1. 無料アクセス解析

神戸新聞杯回顧

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
神戸新聞杯

2冠馬として秋初戦に挑んだメイショウサムソン
それを阻まんとす、アドマイヤメインドリームパスポート
特に夏の新興勢力もおらず堅く決まるように思われた。


しかしそこはトライアル。


まずアドマイヤメイン、が着外に敗れた。
菊花賞へは確実に出走できる逃げ馬で鞍上武豊。
この時点で既にあることが決まっていた。
そう、トライアル乗りだ。
豊は差し馬の場合、どこからなら届くか?というトライアル乗りをやるが、逃げ馬の場合、抑えてどこまで?といったことをやるのは既に恒例。
ましてやこの馬、春は抑えて失敗しているが夏を越えて大人になったとの情報があった。
いきなりピタッと出来る馬なんてそうそういない。この敗戦は陣営も承諾済みと言ったところか。



秋の始動戦を2着に敗れたメイショウサムソンは調子が上がって来たのが当週からだった。
こちらもトライアル仕様の仕上げ。負けたくなかったのが本音だろうが、無理をさせずに乗った感もあるし、そろそろ距離適正がはっきりしてくる感じで2000㍍は明らかに短い。
しかも叩き良化型。
本番は力の入る一戦でかなり有力、三冠は間違いないか。


見事勝利をもぎ取ったドリームパスポート

こちらは明らかに今回の条件がはまった。
フジキセキの芝馬は平坦がベストだろう。
皐月賞のゴール前を平坦に置き換えてみれば容易に予測できる結果だった。
3番人気に甘んじたのは骨折明けだったからだろう。
菊花賞の3000㍍への適性はサムソンに譲る分、ある程度ここへ力が入っていたのも事実。



順当な結果だったのではないだろうか。

スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/222-5d1404ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。