1. 無料アクセス解析

デヴィットジュニア繁殖は日本で。

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05年の英チャンピオンSを3歳で制し、06年ドバイデューティフリー、06年エクリプスSを勝利で飾った英国調教馬(米国産)
デヴィットジュニア
David Junior 牡4
が来年から日本での種牡馬入りが決定。
購入はJRA。

今年はBCクラシックを大目標にしており、その結果次第ではJCへの参戦も視
野に入っている。

血統は
Presant Tap
プレザントタップ
×
Irish River
アイリッシュリウ゛ァー
×
NorthFields
ノースフィールズ
×
Sassafras
ササフラ
×
Hail to Reason
ヘイルトゥリーズン

父のプレザントタップはJCを史上最高着差9馬身差で制し、6歳で宝塚記念を制したタップダンスシチーの父。
母はアーリントンミリオン(米G1)、ワシントンDCインターナショナル(米G1)等に勝った輸入種牡馬パラダイスクリークを全兄に持ち、2001年マンハッタンHを勝ったForbidden Apple(父Presant tap)を半兄にもつ。
祖母の兄妹にシアトリカル、その他母系からはタイキブリザード等もおり日本へ適合出来る下地はある。

伯父のForbidden Appleとは3/4同血となるので産駒傾向を調べようと思ったが残念ながら産駒データが出てこなかった。
断念。
誰か知っている方がいたら教えてplz orz


スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/238-1a93d1d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。