1. 無料アクセス解析

アグネスゴールドが米へ

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2001年のクラシック路線で若駒S→如月賞→スプリングSと連勝したアグネスゴールド(牡9・父サンデーサイレンス)が社台所属のままアメリカで繁養される事になった。
全兄のフサイチゼノンもアメリカで種牡馬生活を送っており、日本馬が全兄弟で揃ってアメリカで繁養されるのは初めて。

移籍に関わったエージェントの話に寄ると『最低でも3シーズンはアメリカで過ごすことになるだろう。』とコメントしている。
種付け料は$5000。
現役の全兄弟にはリミットレスビットがおり、高齢故にこちらも引退後の動向が気になるところだ。


血統配合からの考察↓
サンデーサイレンス
×
ノーザンテースト
×
カロ
×
ワットアプレジャー
×
ドクターファーガー

配合だけ見ると日本の芝で活躍しそうな感じはあるが注目は牝系。

ファピアノやオジジアン、ケンタッキーオークス馬までいる生粋の米国血統。
違うのはカロ位なものでカロだけではとてもこの米国血統の強さを消すことは出来ない。
全弟のリミットレスビットがダートの重賞で活躍しているのも頷ける。
しかもSS×NTでGIに関してはノンタイトルでは国内種牡馬としての価値は2流。
だったらサンデーサイレンスの力を示すためにも米国に輸出は大賛成だ。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/330-98097848
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。