1. 無料アクセス解析

オークス 展望

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
低調な3歳牝馬路線に桜を咲かせたキストゥヘヴン。。
樫の女王への連覇はなるか?

キストゥへヴンには嫌なデータがある。
連勝で桜花賞を制した馬はオークスを勝てない。
若駒ゆえ春先に疲れがたまりやすいのか?

しかし今年はやはり低調ムード。
今の所相手になるのは
キストゥヘヴン
ヤマトマリオン
カワカミプリンセス
あたりか。
春がキス=キッス馬券だったのでヘヴン=ヘイヴン馬券?なんて遊びも出来る。

ヤマトマリオンに期待する。
父がオペラハウスはメイショウサムソンと同じで非常に勢いがある。オペラハウス産駒の活躍馬は約2%で、同世代に2頭の活躍馬が出るというのは珍しいかもしれない。
ダートを使っていたが道悪はうまくない、とのこと。
オペラハウス×アンバーシャダイでパワーとスタミナがあるので府中の坂も問題なく駆け上がれる。稍重までなら充分狙える。
母系は今年の3歳路線のキーワード、在来牝系だ。最低でもロジックの母系程度(50年位)の根付きはほしい。

キストゥヘヴン。は引き続き有力と見る。
アドマイヤベガ
×
ノーザンテースト
でアドマイヤベガ産駒にはアドマイヤフジのようなステイヤーもおり、オークスは決して長い配合ではない。
また、ハイペリオンのクロスを持つ母系がポイント。アドマイヤベガ産駒の活躍馬はストーミーカフェ、先述のアドマイヤフジともに同じクロスを持っている。
折り合い面で進境があればなお狙える。

カワカミプリンセスの前走は圧巻のキレ。
直線一気の差し切りで権利をもぎ取った。
キングヘイロー
×
シアトルスルー
×
セクレタリアト
の配合。キングヘイローは自身の距離適性も掴みづらく、万能タイプと呼べる馬だっただけに産駒も幅広いタイプが出そうだが中長距離馬はまだ出ていない。
本馬はキングヘイローの父で“異次元の脚を持つ馬”と評されたダンシングブレーヴ譲りの末脚といった感じか。
セクレタリアトがスタミナを増強、師は自厩舎の活躍馬テイエムオーシャンを引き合いに出して『オーシャンよりは距離ももつだろう』と語っている。オーシャンは2000メートルの秋華賞を勝っているだけに2400メートルも問題ないといった意味合いととっていいだろう。

血統面で魅力のある一頭は前走ヤマトマリオンの2着馬ブロンコーネだろう。
ブライアンズタイム
×
トニービン
加えて祖母はビクトリアクラウン。
SSはないが、クラシックの王道と言える血の集合。
近年BT産駒が短距離やダート路線に活路を見出だす馬が多いのが気になるが、久々にクラシック路線での大物になるか
。勝てばBTのオークス制覇はシルクプリマドンナ以来。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
引き合いとか勝てば
Pilsudskiが、クラシックや、血統とかSSや長い自厩舎とかをヴンするの?


2006/05/19(金) 11:09 | URL | BlogPetのPilsudski #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/174-2bf10ce5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。