1. 無料アクセス解析

2006WTRRレイティング

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06年のレーティング単独一位はBCクラシックを勝った
Invaror(インヴァソウル USA 牡5 ダI)
レーティクングは129ポンド。
アルゼンチン3冠、ピムリコスペシャルH、サバーバンH、ホイットニーH勝ち。
10戦9勝


2位はUAEダービーで圧倒的な強さを見せ付け続けた
DiscreetCat(ディスクリートキャット 牡4 USA ダM)
6戦全勝でシガーマイルH勝ち。

Barnardini(バーナーディニ 牡4 USA ダI)
プリークネスS、トラウ゛ァーズS、ジョッキークラブGC勝ち。
8戦6勝
がタイ。


4位には米西海岸古馬路線を史上初の完全制覇の偉業を達成した
Lava man(ラヴァマン セン5 USA ダM)
凱旋門賞を制覇した
Rail Link(レイルリンク 牡4 Iru 芝L)
クイーンエリザベス&DSを制した
George Washington(ジョージワシントン 牡4 GB 芝M)
有馬記念を勝った
ディーブインパクト(Deep Impuct 牡5 JPN 芝L)


今年は総じてレベルが高いレースはダートに集中しており、それがレーティングにも反映された。
芝部門のトップ、レイルリンクジョージワシントンディープインパクトは全体では4位タイ。
甲乙付けがたいハイレベルな争いというよりはどんぐりの背くらべ的な芝トップは淋しいものがある。
それであってもこれまで日本産の日本調教馬がこれほどの評価を受けたことは少なく、世界トップクラスのどんぐりの背くらべに参加出来たことは大躍進だ。
この2年間世間を盛り上げてきたた競走馬としてのディープインパクトの最後の仕事としては充分過ぎる置き土産だろう。
これを機に毎年トップ争いに加われる馬を出すのが生産者の至上命題だ。

詳しいランキングはこちら↓
IFHA公式サイト
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/336-f9236eca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。