1. 無料アクセス解析

クラシックトライアル

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
阪神では桜花賞トライアル、チューリップ賞。
中山では皐月賞トライアル、弥生賞。
いよいよクラシックの勢力図が見えてきたか。


土曜日に阪神で行われたチューリップ賞はウオッカvsダイワスカーレットに注目が集まったが下馬評通りこの2頭の一騎打ち。
直線馬体を合わせての叩き合い ‥かと思いきや必死で追っているのはダイワスカーレット騎乗の安藤勝。
一方のウオッカの鞍上四位は手綱を扱いておしているだけ。
そして軍配はウオッカに上がった。


この世代の基準馬ローブデコルテ(=5着)に騎乗した武豊は『前の2頭は強すぎる』とコメント。
ウオッカはこのままの力関係であれば桜花賞でさえメイチまで仕上げなくても勝つだろう、そう思わせる内容だった。
3着にはレインダンスが入りここまでが優先出走権を手にした。
私が応援しているアロープラネットは惜しくもハナ差で4着。
キャリア1戦で、中間飼い葉が上がっての重賞挑戦だけに上出来ではあるのだが、ハナ差。どうにかならなかったものか?池添。


日曜中山では弥生賞。
こちらも2強の様相だった。
シンザン記念制覇の良血アドマイヤオーラ、2歳王者ドリームジャーニー、この2頭の一騎打ちとみられたが、ドリームジャーニーは2度の不利で3着。


アドマイヤオーラは意外と辛勝にも映る勝ち方だったが、真相はこれまでと違うパターンの競馬をしたためだった。
これまでは直線一気の差しで常に33秒台の上がりを見せてきたが、今回は早めの競馬で残り4Fから進出、抜け出すとふらつき、審議の対象になったが、迫ったココナッツパンチを首差退けた。
これまでと違うパターンの競馬で勝利はさすがとも言えるが上がりはこれまでより1秒程度遅い34.8。
位置取りは違えど(オーラは5→5→6番手、パンチは10→11→10番手)2着のココナッツパンチが34.4を掲示している辺り、絶対ではない。
ドリームジャーニーは直線で2度目の不利を受け34.9(9→9→⑨番手)のあがり。
34秒台はこの3頭のみで、それぞれまだ良くなりそうだ。アドマイヤオーラはスローであればもっと切れるだろうし、回がキャリア2戦目だったココナッツパンチは上積みが大きい、ドリームジャーニーは不利がなければ‥と3者3様で望みを
かけられるが、焦点をvsフサイチホウオーと見据えると物足りないのも事実か。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/361-9937e3be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。