1. 無料アクセス解析

神戸新聞杯

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春のクラシックで活躍した馬が勢揃いと言った感じのメンバリング。
先週のセントライト記念よりは明らかに菊を展望するに相応しいメンバーだろう。
今年は舞台が中京だがその辺りがどう影響してくるか。


まずは三冠の偉業がかかるメイショウサムソン。
ダービーからの中間は放牧には出さず栗東で調整。
暑さに強い体質もあり、トレセンでハードなトレーニングを積んでパワーアップ、成長力があるオペラハウス産駒だけに馬が一回り大きくなった。
中京コースは2歳Sを制しておりコース適正も問題ない。
ダービーの着差は僅かだったが、手綱を抑えたゴールだっただけに実力差は確実にある。


アドマイヤメイン
ダービーをあわや逃げ切り寸前まで持って行った力はどうなってくるか。
中京コースながら逃げ先行が苦戦傾向にあるデータは同馬にとっては有り難くない。
放牧帰りだがあまり変わらない印象で帰厩。体を絞るのみ。


皐月賞2着のドリームパスポート。
小回りの平坦コースはこの馬が一番向いていそうだ。
フジキセキ産駒にダービーの2400㍍は明らかに長かっただろう。それでいて3着ならば上々の出来。
しかし、レース後に骨折が判明し夏の間調整放牧にだされていた馬よりは割引が必要かもしれない。
軽度の骨折、ポン駆けokだが息の入りなどはどうか。

スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/221-353d7026
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。