1. 無料アクセス解析

毎日王冠 京都大賞典

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、凱旋門賞も終わり、秋のGIシリーズも開幕。
メイショウサムソンの3冠挑戦、そして2強不在の古馬王道ロード。
それを占う意味でも毎日王冠、京都大賞典に注目。


先ずはGIを超えるGII、毎日王冠。
例年三歳馬がここを使われることは少ないが今年は少し事情が違う。
タキオン産駒初のGI馬となった今年のNHKマイルC覇者ロジック、クラシック級の大器と言われながら故障で順調さを欠いたマルカシェンク、皐月賞ではかなりの人気に支持されたサクラメガワンダー、今年は随分と有力な三歳馬が集まった。


だからと言って安易に3歳馬から入るのは危険、と過去のデータが物語っている。
一線級の古馬もここを始動戦に選ぶことがおおい。
今年も志士多彩。


前走躓いて取りこぼしたがGI級の器オースミグラスワン
米に残して来た忘れ物を無事とってきた桜花賞馬ダンスインザムード
咽を治して以来好調の皐月賞馬ダイワメジャー
晩成傾向にあるだけにまだ衰え無し、安田記念馬アサクサデンエン
かつては快速を生かした逃げだったが抑え続けてきた結果が出て来たローエングリン。
堅実な一族で一線級の能力を付け始めたカンパニー


どの馬にもチャンスがありそうだ。


一方、京都大賞典は3歳馬は皆無、4歳馬でさえインティライミしかいないベテランの戦い。
スープトウショウが筆頭だろう。

もちろんダービー2着のインティライミも有力。
一発が怖いファストタテヤマ
そろそろ復調してきそうなアイポッパー
前走で力のあるところを見せたトウショウナイト
各馬に不安がありこっちも難しそうだ。

伝統のあるレースだけに貫禄の勝利を飾ってほしいところだ。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/236-fe5e5655
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。