1. 無料アクセス解析

マーメイドS回顧

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年からハンデ戦、加えて阪神の馬場改修により京都で開催されたマーメイドS。
最軽量ハンデ49㌔のソリッドプラチナムが鮮やかに差し切った。
2、3着馬も軽ハンデ馬でハンデを背負って好走したのはマイネサマンサのみとなるハンデの付け方に少々疑問が残る結果だった。


勝ったソリッドプラチナムは最近漸く勝ち上がりが目立つようになったステイゴールド。
遅咲きだった父の特性をそのまま受け継いでいる。
また、在来牝系をもつステイゴールドと海外名門系は相性が良さそうだ。
ソリッドプラチナムの牝系は叔父にウインクリューガー、一族からはディープインパクトが出ている近年屈指の名門。
今後、こういった組み合わせを軽く見ないほうがいい。
ソリッドプラチナムの今後の展望は明るいだろう。
軽ハンデとは言え古馬を打ち負かした事に代わりはない。
しかも秋華賞と同舞台。


恐らく今後は秋華賞トライアルから秋華賞に向かうと思われるが、夏のこの期間に更なる成長が見込める。
春のクラシックには乗り遅れたが、キストゥヘヴン、カワカミプリンセスと既に戴冠している馬と比べても遜色はないだろう。
春戦線で好走したアドマイヤキッス、フサイチパンドラは成長力の面から見ても、父SSの面から見ても秋華賞では歩が悪い。

スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/184-9e479f84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。