1. 無料アクセス解析

繁殖馬に見る血統価値

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よく雑誌のコラムなんかを読んでいると、血統価値という言葉が使われている。具体的にどういう意味か読み取ってみると、概ね2通りある。
一つは優秀な牝系出身の馬。
もう一つは異系出身馬。
前者はよく取り上げられるが、後者は血統の特徴を書くのに事欠いて書かれることが多い。
また、地味な系統と酷評されることもしばしば。
しかし、現在主流であるヘイルトゥリーズン、ミスプロ、ノーザンダンサーが飽和状態になりつつある今、異系の馬の価値はかなり高いと思う。
牝馬であれば期待をかけ主流血脈を配合されるパターンが多いが、実際に大事なのは種牡馬のほうである。



今年の新種牡馬でフライソーフリーの仔キャプテンスティーブなどは社台ファームが連れて来ても良いくらいの馬だ。
打算的な馬作りを始めてしまうとまた日本の馬は価値が下がる。
社台やビッグレッドファームの様に毎年沢山の馬を作り、自分のところで走らせる事が出来る大手がやるべきだろう。
生きるか死ぬかの瀬戸際である、零細牧場にはそんな賭はできない。
主流血脈の種牡馬は初年度種付け料が300万以上する馬がいるが異父系に限ればほぼ皆無といっていい。
背景には日高の軽種牡馬協会が頑張って安い値段で出してくれていることもあるが、先述のとおり零細牧場が実績のない異父系種牡馬を安いだけの理由で付けることは無理なのだ。
零細牧場はアジュディケーティング、シャンハイ、サンシャックなどのつぶしの利く馬を生産していたほうが安定するのだ。



現役時代や連れてくるまでは期待をかけられる表現を多々使っているが、実際に来てみれば良質の牝馬が付けられる事なく失敗種牡馬の烙印を押され本国に送り返されたりする。
まさに蔑ろ。
やはり大手がすすんで良質牝馬を付け、血統的価値を高めてやることが必要ではないか?
数年前から血統の飽和が叫ばれているのは周知の通りだ。
SSの死は後継種牡馬を広げるためではなく、新しい血を入れる為に自らが選んだ道だったと思いたい。
このままでは世界にサンデーの血を広げる前に日本競馬が没落し、再び種牡馬の墓場などと呼ばれる気がしてならない。



近年、世界レベルが証明されつつある日本競馬において、異端こそが救世主になり得る。
ダマスカス系キャプテンスティーブ、パーソロン系トウカイテイオー、マンノウォー系サニングデール、ヒムヤー系ノボトゥルー、そしてリボー系タップダンスシチー
これらの血が開花するとき新たなステージが開かれるはずだ。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/31-64da4a41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。