1. 無料アクセス解析

高松宮記念 回顧

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
下馬評通りの決着とはならなかったが、スズカフェニックスはやはり予想通り1200㍍での真価発揮。
前走の阪急杯を見るかぎりスプリント戦でスパッと切れそうなイメージだったがまさにその通りだった。
最後は突き放す強い競馬、この分なら秋のスプリント戦も日本の総大将として昨年、一昨年のような強い外国馬か来ても迎え撃てる。


2着は忘れていた1頭、ペールギュント
スズカフェニックス同様SS産駒。晩年のSSは短距離、ダート等をこなす馬が多く出た。
3歳時はクラシックを嘱望された一頭が短距離で再び頂点を目指すきっかけにはなったか。
上村の騎乗もよかった。


プリサイスマシーンはラストでオレハマッテルゼに内から寄られたところをスズカフェニックスに外からかぶせられ行き場を無くした痛い不利。
審議こそならなかったが大きなロスには間違いない。
2着と鼻差だけにその分。
しかし、やはり1400㍍の馬だ。


スズカフェニックスはこれからまだ強くなる見込がある、短距離で安定政権を築ける。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/366-389d95eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。