1. 無料アクセス解析

JCD回顧

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
海外からの参戦がなく、カネヒキリアジュディミツオーの不在に加えタイムパラドックスまでもが離脱しレベルが危ぶまれたが、結果としてシーキングザダイヤが2着と定位置に落ち着いた辺り、勝馬の評価が落ちるようなレースではなかった。


勝ったアロンダイトはダート6戦目にして5連勝でGI制覇、しかも5勝全てで後藤Jが手綱をとっている。

マダ3歳で伸びしろも充分あるとみる。それにしても社台傘下に入ったキャロットファームはハットトリックシーザリオアロンダイトとGI馬を量産している。


2着のシーキングザダイヤは昨年カネヒキリで2着に負かしてしまった武豊が手綱をとった。
内を掬われた形での敗戦だが力は出し切っている。
自身9回目のGI銀メダル、新記録更新な訳だが詰めが甘くここいらが限界なのか‥早くから活躍し決して晩成ではない血統だけに次のフェブラリーSが勝負の一戦になりそう。


フィールドルージュはかなり善戦しただろう。内外離れ過ぎて‥とコメントしていたが上位2頭とは差がある感じ。

ヴァーミリアンはハナがきれていれば、サンライズバッカスは一度使って良くなってはいたが‥

スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/302-fe53d2be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。