1. 無料アクセス解析

天皇賞秋

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
主役不在で混戦模様の天皇賞。
外枠不利、一番人気の関西馬は来ないなど諸説あるがどうなのだろう。
府中の2000㍍はスタートして直ぐコーナーに入るので不利とされている。
ということは外枠の先行馬が不利を被るのか中団待機の馬が弾かれて外に回るのか、この辺は展開に肝があるだろう。
恐らくバルクが逃げの体制。今回はほかに逃げそうな馬もなく何もしなければスロー。とすればバルクは自分の持ち味が最大限に生きる平均ペースを作り出すだろう。
テンはバルクが飛び出し若干速めの平均ペース。
そうなると先行馬は外枠でもスムーズに着いていけるだろう。
差し馬は外にポジションをとらざる得なくなる。
道中はドンピシャの平均ペースで1000㍍通過が59.5程度か。
今の東京ならもう少し速いかもしれない。
そうなると最後方からの追い込みは難しい上に先行馬もスタミナがないと乗り切れない。
ペースを作るバルクは自滅するような乗り方は考えられず、能力は出しきれると見た。


地方競馬の雄がついに戴冠、本命はコスモバルク


絶対的な能力を比較すると相手になるのはスイープトウショウが最右翼。しかし前走が鮮やか過ぎた。
反動を視野に入れて連下止まりとする。


対する相手の一番手は脚質の自在性と距離の融通性、実績のある
ダンスインザムードが対抗評価。


前走ダンスに勝ったダイワメジャーは延長で一枚落とし▲


連下には先述のスイープ、東京向きー展開の向かない安田記念で地力を発揮したアサクサデンエン、スウェイン産駒はこの距離が良さそうで意外性込みでトリリオンカット

スポンサーサイト
この記事へのコメント
きょうリオンの、スタートするつもりだった?
しかし東京まで下に平均しなかったー。
しかしリオンと外に混戦するはずだったの。
2006/10/29(日) 12:26 | URL | BlogPetのPilsudski #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/277-06f2a6e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。