユートピア 毎日杯2着(阪神2000m)
メイショウボーラー 弥生賞2着(中山2000m)
シーキングザダイヤ アーリントンC勝ち(阪神1600m)、NZT勝ち(中山1600m)

過去二年で8着、15着のユートピアは・・・・?
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/133-dbe233af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。