1. 無料アクセス解析

菊花賞回顧

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
菊花賞回顧

昨年に続き3冠の可能性がありチャレンジとなった
メイショウサムソン
だったが馬群に沈むこととなった。
豊の
アドマイヤメイン
がハイペースでの逃げ、そして典の
ドリームパスポート
が徹底マーク。
決して石橋=メイショウサムソンには楽ではなかったと思うが見ていた感覚としては大舞台に慣れていないんじゃなかろうか?という感があった。
1200メートル過ぎあたりで豊がペースを落としいメインに息を入れ始めたところで何故差を詰めいにいかなかったのだろうか?
マンノレーシング=小牧太、トーセンシャナオー=イネス、は既にこの時点でペース判断が出来なくなっており石橋も同じ感覚に陥っていたのだろう。
スタミナ、底力勝負でないと歩が悪いのが分かっていながらかく乱させられ凡走してしまった石橋の痛恨のミスだろう。
距離適性ではこの馬の右に出るものはいなかっただけに非常に残念な取りこぼし。
石橋は『力は出し切っている』とコメントしたが
明らかにメイショウサムソンに向かないレースにしてしまった。


さて勝った武幸四郎。
一時期は遊びが過ぎて乗鞍を干されていたが再び戻って来ての大仕事をこなした。
クラシック初勝利で大喜び(秋華賞は5大クラシックには入らない)
幸四郎の好騎乗に導かれた
ソングオブウインド
は時計の出る馬場とは言えレコード勝利。
道中は同厩舎のパッシングマーク、インテレット等と最後方でじっと我慢。
4コーナーの仕掛けどころで8番手まで押し上げ大外へ、ラストのあがり3Fは2着のドリームパスポートが34.0(2番目に速い)だったのに対し、ソングオブウインドはこれを0.5秒も上回る33.5秒で上がっている。
これが重賞初勝利となった。


血統は
エルコンドルパサー
×
サンデーサイレンス
×
トニービン
×
ヒッティングアウェー
×
Determine


父エルコンドルパサーは既に他界しているために現3歳の産駒が最後の世代となる。
ラストクロップでのクラシック制覇で改めてその力を見せ付けた。
母系はGIが取れない名門と言われたファンシミン系でアドマイヤマックス、ラインクラフト等と同牝系。
母父サンデーサイレンスは長距離に向いている産駒はなかなかでないがこの勝利で万能型BMSでもあることが証明された。



二着のドリームパスポートはセオリーどおり、さすが横山典といった乗り方で4年連続の2着に泣いた。
『昨年の豊の気持ちが分かった』とのコメント。
三着のアドマイヤメインもセオリーどおりでさすがの騎乗。
豊も『昨年の典ちゃんの気持ちが分かった』とコメント。

そして二人が異口同音に発した言葉が

『まさか幸四郎がいたとは』

空気の読めなさを最大限に発揮した幸四郎渾身の騎乗。
同舞台でのファストタテヤマの安田の騎乗を思い出した。
これをきっかけに何処まで上昇を見せてくれるか。
有馬記念の勝ち馬はその歳の菊花賞馬、と言うパターンは多い。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
WITNESSさん
ようこそです!
ですね、見所満載でサラに衝撃の結末、三冠ならずは残念でしたが満足でした。
あとで遊びに行きますね。
2006/10/24(火) 20:13 | URL | shin.@管理人 #JalddpaA[ 編集]
菊花賞は、三冠馬誕生か?、大逃げ決まるか?、追い込みが決まるか?など、見所満点でしたね。

JRA重賞のブログを書いています。
良かったら遊びに来てくださいね。
2006/10/23(月) 20:02 | URL | WITNESS #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/259-721e88a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。