1. 無料アクセス解析

安田記念回顧

競馬とかネタとか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国内最強マイラーであるダイワメジャーが昨年の雪辱を晴らし見事優勝。
2着は中距離で素質を見せていたものの、折り合いに不安のないマイルに矛先を向けてきたコンゴウリキシオー。
着差は小さいものの並んでグイッと出て競り落とすメジャー流の強い勝ち方だった。

中距離も熟せるマイラーでないと、安田記念は厳しいというセオリー通りの結末。

昨年1、3着を占めた香港馬は見せ場も無し。
$1,000,000の懸かったエイブルワンの状態は申し分無い様に見えたが‥

平均的に早い流れで進んだ道中はやはり終わってみれば1.32.3、蔓延している上がりだけの低レベルスローとは中身が違った。
もしそんな流れならスズカフェニックスのキレがものを言っていただろう。
1.32秒台で乗り切れる馬ではなく、自らその時計を出せる馬でないと安田記念は厳しい。

メンバリング的には微妙な感じもあったがマイル~2000㍍までならダイワメジャーかアドマイヤムーンだろう。
宝塚記念に向かうかどうかが焦点だが新生阪神コースでの1F延長は楽ではない。

加えてマイルを1分32秒台前半で乗り切った馬の次走は凡走することが多い。
馬場が速くても遅くてもそんな傾向があるのだからこのタイムで乗り切るのは、ひとつ、サラブレッドの限界に近いとも言える。

勝ちっぷりは派手ではないがマイル~2000㍍までのレースであれば常に勝ち負けできる。
逃した年度代表馬の座を射止めることができるか?
頑張ってほしい。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://impereal.blog12.fc2.com/tb.php/399-c3e504e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © Shot&Horse All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。