1. 無料アクセス解析

ローカルの締めくくり 2歳重賞 2場

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東西のローカル夏競馬締め括りとして2歳馬重賞が行われた。
まずは東から。


僅か一戦、新馬勝ちながら一番人気に支持されたショウナンタキオン
この馬、かなりの気難しさを内包するらしく、デビュー戦同様スタートで出遅れ後手を踏んだが、前走同様直線だけの競馬で5馬身ちぎってみせた。
遡ればメジロマックイーン等と同牝系であるアサマユリ系。
父アグネスタキオンに初タイトルをもたらした。
ヘイロー×在来牝系は従来の成績が示すとおりであり、今回も血統からみればセオリー通り。
直線だけで強さを示したが出遅れ癖がついた同馬がうまくスタートを決めた時、『思ったより伸びない』となる可能性もある。
新潟、府中など広く直線が長い馬場なら持ち直せるが、皐月賞までは中山が主戦場となるだけに位置取りが致命傷にもなりうる。
気性的な成長も含め見守りたい。



ニシノフジムスメも下馬評通りの実力でレースを進めたが勝馬が強かった。
デビュー戦で降着しているだけに課題はやはり気性面だ。
コスモミールは完成度の高さが支持されたが3着。
早熟のイメージがあるが成長を阻害しない使い方ならきっちり成長する血統背景。
牝馬限定戦ならば桜花賞あたりまでは楽しめる。

小倉2歳S

こちらは同レース(当時は3歳S)を制覇したアルーリングアクトの仔、アルーリングボイスが快勝。
フレンチデュピティ×エンドスウィープと言う配合。
これまでの傾向でいくと3歳中盤までは芝マイルまで対応し、古馬になると切れ不足でダートに移項という感じの使われ方だろうか?
しかし、スピードが強調された配合で短距離界に身をおくことも考えられる。
個人的には目標JBCSといった感じだが。



二着になったセントルイスガール、三着のトーホウアモーレも楽しみな馬であることは間違いない、そしてエイシンアモーレもまだ見限れない。


先週の買い目
新潟2歳S
ヤマタケゴールデン
  ↓
ショウナンタキオン、コスモミール、ニシノフジムスメ
  ↓
ショウナンタキオン、コスモミール、ニシノフジムスメ

小倉2歳S
アルーリングボイス
  ↓
エイシナンアモーレ、トーホウアモーレ
  ↓
エイシナンアモーレ、トーホウアモーレ

撃沈でした。
買い目を絞りすぎたのが敗因。
エイシンアモーレとセントルイスガールを同格に扱えば獲れてた馬券。
前走はタイム差ナシだったのにな、何で切ったかな・・・残念。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/39-d9db89fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。