1. 無料アクセス解析

デルタブルースに不穏な空気

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デルタブルースに関して不穏な情報が流れてきた。
当初、メルボルンカップを勝った同馬に関しては吉田照哉社台グループ代表から
『次走は香港ヴァーズに出走を予定している』
という発表があったが辞退するもよう。

メルボルンカップ香港ヴァーズ有馬記念
という一連のローテーションだった筈だが、何故急遽変更されたのか?
メンバリングにも因るがもとより能力の高い馬なので勝算は充分にあった筈だ。


どうやらそこにJRAのお達しが入ったらしい。
JRAからの通達によれば
『次走予定している香港ヴァーズへの出走を辞退しなければ有馬記念出走は認めない』
といったものだったらしい。
「(JRA内規により)有馬記念に出走しないのなら(検疫場所として)競馬場を貸さない」
という通達だという話もあるが。


果たしてJRAの思惑はなんなのであろうか?
たとえ香港ヴァーズに出たとして有馬記念にも出走する意向があったのだから問題ないようにも思えるのだが、香港後の年内休養の恐れがあるためなのか、香港ヴァーズ有馬記念を連勝した場合年度代表馬に選出せざるを得なくなる為だろうか、はたまたJCJCDへの外国馬出走が少なかったため香港に日本の一線級はやらんというひがみ根性なのだろうか・・・いずれにせよ普通は勝算のある遠征を両手放しで喜ぶのが自国の競馬レベルを高めることにもなる、と考えるのが普通だろう。
ディープインパクトの薬物問題(イプラトロピウムではない薬物の通達があったとの話があるが・・)に端を発し、カワカミプリンセスの降着という事件で評判を落としているJRAが有馬記念の売上を確保するためにデルタブルースを半ば強制的に有馬記念に出させたいのだろう。


馬券売上至上主義ではこの先の日本競馬が危うい。
韓国馬事会に協力してる暇があるならもっと海外に行く馬を支援すべきだ。

デルタブルースはオーストラリアの歴史あるレースで歴史に刻まれる活躍をし、オーストラリアの競馬を楽しんでいる国民のほとんどに賞賛を受けた、この事例だけ見ても稀有なことであり、日本限定のレースよりも海外の大舞台で活躍してくれたほうが惜しみない拍手を送ってくれたオーストラリア国民にとっても嬉しい事ではなかろうか?

折角、世界レベルまで押し上げてきた日本競馬なのだからここいらで一気に遠征を増えるのを歓迎するべきだろう。
こんなことでは日本のホースマンの目は中央競馬会を見限ってしまうかもしれない。

それこそ大手オーナーブリーダーや大手クラブがこぞって地方競馬に移籍なんていう事態だって無いとは言えない。

公共機関での金儲け至上主義、これはいただけない。


ところで年度代表馬はどの馬になるのだろう?
JC,有馬記念の結果次第であることは百も承知だが。

今のところ
ディープインパクト:天皇賞春、宝塚記念
カワカミプリンセス:オークス、秋華賞
メイショウサムソン:皐月賞、ダービー

ハーツクライ:ドバイシーマクラシック、”キングジョージ”3着
デルタブルースメルボルンカップ、コーフィールドカップ3着
コスモバルク:シンガポールインターナショナルエアラインカップ

以上の6頭にそそ権利があるのだろう。
個人的には海外GIを勝利している3頭がJC,有馬記念のどちらかを勝てば最有力候補ではないかと思う。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/295-9a757d06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。