1. 無料アクセス解析

夏競馬開催

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
函館SS
当該レース3連覇がかかったシーイズトウショウだったがこれまで歴代2頭しか成し遂げていない快挙は難しかったか。
ゴール前後一歩のところで最低人気の牝馬ビーナスラインが豪快に末脚を延ばし重賞初制覇。
前走勝ちとはいえ条件馬が別定重賞を獲った希有な例。
期待したプリサイスマシーンは失速。9着。
松永幹夫に騎手としての最後の重賞を贈ったブルーショットガンが3着。


ラジオNIKKEI賞
今年から3歳限定のハンデ重賞としてラジオタンパ賞から生まれ変わった。
3歳限定ハンデ戦は実に46年ぶりの開催。

しかし、これまでと同じような結果に納まり、あまりハンデを意識する必要はないかも知れない。

タマモサポートが重賞初制覇を飾った。
前走の青葉賞は7着に終わったがこれは距離が長かったか。
スプリングSではハイレベルの4着。力は抜けていた。
堅実さが持ち味でデビュー以来3着を外していないソングオブウインドが2着。


牝馬で一番重いハンデのステラマドレードが3着。こちらは父フォーティナイナーで荒れた馬場が味方した形か。


一番人気トウショウシロッコは極悪馬場の京成杯をジャリスコライトの2着としていたが中山と違い前がばてず。追い込み届かず4着。


実力馬の巻き返し、調子のいい馬が一気戴冠と夏競馬らしくなって来た。


アイブラブ夏競馬!(PC)

スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/194-e92a1102
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。