1. 無料アクセス解析

新種牡馬デイヴィットジュニア

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年から日本で種牡馬入りするデイヴィットジュニア(牡5 プレザントタップ)が6日午後に日本軽種牡馬協会静内種馬場に到着した。
メディカルチェック後に飼い葉を食べ始める等、種付けシーズンにあわせ状態は良さそう。


現役時代は13戦7勝でGIは3勝。
チャンピオンS(英GI 10F)
エクリプスS(英GI 10F)
ドバイデューティーフリー(首GI 1777m)
と英、首で勝っている。


血統構成は
Plesant Tap
×
Ilirh River
×
North Fields
×
Sassafras
×
Hail To Reason

母のParadise Riverは日本で種牡馬として活躍しているParadiseCreekの全妹。
自身は芝での活躍だったが単純にプレザントタップ×パラダイスクリークとするとダートを得意とする産駒も出そうだ。
プレザントタップの産駒にはJCを史上最大着差で勝ったタップダンスシチー(宝塚記念、JC)がおり、成長力も申し分ないだろう。
また父系は現在貴重になっているRibotの直系。


内包している中で日本でメジャーな血と言えばヘイルトゥリーズンを含んではいるが既に5代前、ノーザンダンサーも4代前程度だ。
日本競馬界では配合の幅が広く、SS系の良血牝馬との交配で大物が登場する可能性も低くない。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/354-f3c026fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。