1. 無料アクセス解析

スプリングS,若葉S,フラワーC

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皐月賞、桜花賞トライアルもいよいよ大詰め。
フラワーカップ、若葉S、スプリングSとあるわけだが、下馬評的には3レース共に人気はがフサイチの馬になりそうだ。
ますは牝馬のフサイチパンドラ。
初戦ね勝ちっぷり等からかなりの素質が見込まれてはいるがどうも成績は付いてこない。
全戦[2.0.2.1]
重賞を取っていれば話は別だがいかんせん勝ち星は新馬と500万下。
気性にムラがありそうで特にこの時期、牝馬はフケ(発情)がくることもあり全幅の信頼はおけない。

サンデーサイレンス
 ×
Nureyev (ノーザンダンサー)
 ×
Buckpasser
 ×
Traffic Judge (アリバイ)
 ×
Mr. Busher (マンノウォー系)

Almahmoud 9.38% 4 x 5



次に3戦3勝のフサイチジャンクだが、はっきりと未知数。
楽なメンバリングでここまで来ている故、どのくらいやれるのかが掴めない。
今回も一線級とは言いがたいメンバリングだが過去よりも強いメンバーにはなっている。

サンデーサイレンス
 ×
Bellotto(ミスプロ)
 ×
Yeats(ニジンスキー)
 ×
Blazing Saddles (ハイペリオン系)
 ×
To Market(ドミノ系)

上記2頭はサンデーサイレンス産駒。今年は頭数が少ない上に、大物が少なく期
待馬がイマイチ。昨年のディープでやや弾切れ感か?



2歳王者のフサイチリシャールが一番計算できるか。

リシャールは初年度産駒から非常に優秀な成績を残しているクロフネ。
アドマイヤムーンには完敗したが、休み明けで体も重かった。とのこと。
しかし今回も楽に勝てそうな相手ではない。
グロリアスウィークの弥生賞好走(2着)によってきさらぎ賞組のレベルが非常に高いのではないか?という物差しが生まれつつある。
そのグロリアスウィークをきさらぎ賞で4着に下した1着馬ドリームパスポート、2着馬メイショウサムソンが相手となれば安穏としてはいられない。
素質馬のエフセイコー等も恐い存在。

クロフネ
 ×
サンデーサイレンス
 ×
Mr. Prospector
 ×
Francis S.(ネアルコ系)
 ×
Raise a Native
スポンサーサイト
この記事へのコメント
Pilsudskiは、優秀とか重かった
Pilsudskiは、ス産で強いムラなどをBuckpasserされたみたい。


2006/03/17(金) 11:18 | URL | BlogPetのPilsudski #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/145-883690d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。