1. 無料アクセス解析

第一回ヴィクトリアマイル回顧

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年創設のヴィクトリアマイル。
初代女王に輝いたのは桜花賞以来2年1ヵ月ぶりの勝利だったダンスインザムード
北村が漸く藤沢師の思惑通りに乗れた。
技術面での未熟さが目立つが今日は掴まっているだけでいい、との指示でもあったんだろうか、今回は馬に強い勝ち方をさせることが出来た。
牡馬に揉まれ善戦して来た姉同様、強い牝馬の力を見せてもらいたい。
安田記念から米マイルG3にいくプランがある。


期待されたラインクラフトはもうお手上げの惨敗。
短いところを使い過ぎ、府中のマイルに耐えられなかったようだ。
適性で劣るメサイヤが2着、復調してきたディアデラノビアが3着。
シーザリオが抜けた穴はかなり大きかった。

気になるのは仕上げに失敗した馬が多かった事。
±10㌔以上の馬が4頭。
新設で牝馬限定戦だが、紛いなりにもGI、恥ずかしくない仕上で望んでほしい。

恥ずかしいといえば谷原調教師。当レースに管理馬であるオーゴンサンデーを出していたが、鞍上の後藤の騎乗ぶりに激怒、下馬所にて後藤Jの背中を丸めたレープロで2、3発叩いたとのこと。過怠金制裁を受けただけに相当な感じだったのだろう。
仮にも自分が断を下して騎手を乗せるわけだから自分にも責任があろう。
後藤の騎乗には怠慢さは見られなかった。

双方の言い分としては
谷原師『後ろから行く指示を出したのに・・』
後藤J『特に指示はなかった。馬場のいいところを選んで、いい感じで行けたと思う』
道中は6番手を追走し13着。15番人気だったわけだし特に下手乗りだったという訳ではない。

邪推ではあるが、そう人気のない馬に中堅ジョッキーを乗せた時点で結果は見えていようもの。
それが異常なまでの激怒振り。
何やらきな臭いニオイがしてくる気がするのは私だけだろうか?

スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/171-78af0e8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。