1. 無料アクセス解析

皐月賞

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
牝馬に続いて牡馬クラシック第一弾もかなり難解、混戦模様か。
ここでも一番人気が予想されるのは、武豊=松田博=近藤利一ラインのアドマイヤムーン
しかし、桜花賞では2着に敗れた。
アドマイヤムーンの血統構成は牝系にヒシアマゾン等がおり、かなり上質。
SS×クリスはオークス2着のチューニーがいる。更に父が今流行りのエンドスウィープでスピードを注入。配合レベルは相当高く、落札価格の1600万円は安すぎる。
抜け出して一頭になるとソラを使う、ムチを入れるとヨレる悪癖の持ち主で混戦に巻
き込まれたときムチを入れても伸びず、あっさり負けることもありそう。

ムーンの直接ライバルならサクラメガワンダー
再三の直接対決で五分の成績を残している。
今回は使い詰めのムーンよりひと叩きの上積みが見込める同馬に歩があるか。
鞍上に既に名手の域である大井内田博幸を確保。勝負気配。
配合は
グラスワンダー
×
サンデーサイレンス
×
ノーザンテースト
グラスワンダー産駒は父と違い広く緩いコースは向かない。前掻きが強く、小回り急坂が良い。
長い直線で追って味がないタイプも見受けられるので、ダービーより皐月賞向きの配合か。
母がSS×NTの配合は父の特長をうまく引き出す。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/158-1aa8267e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。