1. 無料アクセス解析

メイショウトウコン血統分析

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平安Sで強豪実績馬を相手に3連勝で差し切り勝ちを決めたメイショウトウコン
芝では18戦1勝と芽がでなかったが、昨夏からダートに目先を変えると5戦4勝2着1回で重賞制覇まで昇った。

血統配合から探ってみよう。
マヤノトップガン(ロベルト)
×
ジェイドロバリー(ミスプロ)
×
リアルシャダイ(ロベルト)
×
ノーザンテースト(ND)
×
マリーノ(ワイルドリスク)


マヤノトップガンとジェイドロバリーの配合はマヤノグレイシー、マイネディアマンテ等がいる。
ブラッシンググルームとニジンスキーのニックスを持ち根本的な配合の質が高い。
ちょっと広げてブライアンズタイムとミスタープロスペクター
ノーリーズン、ビッグゴールド、チョウカイキャロル等がいるがニックスというまでの好配合ではない。
一方で最近出てくるようになったロベルトのクロス。
これはまだ結果が出ていない
アスクコマンダー、コスモラバンジンが精一杯だ。
ブラッシンググルーム、ミスタープロスペクターに濃い目のロベルトクロス、名前だけ聞くと芝配合っぽいがダート適正が高いのも頷ける配合ではある。それにブラッシンググルームとニジンスキーのニックスが加わることにより良い相乗効果を引き出したものと見える。
本質的にメイショウトウコンはダートマイラーの感がある。

フェブラリーSが楽しみだ。

スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/343-ad2bc841
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。