1. 無料アクセス解析

血統について(インブリード)

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
POG関連で馬を選ぶ指針の大きな部分となるのが血統。
実はあんまりしらねーよって人もいたりいなかったりすると思うのでちょっとした薀蓄をw

血統理論:インブリード。
簡単に言ってしまうと同じ血を持つ馬同士の配合。
クロスともいう。


例えば父父ノーザンダンサーと祖母父ノーザンダンサーであればノーザンダン
サー2×3といった言い方をする。


濃過ぎるインブリードはよい結果を生まない。
これは哺乳類に関してはほぼ共通項であり、馬もまた例外ではナイ。
体質が弱い、スピードがナイ等の駒がでやすい。


しかし、適度なインブリードは能力を底上げする効果がある。
奇跡の血量と呼ばれる3×4のインブリード。言い換えればある一頭の馬の血を父方の一つの流れと母方の一つの流れから12.5%+6.25%受け継ぐ形。

何故この血量が良いのかは説明を読んだことがないが、私的見解はこうだ。
先ず、母系と父系ともにその血があるということは少なくともそこそこ以上の能力をもち、かつ遺伝力もあり広がった血である可能性が高い。
その馬と全く同じ血であれば強さを見込めるが血が濃過ぎるインブリードは良いことがナイ。
影響が出ない範囲での最濃血量が18.75%という感じではなかろうか?
また18.75%になる組合せであればなんでも良い訳ではナイ。
例えば3×(5×5)=12.5%+(3.125%+3.125%)これも18.75%。同じ濃度であれば同じ効果か得られるかというとそうではない。
代を重ねることにより遺伝子の影響力は小さくなる。
よって同じ血液濃度でも能力の伝わりかたが違ってくる、その面でも最適とされるのが3×4ではないかと考えている。


稀に牝馬クロスというものがある。読んで字の如く牝馬のインブリードだ。
年間かなりの数に種付けるする種牡馬に比べ、繁殖牝馬は年に一頭しか子を出すことが出来ない。
また、大低は種牡馬を出した牝馬であり、牡馬のクロスよりもその馬の優秀さは傑出したものだ。
一般的にマイナス要素が少ないと見られる部分があるが、そんなことはないだろう。
血のリスクは牡馬のときと変わらない。
しかし、繁殖牝馬として成功している馬のクロスであれば遺伝力は相当強いと考えられる。
それならば牡馬クロスと同じ濃度でも、より能力を伝えることが出来そうだ。


というわけで、インブリード(クロス)の解説でした♪


スポンサーサイト
この記事へのコメント
ネットで
奇跡を関連したかった。


2006/06/12(月) 19:09 | URL | BlogPetのPilsudski #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/182-6bd9d4e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。