1. 無料アクセス解析

HolyRomanEmperor引退

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フランスの2006年最優秀2歳馬に選出されたHolyRomanEmperor(ホーリーローマンエンペラー A・オブライエン厩舎)が引退することになった。


HolyRomanEmperorの競走能力などに異常があるわけではなく、先ごろ種牡馬入りしたGeorge Washington(ジョージワシントン A・オブライエン厩舎)の繁殖能力に異常が見られたため、急遽、同じ父を持つHolyRomanEmperorが代打として種牡馬入りすりことになった。


今後、George Washingtonは現役復帰を検討されている。


HolyRomanEmperorは06年6月レパーズタウンのメイドンでデビュー。
2戦目にいきなりG2コヴェントリーS(ロイヤルアスコット競馬場 6F)に挑戦も14着に大敗、続く3戦目に再びG2レイルウェイS(カラ競馬場 6F)に挑戦し2着のDraytonに3/4馬身差をつけ快勝。
4戦目はGIフェニックスS(カラ競馬場 6F)で2着Hellvelynに1.3/4馬身差で快勝。
2つ目のGIを獲りにナショナルS(カラ競馬場 7F)へ出走したが、今年のクラシック最有力といわれているTeofilo(テオフィロ)に1.1/4差の2着に敗れる。
6戦目はジャンリュックラガルデール賞で1400mのGIを獲りにロンシャン競馬場へ。
前走での初めての7F経験が生きた形で2馬身差でBattle Paintを退け二つ目のタイトルを奪取。
最終戦となったニューマーケット競馬場でのGIデューハーストS(7F)ではTeofiloと再び対戦したが、リベンジを果たせずアタマ差の2着に負けた。
わずか4ヶ月で7戦を消化、通算成績は[4.2.0.1](重賞3勝、GI 2勝)
血統は
デインヒル
×
Secretariat
×
NorthanDancer
×
ChopChop(Teddy系)
×
Windfields(Matchem系)

近親は
Barachois
Night Shift
Erimo Ciboulette
Smackover Creek
Montelimar
Russian Bond
Northern Answer
Flying Spur
などがいる名門系。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
はじめまして^^

私のニュースサイト
驚異の一攫千金馬券術『ピラミッドトラップ』で
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

紹介記事は
http://pyramidtrap.blog85.fc2.com/blog-entry-120.html
です。

これからもよろしくお願いいたします^^
2007/03/12(月) 11:20 | URL | hide #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/365-7a87572b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。