1. 無料アクセス解析

帝王賞

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
芝の春グランプリはディープインパクトという絶対的な力を持ってして幕を閉じた。


今度はダートの春グランプリ、帝王賞。
こちらも絶対的な存在がいるが一頭では無いのが面白いところだ。
かたや一昨年のドバイWCで6着の成績を残し、0405年と東京大賞典を史上初の連覇、2年連続でNAR年度代表馬の栄冠を戴いた アジュディミツオー
かたや今年のドバイWCで5着の成績を残し、3歳で05ジャパンカップダートを勝ち、今年のフェブラリーSを制覇、昨年はJRAの最優秀ダート馬に選出されたカネヒキリ

この2頭、中央の馬場では勝負付けが済んでいるが地方の馬場では力は拮抗している。
全く甲乙点けがたい存在であり、また、この2頭に優劣を付けたとしても干渉し合う存在だけに他馬が割り込まないとも限らない。
まぁ、常識的に見てこの2頭の一騎打ちのムードは濃厚なのも確か。
焦点は3着馬なのか?









エイシンチャンプ復活。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
アジュディの逃げ切りでしたね。

そういえばドバイWCの2着馬が薬物反応が出て失格になり、カネヒキリが繰り上がりで4着になったそうです。
2006/06/29(木) 12:38 | URL | ダッシュ #-[ 編集]
被ったw
2006/06/28(水) 19:36 | URL | かっちゃん #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/191-5e1e6937
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。