1. 無料アクセス解析

サイレントウィットネス引退

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デビューから17連勝と驚異的な記録を香港競馬史に刻み、05年のスプリンターズSを圧勝したサイレントウィットネス(セン8 エルモキシー)が4日に香港沙田(シャティン)競馬場で行われたセンテナリーズスプリントC(GIII)9着を最後に現役生活にピリオドを打った。
今後はオーストラリア、リヴィングレジェンドにて牧場で余生を過ごす。

一昨年辺りから後股に関節痛が出ており、結局はそれが完治せず競走生活を続けて行くのが困難になった為の引退。


この馬が初めて来日した安田記念、(香港を国としてみると)国民的英雄と言う言葉がピッタリだった。
本国から『加油!(がんばれ)』と書かれた旗を持った応援団が大挙して東京競馬場に押し寄せた。

熱心な香港民の応援にこちらもサイレントウイットネスを応援したくなったのを覚えている。
実際、馬自体も馬格があり威圧感を漂わせていた。
まさに鎧を纏った戦馬といった様相だった。
結果、3着に敗れたが英雄に傷は着かなかった。
多少の落胆はあろうが精英大使(サイレントウイットネスの香港表記)への思いは称賛だったに違いない。
初めての海外遠征だったのだから。


3ヶ月後、忘れたものを取りに最も得意な舞台であるスプリントGIで再度来日、有無をいわせぬ圧倒的な強さで初の海外GI奪取となった。
その時も熱心なファンは更に人数を増やし、本国から詰め掛けていた。
あのファンの熱気、羨ましいとも思えるものだった。


きっと彼等は戦いを終えたこの英雄を惜しみながらも感謝の念とあの時と同じ称賛もって送りだしたのだろう。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/349-92d7cd23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。