1. 無料アクセス解析

注目新馬ヴェルトマイスター

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヴェルトマイスター
父マンハッタンカフェ
母Proudwings

ドイツ語で世界チャンピオン(=WeltMeister)と言うのが馬名の由来。
デビュー戦はセンスのある逃げ切りで一番人気ハイドパーク(全兄タニノギムレット)、二番人気クルサード(半姉ディアデラノビア)を寄せ付けず快勝。
最後は追いすがるクルサードを見ながら手綱を抑えていた。
先行する競馬も合いそうで逃げにこだわる必要はないだろう。
関東から大物誕生、ヴェルトマイスターで春は楽しめそうだ。


父マンハッタンカフェ[11戦6勝]
菊花賞、有馬記念、天皇賞春を制し凱旋門賞に挑戦、レース中に屈腱炎を発症しそのまま現役を引退した。
国内のGIでは一回も負けなかった勝負強さを備えていた。
また、この世代は三歳で古馬重賞を制覇が多くジャングルポケットがJCを制覇、クロフネがジャパンカップダート、そしてマンハッタンカフェが有馬記念を制し近年では最強と言われる世代。
同年の産駒は既にアグネスタキオンが種牡馬としてロジックを送り出している。
また、クロフネがフサイチリシャールと種牡馬としても質の高さが伺われる世代だ。


母Proudwings[26戦10勝]
00'セルジオクマニ賞(伊G3)
01'ミュゲ賞(仏G2)
01'ファルマスS(英G2)
と重賞を三勝。
GIは取れていないがジャックルマロワ賞では落馬で骨折した武豊に代わりスミヨンが代打。
一着入線も失格となった。
フランス遠征中の武豊がお手馬として乗っていた。
2002年に社台ファームで繁殖入り。


両親共に申し分のない実績の持ち主。
配合は
マンハッタンカフェ
×
Dashing Blade(Elegant Air)
×
Kaizseradler(Teddy系)
×
High Hat(Hyperion)
×
Prince Taj (Prince Rose系)
FNo.[8-i]
母父ダッシングブレイドはいわゆる失敗主牡馬に入るのだろう。
BMSとしての能力は未知数、Meridianaが居る。
ネヴァーベンド系。
テディ、ハイペリオンなど底力を補強する血に富んでおり5代アウトブリードも好感がもてる。
体質も強くへこたれないタイプでタフに活躍しそうだ。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/266-dbb6931c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。