1. 無料アクセス解析

凱旋門賞回顧。

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ディープインパクトが歴史的な1ページを綴るために遠征し敗れた。
しかし、日本生産馬で日本調教馬の3着は立派と言える。
凱旋門賞は長い歴史の中で欧州以外の馬が優勝したことはない。


レイルリンクが勝ったことで今年もまたその伝統は守られた。
レース的には少頭数で各馬不利もなく思い思いの位置で運んだ。
気掛かりだったのはスタートが良すぎたディープインパクトが標的にされる危険があったことだ。
案の定、レイルリンクを駆るパスキエにマークされてしまった。しかし、豊はそれでもディープの力を信じたのだろう、結果的にそれが過信となってしまったが‥。


最後の直線、残り300㍍でディープインパクトにムチが飛ぶ、一度は先頭に立ったが交わされる、しかしもう一度差し返し‥いつもならばここで飛ぶ様に走るが‥更にもう一度交わされ末脚にかけたPrideにも差され3着に終わった。
息を飲む直線での攻防だったがいつもの末脚を繰り出せなかったのは3ヶ月明けのせいか。
心持ちドタドタとした走り方だった様に思う。


そして内外の馬場差。
BC馬シロッコ、昨年の凱旋門賞馬ハリケーンランが惨敗したがいずれも馬場の内目。
勝ったレイルリンクは真ん中より少し外、2着のPrideに至っては一番外だった。
確かこのコースは凱旋門賞でしか使われないはずなのでほかのレースの影響を受けることはない。しかし内外の差が無いかといえば、わからない。知る由もない。


豊自信も伸び脚に疑問があったようで
「"超トップギア"に入らなかった」とコメントした。
しかし、それは馬の力を100%引き出すのがジョッキーの仕事であり、それを果たせなかった、と悔しさを滲ませていた。
疑問は好走したエルコンドルパサーという先例がありながら何故倣わなかったのか?
アウェー戦に対しての認識の甘さ、ディープインパクトの強さに対する過信、年末の有馬記念へのローテーション、所々あるだろうが世界一の称号を手に入れるための下準備としてはお粗末だった様に思う。
それでも3着にきたディープインパクトはやはり強い。


ただ気がかりなのは今までと違い初めて自分が差されたということ。
「ケロっとしている」と池江師が話しているので精神的なダメージは少ない気もするがこればかりは見守る必要がありそうだ。


取りあえずはお疲れ様、そして有馬記念に出るのであればハーツクライと雌雄を決する。
個人的には年内休養、ひと叩きしてドバイWCも走ってもらいたい。


スポンサーサイト

タグ : 凱旋門賞 遠征

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/235-5dd2c416
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。