1. 無料アクセス解析

日本ダービー回顧

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サンデーサイレンスのいないダービーは64年振りの牝馬での制覇で幕を閉じた。

今年の牝馬はレベルが高い事はしられていたがまさかここまで強いとは。
3馬身突き抜けた強さは見ていて鳥肌が立つくらいだった。
父に酷似した体型、そして距離経験の無さから軽視したが、全く問題ではなかった。
時計もこの時期の牝馬にしては破格、牝馬のレベルではない。
しかし、流れ的に極端に総合力が問われる流れではなかった。
その証拠にウォッカ自身が出した上がり3F33.4のタイム、それが物語っている。
桜花賞ではダイワスカーレットにやられたが、安藤勝の頭脳プレイの結果だった。
タニノギムレットの初年度産駒だけに今後の成長力は全く分からないが一先ず、秋を期待したい。

2着は大波乱の主役アサクサキングス。
実はヴィクトリーがいなければ本命視しようかという馬だった。
無印なのは逃げられないと踏んでいたから。
見事マイペースの逃げ、ホワイトマズル産駒のもっとも得意なパターンで逃げた。あれでは止まるわけがない。
今後もマイル以上の同じパターンでは好走必至。

3着のアドマイヤオーラの乗り替わりが果たして吉と出たか凶と出たかは定かではないが思ったより走った。

4着のサンツェッペリンは正攻法でこれは立派。
京成杯馬というのが気掛かりだが先々も楽しめる。

2歳王者は5着。
スタミナを無駄に使わない小柄な馬体がいいほうに働くと見込んだ。
掲示板なら立派。

単勝1.6倍と期待されたフサイチホウオー、皐月賞馬ヴィクトリー、期待したナムラマースは雁首揃えて789着に消えていった。
ホウオーはダービーの雰囲気に呑まれイレ込み、ヴィクトリーは気性の悪さが前でなく後ろに出、ナムラマースはよくわからない内にいなかった。

して、またしても200万馬券。
稼ぎ時ですよww
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/396-c8999b69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。