1. 無料アクセス解析

ばんえい競馬の存廃について。

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界で唯一の形態で行われており、文化遺産でもある北海道のばんえい競馬。
ここのところメディアでも話題に上がっているのでご存知の方もいるだろう。
これまでばんえい競馬は4市の合同で行われてきたが赤字を理由に3市が撤退。
残る帯広市も今年度で進退を決める。


ここにきて世界唯一のばんえい競馬を継続させるべく活動の気運が高まっている。


まず、ばんえい競馬とは何か?
数百㌔のソリを馬が引くレース。
コースには二つの山がありそれを越える戦術、実力が勝負の分かれ目となる。
また、騎手は馬ではなくソリに乗り、ムチを入れる。
動物愛護団体などが過剰なまでの批判を見せるが歴史的な背景を知らないからだろう。また、そうした考えはばんえい競馬で競走馬としている種の不要性を唱えるものでありひいてはそれが種の絶滅にも通じる。
本末転倒な批判論だ。


話を戻すが存続のためにソフトバンクの子会社が動き出した。些かフライングぎみな発表が批判を招いてはいるがそうした論調で存続活動に水を注すこともないだろう。


今考えるべくは何故フライング公表したのかではなくその情報をどう利用するかだろう。
いくら騒ごうが情報を回収出来るわけではない。
それを承知していたからの口厳令だったのだろうけども。
大切なのは今まで何故出来なかったのかではなく、この先どうしていくか?だろう。
撤退した3市は傍観するのではなく、帯広に向けたサポートをして行くべきだろう、自分たちが廃止を決めた背景を負ってでもばんえい競馬を守ろうとする帯広市
。ここで何もしないのであれば今後一切、馬にかかわる事業(それが観光であれ)に手を出さないことだ。
それほどの責任を帯広に追わせている自覚を持ってほしい。


と書いている間に存続が決定!
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/313-edea678c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。